使い勝手バツグンなキッチンスタンドをDIY! 図面、工具、ノウハウ公開

キャンプの楽しみのひとつ、料理。家での料理よりもよっぽどこだわっている方もちらほら。だけど家で行う調理よりも設備が整っていないのはもったいない!よりキャンプ料理を充実させるためにジャストフィットするキッチンスタンドをDIYしてみました!


    料理好きなあなたに!自分にジャストフィットなキッチンスタンドをDIY!

    _nng3440
    一年の大半をアウトドアで過ごし、全国各地で小屋を作りながら旅を続けるツリーハウスビルダー・竹内友一さんにとってのDIY(しかもアウトドアで!)は、いわば日常。今回竹内さんには、モノ作りのプロとしてのワザを活かし、DIYビギナーの方でも「お、これならできそう!」とチャレンジ精神をかきたてる、オシャレで実用的なキッチンスタンドを作ってもらいました。

    まずは図面と工具を説明します

    %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab_%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e5%be%8c_1920
    身長170cm前後の人が調理しやすい高さのスタンディング設定で図面起こし。ハシゴ型の脚フレームに板を載せて安定させる、シンプルな仕組みとします。また組み立てやすさと車載時のコンパクト性も重視した設計。木材はホームセンターで手に入りやすい、スギをセレクトしています。まずはこの図面をもとに、必要な木材をカットして準備しておきましょう。

    _nng3324
    木材の切り出しはホームセンターでお願いして必要なサイズの木材が揃えば、あとはネジ穴の穴開け、ネジ留め、塗装といった比較的単純な作業です。メインで活躍する工具はインパクトドライバー。今回のDIYで竹内さんが使うのは、日立工機のプロ仕様・18V コードレスインパクトドライバ WH18DDL2。「ネジ締めの速度がとても速いから、スピーディーに作業をこなせますね」と竹内さんオススメのアイテムです。

    オリジナルキッチンスタンド制作の作業工程

    1.面取り、天板作り

    _nng3290_nng3233
    まずは木材全体の面取り作業。ヤスリ(♯100〜150)で角をなめらかにします。続いて天板用の板、2枚をボンドで繋ぎ合わせます。その後写真のように裏側に固定用の細板をネジ留め。左右2カ所行います。同一作業を4回すれば、天板はできあがりです。


    2.脚のネジ穴、ダボ穴開け

    _nng3348
    クランプがあればこのように2つの木材をピタリと固定することでネジ穴、ダボ穴の印付け、穴開けの作業を効率よく行えます。

    _nng3370_nng3365
    ダボキリ(φ10mm)で、各所に穴開けの作業。穴開けの場所は多いので、間違えないように注意しましょう。

    3.ハシゴ部の固定

    _nng3456
    脚のハシゴ部を固定します。この作業、ズレないようにネジ留めをするために、2人でしっかりと押さえながら行うのがよいでしょう。

    _nng3479
    ココでネジ穴を隠すアイデアを。丸棒(φ10mm)をネジ穴にあて、上からハンマーで叩きます。

    _nng3482_nng3491
    根元をノコギリで切れば、ネジ穴がなくなりました! 木工作業はこれにて終了。出っ張っている部分をフラットにするよう、ヤスリがけをします。

    4.塗装、仕上げ

    _nng3417_nng3416
    木材はそのままだと味気ない色味なので、渋いカラーに塗装します。使用した塗料のカラーはダークウォルナット。多少のムラは気にせずとも大丈夫! 塗り終えたらウエスで余分な塗料をふき取り、しっかりと乾燥させましょう。



    _nng3518_nng3523
    天板固定用のダボ(φ10mm)にも塗装を忘れずに! 全体が乾いたら最後にダボをダボ穴に固定します。ボンドを塗り、ハンマーで叩きます。

    _nng3554
    そしていよいよ、パーツを組み上げれば完成です! 竹内さんのスキル&パワフルなインパクトドライバーのおかげで、こんなステキなキッチンスタンドが1日かからずにできあがっちゃいました。家庭でも収納棚として使えそうな見事な出来映え!

    夏のアウトドア、しっかり休憩することを忘れずに!

    _nng3590
    夏のアウトドアは、体の水分が失われていることに気づかず体調不良を起こしやすいのが懸念点。今回のDIYも日立工機から発売されているコードレス冷温庫で冷やしておいた冷たい飲み物で小休憩を取り、体調管理をしながら楽しくDIYを行いましたよ。

    日立工機製品はあまりアウトドア分野ではイメージが沸きませんが、このアイテムは内蔵されたファンで冷却や保冷する機能が付いているのがポイント。何度も開け閉めしていたら保冷機能がなくなっていた……なんてこともなく夏のアウトドアにはうれしいアイテムですね。

    それではお待ちかね、完成したキッチンスタンドを試してみました! その使い心地やいかに!?

    実際に使ってみました!

    _nng3700_nng3681
    ではさっそく、竹内さんがスタンディングでの調理を。「思ったとおり、僕の身長でジャストフィット。メイン作業スペースの地上高は約90cmなので、家庭のキッチンと同じように、無理のない姿勢で調理ができますね。天板の広さも余裕たっぷりだから、食材を切るのも楽ですし、皿などたくさんのモノを置けるのもいい。既製品にはない、自分のスタイルに合うものを作れるのがやっぱりDIYの醍醐味ですよね」と仕上がりにご満悦の様子。

    今回作ったキッチンスタンドのいいところは、同一サイズの天板を移動し、好みのスタイルをアレンジできることです。座りながら調理をしたい人でも対応する作りになっています。ハシゴの間隔は各人が持つ道具に合わせて調節するのもアリですね。天板のサイズは車のラゲッジサイズに合わせるなどし、自分のスタイルに合うものを作ってみましょう!

    豪華なDIYアイテムや冷温庫が当たる! キャンペーン実施中!

    _nng3303_nng3670_nng3629
    ここで便利なアイテムのご紹介。日立コードレス冷温庫 UL 18DSL形は、スイッチひとつで冷・温の切り替えができる優れモノです。キャンプ場にAC電源・車のDC電源にも対応するほか、竹内さんが使用していた18V コードレスインパクトドライバ WH18DDL2のバッテリーパックを共用しての電源確保もできます。調理時にあらかじめ温めておくことで、できあがった料理を冷めないよう一時的に入れておく用途にも使えますね。

    只今、日立工機販売株式会社では、アウトドアやDIYで大活躍のタフなコードレス製品、コードレス冷温庫など、豪華アイテムが当たるキャンペーンを実施中! 詳しくは下記URLにアクセスし、ご応募ください!

    豪華アイテムが当たるキャンペーンはこちら!
    紹介した以外にも、アウトドアで使ってみたいアイテムがたくさん! ぜひチェックしてみてくださいね。

    Sponsored by 日立工機販売株式会社

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!