CAMP HACK[キャンプハック]


竹内さん

使い勝手バツグンなキッチンスタンドをDIY! 図面、工具、ノウハウ公開

0

キャンプの楽しみのひとつ、料理。家での料理よりもよっぽどこだわっている方もちらほら。だけど家で行う調理よりも設備が整っていないのはもったいない!よりキャンプ料理を充実させるためにジャストフィットするキッチンスタンドをDIYしてみました!


料理好きなあなたに!自分にジャストフィットなキッチンスタンドをDIY!

ツリーハウスビルダー・竹内友一
一年の大半をアウトドアで過ごし、全国各地で小屋を作りながら旅を続けるツリーハウスビルダー・竹内友一さんにとってのDIY(しかもアウトドアで!)は、いわば日常。今回竹内さんには、モノ作りのプロとしてのワザを活かし、DIYビギナーの方でも「お、これならできそう!」とチャレンジ精神をかきたてる、オシャレで実用的なキッチンスタンドを作ってもらいました。

まずは図面と工具を説明します

図面起こし
身長170cm前後の人が調理しやすい高さのスタンディング設定で図面起こし。ハシゴ型の脚フレームに板を載せて安定させる、シンプルな仕組みとします。また組み立てやすさと車載時のコンパクト性も重視した設計。木材はホームセンターで手に入りやすい、スギをセレクトしています。まずはこの図面をもとに、必要な木材をカットして準備しておきましょう。

コードレスインパクトドライバ WH18DDL2
木材の切り出しはホームセンターでお願いして必要なサイズの木材が揃えば、あとはネジ穴の穴開け、ネジ留め、塗装といった比較的単純な作業です。メインで活躍する工具はインパクトドライバー。今回のDIYで竹内さんが使うのは、日立工機のプロ仕様・18V コードレスインパクトドライバ WH18DDL2。「ネジ締めの速度がとても速いから、スピーディーに作業をこなせますね」と竹内さんオススメのアイテムです。

オリジナルキッチンスタンド制作の作業工程

1.面取り、天板作り

木材全体の面取り作業細板をネジ留め
まずは木材全体の面取り作業。ヤスリ(♯100〜150)で角をなめらかにします。続いて天板用の板、2枚をボンドで繋ぎ合わせます。その後写真のように裏側に固定用の細板をネジ留め。左右2カ所行います。同一作業を4回すれば、天板はできあがりです。