CAMP HACK[キャンプハック]


【編集部厳選!】これがあれば幸福度アップ?コスパ最強ONOEギアを価格別に紹介! | 2ページ目

0

logo ad for outdoor


【2,000円以下】あると便利な小物類で幸福度UP!

“2,000円以下”と低価格でもキャンプをより快適に楽しめるギアをピックアップしてみました。コスパもいいし、先輩キャンパーの方々にもおすすめですよ!

野良道具製作所との限定コラボアイテム「尾上ハンガー」

無骨な鉄製の焚火台やトングなどを提案する「野良道具製作所」とONOEがコラボしたONOEハンガー。

無駄を削ぎ落とした”シンプルイズベスト”な見た目と堅牢さを兼ね備えた優秀なギアが、なんと1,980円と驚きのコスパです。

さらにONOEの人気アイテム「マルチハンガー」のパーツと組み合わせれば、長さを拡張することが可能に!

テント前やサイト全体を照らしたいときに、高さを出すのに便利なギミックも嬉しいポイントですね。
尾上ハンガーはこちら

ONOEが誇るトタン加工の技術が光る!「湯たんぽ」

キャンプといえども冬は身体の底から温まって寝たいもの。そんな方にオススメなのが時代を超えて愛される「湯たんぽ」。

付属のパイル地カバーは、ずっと抱えていたくなるくらいフワッフワの触り心地。寝る前に寝袋へ入れて温めておけば、寒さが厳しい冬キャンでも快眠へと導いてくれますよ!

蓋部分には真鍮を使うなど、ディテールにもこだわりが。ONOEが創業当時から培ってきたトタンの加工技術で精巧に作られた湯たんぽは、頑丈なので壊れる心配もなしです。
トタン湯たんぽブラウンカバー付はこちら

【5,000円以下】焚き火周りをアップデート

せっかく焚き火をするならにかっこよく楽しめるギアが欲しくないですか? 今回は5,000円以下で手に入る、良コスパギアをチョイス。

これさえあれば、焚き火というエンタメを味わいながら、最高のお酒が飲めるはず!

好きなところで好きな位置に引っ掛けられる「パンチングサイドテーブル」

ONOEの「パンチングサイドテーブル」は、焚き火に使いたいギアをレイアウトすることができる省スペースのテーブル。

金属製なので、焚き火で温めた料理を置いても大丈夫。写真のナイフやバーナーが置いてある場所には、缶ビールもジャストフィットする仕様なので、焚き火を見ながらお酒を飲みたいキャンパーにはぴったりです。

設営はシンプルで簡単! 本体をハンマーで垂直に打ち込んだあと、背面から伸びるロープをペグダウンすれば、多少重いギアを置いてもしっかりした安定感をキープしてくれます。パンチングサイドテーブルはこちら

焚き火をより楽しめる風防付き!「ファイアウッドストッカー」

焚き火には薪が必要不可欠ですが、置き場所に困ることもしばしば。ONOEの「ファイアウッドストッカー」は2本組みのパーツを地面に打ちこめばセットアップ完了!

幅を自由自在に変えることができ、薪の長さに合わせて使用できます。

付属の風防を取り付ければ、無敵の焚き火サイトが完成。風防自体もペグで固定できるなど、見た目以上に実用性も高レベルですよ!ファイアウッドストッカーはこちら
お次はお待ちかね、編集長 松田がチョイスしたギアを紹介します!