最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
コールマン バッテリーガード ライト

知る人ぞ知る!コールマンの新LEDライト「バッテリーガード」を徹底解説

AD for Outdoor

LEDライトは、いまやキャンプの灯りとして定着してきました。でも、お店に行くと種類が様々あり、どれを選べばいいかわからないことも多いのでは?コールマンから発売した「バッテリーガードシリーズ」は、画期的な構造を取り入れてキャンプから災害時まで幅広く使えます。どんなアイテムか、詳しく紹介します!

目次

LEDライト選びに迷ってしまう!なんて人に

コールマンバッテリーガード

キャンプの灯りとしてすっかり定着したLEDライト。光量、機能の数、サイズなど選ぶ基準はとても多くあって、目移りしますよね。そんななか、コールマンから知る人ぞ知る「バッテリーガード」という画期的な構造を取り入れた新シリーズが、LEDランタン・フラッシュライト・ヘッドランプでデビューしました。

バッテリーガードとは果たしてどんな機能なのか? その詳細と製品の魅力をチェックしていきましょう。

「バッテリーガード」はバッテリーが長持ち!その理由は?

従来型のバッテリー式ライトでは、電池を入れてそのままにしておくと、電池と電極が常に接して通電しているため、微弱な電流が流れ続け、電池の容量は消耗していきます。

最悪の場合は、過放電による「液漏れ」や「電池切れ」となってしまい、イザというときに使えないことになってしまいます。キャンプの夜、ランタンが点灯しない……なんてトラブルは避けたいですよね。

コールマンバッテリーガード

バッテリーガードシリーズなら電池を入れたままでも、そんな心配はありません! なぜなら電源をオフにすると、通電が解除される構造を採用しているのです。今までにない「なるほど!」な発想ですよね。

ちなみに、バッテリーガード技術を使わない、コールマン フラッシュライトとの通常使用下での比較によると、バッテリーの寿命は約25%延長することがわかっています。

バッテリーガードはこんなシーンにも安心!

コールマンバッテリーガード

従来の電池式ライト類は、長期間使用していないときは電池を抜いたり、定期的に電池の入れ替えが推奨されています。電池を入れっぱなしだと液漏れが起こりやすく、必要なときに使えないことがあり得るからです。

バッテリーガードなら、急に「キャンプに出かけよう!」となった場合でも、液漏れせず、電池の減りも少ないのでしばらく電池を入れっぱなしでも安心です。さらに日常的なシーンでは、落雷や地震などで起こりうる停電時の常備ライトとしても活躍しますよ!

バッテリーガードシリーズは大きく3種類

気になる種類ですが、大きく分けて3つあります。順を追って紹介します。

1 / 2ページ