CAMP HACK[キャンプハック]


村の鍛冶屋焚火台

村の鍛冶屋」の「焚火台」に関する人気ランキングページです。村の鍛冶屋は、1979年に新潟県で創業したメーカーです。日本屈指の工業地帯である燕で、漁具を仕入れて日本各地の漁業協同組合や船具屋などに売る卸商を営んでいましたが、徐々にアウトドアアイテムを手掛けるようになります。代表作となったエリッゼステークは、丸い鋼材を1,100℃まで熱して、強力な圧力で楕円形にした鍛造ペグとなります。強度に優れており、打ち込みやすくペグを回転させることで簡単に抜けるという高品質さが魅力的です。さまざまなカラーバリエーションと長さがあることで、キャンパーの趣向や目的に合わせて選ぶことができます。アルティメットハンマーはヘッドの塗装を黒カオチンかクロームメッキの2種類から、ヘッド先端はステンレスか真鍮から選ぶことができます。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

新着クチコミ(全2件)

  • るーびー

    ★★★★★★★★★★5

    2020/08/20に投稿

    長時間火を保つことができたトーチ

    とても頑丈なトーチなので、最初はすぐに火が付くと思っていませんでした。しかし小枝や新聞紙を利用して火をつけたところ、あっという間に火がついたので、びっくりしてしまいました。また火力も強く、長時間火を保ってくれたのでやかんを使用して簡単にお湯を沸騰させられたのがよかったです。夜の時間帯にこのトーチを使用して、ゆったりとした火を見ることでのんびりとした時間を過ごせました。

  • マー

    ★★★★★★★★★★2

    2020/08/18に投稿

    雰囲気はよくなる

    雰囲気はよくなります。お手軽なキャンプファイヤーみたいな感覚。ただ↵、木なので弾いたり崩れたりするため子供がいる方には注意が必要です。湿気があるところに保存しておくとなかなか火がつかないので、キャンプの前日に購入するのがオススメです。値段はそこそこで、私も何回か購入しましたが、使い捨てなので少しもったいない気もしました。