CAMP HACK[キャンプハック]


FIRE SIDE(ファイヤーサイド)ポット/ケトル

ファイヤーサイド」の「ポット/ケトル」に関する人気ランキングページです。ファイヤーサイドは、1987年に長野県でポール・キャスナー氏が立ち上げたメーカーです。当初はバーモントキャスティングスの日本総代理店を手掛けていて、薪ストーブの輸入メインで行っていました。限りある化石燃料や環境問題、電気に頼らない暮らしに関心が高まる中で、特にファイヤーサイドの薪ストーブに高い注目が集まっています。日本では薪ストーブや焚火でグランマーコッパーケトルや薪割りをするキンドリングクラッカー、薪を運ぶログキャリー、最近ではへら絞り製法により1つ1つ手作りされるコッパーシェラカップです。レトロ感がありながらもどこか新しさも感じ、使えば使うほど愛着が湧くアイテムを世に送り出しています。

  • 前のページ
  • 1/1
  • 次のページ

新着クチコミ(全24件)

  • HATOGAYA BASE

    ★★★★★★★★★★4

    2021/11/05に投稿

    大容量で雰囲気バツグン

    数名分の湯沸かしができる容量と、使い込んだ雰囲気がケトル界で一位でしょう。お値段も一位かもしれませんが(笑)。

  • cavao

    ★★★★★★★★★★5

    2021/11/04に投稿

    所有欲を満たしてくれる

    ただお湯を沸かすだけ。ただ、それだけのために、なぜこんなに高いお金を出してしまうのか。それは洗練されたデザインと、輝く銅の風合い。ストーブの上にただ置いてあるだけで、周りまで高級感が増す。経年変化が楽しめて、所有欲も満たしてくれる逸品です。

  • love0404

    ★★★★★★★★★★5

    2020/09/07に投稿

    アウトドアでの必需品。とても見栄えもすばらしい。

    この商品の利用シーンは、コーヒーを作る際も当然ですが、料理で必要なお湯をあらかじめ沸かして置く、また食事後、食器の付け置き用として利用するといったところで節水もありますが、料理効率アップのために使ったりもしております。素材も銅なので熱伝導も早く、得に冬のアウトドア利用では有効性を発揮すると思います。また作りも細部にわたり工夫されています(※ハンドルが熱くならないための垂直維持のストッパー。補助ハンドルは中空チューブを付けふくらみを持たせ握りやすくされているなど)。アウトドアでこのケトルがあるとそのキャンプ自体の見栄えもよくなり、キャンプに来ているんだなという実感もひしひしとわいてくる商品で、価格も2,000円~3,000円で入手可能なので価格以上の価値を感じることができます

  • マツモト

    ★★★★★★★★★★3

    2020/09/07に投稿

    アウトドアでも家庭でも

    商品名にもなっているレトロなデザインが魅力のケトルです。細部までホーローにこだわり、焚き火やガスコンロはもちろん、IHクッキングヒーターでも使用が可能です。1kgのずっしりとした重さがあり、1.6Lとたっぷりの容量があります。アウトドアでの見栄えの良さは当然ですが、家庭のストーブの上にのせておけばお部屋のアクセントとしても役立ちます。

  • 薪ストーブやさん

    ★★★★★★★★★★5

    2020/09/07に投稿

    絵になるケトル

    薪ストーブの上に使いたくて購入しました。結果、想像以上に大満足です。アウトドア用のケトルになるとほとんどの商品が似たりよったりになるので、なかなか薪ストーブの上に置いて、ずっと火と一緒に眺めてられる素敵なデザインのケトルを探していました。マットでレトロテイストなカラーとフォルムがとてもおしゃれです。