CAMP HACK[キャンプハック]


コールマン(Coleman)テント

コールマン」の「テント」に関する人気ランキングページです。日本で最も知名度の高いメーカーの1つであるコールマンは、1900年頃にアメリカのオクラホマ州で創業され、当時はガソリン式ランプの販売を行っていました。現在ではテント、ランタン、クーラーボックス、テーブルなど、あらゆるキャンプ用品を幅広く取り扱うアウトドアメーカーとして、多くのキャンパーから支持を得ています。長く使用できる十分な機能性と良心的な価格帯であることから、初めてキャンプをする人が道具を揃えるのにもおすすめのメーカーです。有名で信頼度が高いので、他社とのコラボアイテムも充実しており、それらの人気も非常に高いです。Colemanの代表的なアイテムとしては、タフワイドドームやシーズンズランタンが上げられますが、数えるとキリがないくらい日本で使用されているメーカーです。

新着クチコミ(全606件)

  • Sei !!

    ★★★★★★★★★★5

    2022/01/28に投稿

    ファミキャン幕

    ドームテントとスクリーンタープというスタイルだったがそれぞれが寿命(シールテープ劣化、加水分解)を迎えたため購入 ダークルームで眩しくなく朝でも寝れるというふれこみではあるが、実質日の出前に起きるので意味ないというものの光害は夜でもある(トイレに行くときにテントを照らす) 着替え時にシルエットが外から見えない (女性は気にするかも?) これ一つ設営すれば夫婦二人で快適 夕立のような強い雨でも閉め切れるので安心です

  • Sei !!

    ★★★★★★★★★★4

    2022/01/28に投稿

    うなぎの寝床

    ワンタッチテントです ソロキャン用に買って2回ほど使用 その後出番なし オープンタープとこれだと荷物の防犯が心配 Wサイズの方ならもう少し使えたかも? シェルター内での寝床専用なら出番でるかも

  • Sei !!

    ★★★★★★★★★★5

    2022/01/28に投稿

    冬おこもりソロキャン幕

    設営簡単 ペグ必要本数全15本 (テント8、フライ2、ガイロープ5) 2人作業ではテントのみでポール立上げ可能であるが1人作業ではフライも被せておいてからポール立上げした方が楽です テント内は230cm×230cmの正方形スペースに50cm程度の三角形が両側につくイメージです 六角錐形状であるため上部に向かうほど狭くなり、立てますが圧迫感あります 逆に容積が狭いことでOD缶ガスヒーターで外気+10℃程度になります、調理で火器を使用するとさらに温度上昇(ベントopen+扇風機ポール上部に下向き+CO検知器作動) 反対側にも出入口あるので荷物の出し入れとか2人使用の時は反対側も出入口として使えば寝ている人を跨がずに出入り可能です 値段も安いですし、さすがコールマン

  • tom

    ★★★★★★★★★★4

    2022/01/25に投稿

    雪中キャンプには不向き?

    年末年始 滋賀県で年越しファミリーキャンプでした。初日すごい風でしたが、コクーン3だつたので、とても安心感がありました。二日目から雪が降り、テントに5cm程雪が積もりました。雪の重みでルーフフライが下がり、本体と接触して本体が結構濡れてしまいました。明方 雪が止みましたが、何度か雪かきをしました。もし雪が降り続いたら結構な頻度で雪かきが必要です。膜内の広さや、その他はとっても気に入っていますが、屋根にもう少しアールがついている方が、雪や雨の流れがスムーズになると思います。本業が屋根屋なので、ついその視点で見てしまいます。今後改良してもらえたらなあと、感じました。

  • ミチ

    ★★★★★★★★★★5

    2021/11/12に投稿

    孫のお気に入り

    毎回キャンプで孫がテントの中ではしゃいでいます。組み立ても簡単でおすすめのテントです。