編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE

【L.L.Bean最新作】ダウンの弱点を克服した、「マウンテン・クラシック・ダウン・パーカ」が大ヒットの予感!

誕生は1912年。100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドの名門L.L.Bean(エル・エル・ビーン)から、クラシックなルックスながら機能は最先端のダウンジャケットが到着しました。

ブランドを代表するヘビーアウターに、防水加工を施したハイテクダウンを封入カラー切り替えも加えてブラッシュアップした逸品を紹介します。

目次

看板モデルの「マウンテン・クラシック・ダウン・パーカ」が進化

’80年代ライクなボックス型シルエットやボリューム感が魅力の「マウンテン・クラシック・ダウン・パーカ」は、エル・エル・ビーンのアウターのなかでもトップクラスの暖かさを有する名品。

着脱可能なフード、風や湿気が侵入しにくいジッパー&スナップボタン式のフロントなど、欲しいギミックもしっかり配されています。

落ち着いたワントーンがレギュラー展開されていましたが、今季よりカラーブロックを採用したニューカマーがお目見え。さらにオリジナリティあるコーデを楽しめると話題です。

マウンテン・クラシック・ダウン・パーカの詳細はこちら

さり気ないアクセントになるカラーブロックデザインが持ち味

新登場のマウンテン・クラシック・ダウン・パーカ、カラーブロックは肩とポケット、袖口にボディと異なるカラーをセット。絶妙なバランスが着こなしにスパイスを加えてくれます。

そして、オリジナルと同じく中綿には650フィルパワーのダウンテック™️ダウンをぎっしり封入。少し長めの丈と相まって、圧倒的な防寒力を発揮します。

表地とライニングは耐久撥水加工を施した再生ポリエステル100%。環境への影響まで抑えているわけです。

マウンテン・クラシック・ダウン・パーカ、カラーブロックの詳細はこちら

濡れても保温性が下がりにくいダウンテック™️ダウンを採用

マウンテン・クラシック・ダウン・パーカシリーズをはじめ、エル・エル・ビーンのダウンアウターのスタンダードとなっているのがダウンテック™️ダウン。水分を吸収しやすく乾きにくい従来のダウンは、雨や汗による保温力低下が“弱点”となっています。

しかし、ダウンに撥水加工を施したダウンテック™️ダウンなら水につけても水分を吸いにくく、熱の溜まったデッドエアーをキープ2015年のノルディックスキー世界選手権大会で、USクロスカントリー&ノルディック複合チームが着用したほどの実力です。

合わせやすくてハイスペックな万能アウター

天候やアクティビティ問わず極寒キャンプを気持ちよく過ごせる暖かさと、洗練されたルックスが共存するマウンテン・クラシック・ダウン・パーカ、カラーブロック。洗濯機の使用だってOKですから、今冬のヘビロテアウターとなりそうですね!

L.L.Beanの公式ホームページはこちら