最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
スーリーのルーフキャリアを取り付けた車

ルーフキャリアを取り付けよう!おしゃれでかっこいいおすすめ商品

2022/08/30 更新

ルーフキャリアは車の屋根の上に取り付けて積載量を増せるアイテムです。おしゃれでかっこいいモデルがたくさんありますが、取り付け前に適合するかどうかよく確認する必要があります。この記事では選び方のポイントや、人気メーカーのおすすめ商品などを紹介します!

目次

アイキャッチ画像出典:スーリー

ルーフキャリアとは?

開けた状態のルーフボックス

出典:PIXTA

ルーフキャリアと聞くと、車の上に載せる収納箱のようなものを想像するかもしれませんが、実際はベースキャリアという土台(横棒)と、アタッチメントという上に載せる部分で構成されており、その2つを合わせて「ルーフキャリア」といいます。

どんな車にも好みのルーフキャリアが取り付けることができるわけではなく、車種や設置するベースキャリアと適合するアタッチメントを選ぶ必要があるため注意しましょう。

取り付け前のチェックポイント

赤い車のルーフレール

出典:PIXTA

ルーフキャリアの取り付け方はルーフレールの有無や形状によって違います。ルーフレールとは、キャリアを取り付けるベース(縦棒)のこと。

ルーフレールは車を購入する際にオプションになる場合が多いので、まずはルーフレールがついているか確認する必要があります。ルーフレールは車種によって以下のようなパターンがあります。

一般的なルーフレール

一般的なルーフレールに取り付けたベースキャリア

出典:イノー

ルーフの両側にバーがついているものを指します。オプションで取り付けることが多いタイプです。バーがついていることでルーフキャリアの取り付けが比較的簡単で、取り付け可能な種類も多いです。

ダイレクトルーフレール(フラッシュルーフレール)

ダイレクトルーフレール(フラッシュルーフレール)に取り付けたベースキャリア

出典:イノー

ルーフに盛り上がった部分があり、一般的なルーフレールとは違いルーフレールとルーフの間には隙間がありません。少し特殊な形状のルーフレールになるものの、取り付けは比較的簡単です。

レインガーター(雨どい)

レインガータ(雨どい)に取り付けたベースキャリア

出典:イノー

車の横上のあたりに雨どいがついているものを指します。バンタイプの車に多いでしょう。

取り付けポイント

取り付けポイントに取り付けたベースキャリア

出典:イノー

ルーフレールはないですが、ルーフキャリアを取り付けることができるポイントや穴があるものを指します。今までのタイプと比べると取り付けるために必要な部品が多くなりますが、取り付けポイントがある分安定感があります。ただし、載せることのできるルーフキャリアの選択肢は狭まります。

なし(ルーフオンタイプ)

ルーフオンタイプのベースキャリア

出典:イノー

ルーフレールがなく、取り付ける場所も決められていないタイプのことを指します。この車種の場合は「ルーフキャリアを取り付ける場所」をまず取り付ける必要があります。

どの車にも取り付けることができるわけではなく、車種や年式、モデルによってパターンが違うので、ルーフキャリアを取り付ける前に調べる必要があります。

購入したディーラーや車屋さんなどで適合するかどうかを確認したうえで取り付けるようにしましょう。残念ながら車種や年式によっては取り付けることができない車もあります

ルーフキャリアの選び方

ルーフキャリアを載せたたくさんの車

出典:PIXTA

ルーフキャリアを選ぶ際は「土台となるベースキャリア」、「取り付けたいアタッチメント」の2つを選ぶ必要があります。

中には、ベースキャリア不要で取り付けができるルーフキャリアもありますが、種類や用途が少なくなります。また、「ベースキャリアに適したアタッチメント」を選ぶ必要があることも念頭に置いて選ぶようにしましょう。

ベースキャリア(土台)を選ぶ

ベースキャリアのパーツ説明

出典:イノー

車種やルーフレールの形状と適合するベースキャリアを選ぶ必要があります。ベースキャリアのパーツ構成は以下の3種類。名前の呼び方はメーカーによって違うことがありますが、3種類のパーツ構成は基本的に同じです。

ベースキャリアのパーツ構成
名前役割
バーアタッチメントを固定する横棒
フット・ステーバーを差し込む足のようなパーツ
ホルダー・取付キット・取付フック車本体に固定する金具

取り付け後のペースキャリア

出典:イノー

必要なパーツは冒頭に説明した「ルーフレール」の有無によっても異なります。ルーフレールがついている車の場合、フットをレールに取り付けるため、基本的にホルダーは不要になるでしょう。

また、バーの形状にはスクエア、楕円に近い流線形などの形があります。スクエアは定番のタイプでスペースを幅広く活用できるため積載量が多くできるのが特徴です。楕円形は風切り音が少なく静穏性が高いという特徴があります。

目的に応じたアタッチメントを選ぶ

ルーフボックスを載せた車

出典:PIXTA

ベースキャリアを選んだあとは、目的に応じたアタッチメントを選びましょう。大前提として、ベースキャリアが不要なタイプでない限りは、ベースキャリアに適合するアタッチメントを選ぶ必要があります。

アタッチメントには、主に以下のような種類があります。

アタッチメントの種類
種類用途・形状
ルーフボックス荷物を積むための収納箱アタッチメント
ルーフラック荷物を載せるための籠のような形をしたアタッチメント
サイクルキャリア自転車を運ぶために取り付けるアタッチメント
スキー・スノボキャリアスキー板やスノボ板を運ぶためのアタッチメント
サーフボードキャリアサーフボードを運ぶためのアタッチメント
カヤックキャリアカヤックを運ぶためのアタッチメント

代表的な3つのメーカーを知る

ルーフボックスを載せたボルボの車

出典:Instagram by @thule

ルーフキャリアのメーカーとしては、以下の3つのメーカーが人気です。どのメーカーとも対応している車種が多く、希望の車種に対応しているルーフキャリアも見つけやすいでしょう。

イノー

自転車を載せたBMW

出典:イノー

日本の車用品の大手、カーメイトが展開しているルーフキャリアブランドです。シンプルでスタイリッシュなデザインのルーフキャリアが多くどんな車種にも合わせやすいことがポイント。専用コールセンターもあるため購入後も手厚いサポートが受けられます。

スーリー

スーリーのルーフボックスを載せた車

出典:スーリー

スウェーデンのブランドであるスーリーは、輸入車に強いのが特徴。アウトドア向けのアタッチメントが充実しており、車の上に乗せるルーフトップテントも販売しています。ほかにも自転車関連のアタッチメント、ノートパソコンやカメラの収納バックなどの販売もしています。

テルッツォ

テルッツォのルーフキャリアを載せた車

テルッツォは東京に本社を置く日本の会社・PIAAのオリジナルブランドです。日本車を中心に、普通車やSUV車専用の製品だけではなく、軽自動車にも幅広く対応しています。

ベースキャリアとアタッチメントは同じメーカーにする

ルーフキャリアを載せた浜辺のジムニー

中にはサイズ感が合っているため取り付けることができるものがあるものの、基本的にベースキャリアとアタッチメントは同じメーカーの組み合わせにしましょう

ルーフキャリアは外れて事故が起きないように安全性が第一。同じメーカーであればテストなどを行ったうえで販売しているため、安全に取り付けることができます。

ベースキャリアのおすすめ

ベースキャリアを載せたスバル

出典:イノー

ここからはベースキャリア(フット・ステー)のおすすめを紹介します。車種や年代、モデルが適合するかどうかを確認してください。

必要があれば、購入したディーラーや車屋さんなどで適合するかどうかを聞いたり、複数の口コミを調べて「必ず取り付けられること」を確認したりしてから購入するようにしましょう。

イノー エアロベースステー XS201

風切り音を大幅低減させるために翼のような形状を取り入れた「エアロベース」用のステーです。バーの突出しをなくし、車との一体感を優先した形をしているため、設置後も外観に違和感を感じにくいでしょう。

イノー エアロベースステー XS201 スムースルーフ用

●積載量:75kg

イノー エアロベースステー XS250

XS201と同じ「エアロベース」用のステー。こちらはバーの突出しがあるスルーバータイプのため、フラッシュタイプよりアタッチメントの取り付け可能幅がアップしています。

イノー エアロベースステー XS250 スムースルーフ用

●積載量:75kg

スーリー ベースキャリア用フット TH951

シンプルなタイプのフットで、スクエアバーと組み合わせて車にベースキャリアを装着することができます。耐荷重が大きいのでたくさんの荷物を載せる方におすすめです。

スーリー ベースキャリア用フット TH951 レインガーター

●積載量:100kg

スーリー ウイングバーエッジ TH9595B

バーとフットが一体化したタイプでスタイリッシュなデザインが特徴です。風切り音が少ない設計になっており、静音性、実用性ともに優れています。片側5cmずつスライドする伸縮自在のフットにより、いろいろな車種に合わせやすくなっています。

スーリー ウイングバーエッジ TH9595B

●積載量:75kg

テルッツォ ベースキャリアフット EF14BL

シンプルなタイプのベースで対応しているアタッチメントの数も多いです。ベースに鍵がついているので防犯面でも安心。強度が高く錆びにくい素材を使用していることもポイントです。

テルッツォ ベースキャリアフット EF14BL ルーフオンタイプ

テルッツォ ベースキャリアフット EF100A

スタイリッシュなアーチ形状のエアロバーにフィットする、コンパクトで突き出し部分がないフットです。気になる風切り音も軽減してくれます

テルッツォ ベースキャリアフット EF100A ルーフオンタイプ

アタッチメントのおすすめ

ルーフボックスを載せた車

出典:PIXTA

さまざまなアウトドアシーンで活躍するアタッチメントのおすすめを紹介します。

車内に入れることができない自転車や車に積みきれない荷物を入れられる収納ケースなど多種多様。アタッチメントは必ずベースにあったものを選ぶようにしましょう。

ルーフボックス

イノー ウェッジプラス864 360L BRM864BF

ミニバン・ワゴン・SUVなどにジャストなサイズで、収納性が高いところがポイント。両開きなのでどちら側からも荷物が取り出せます。シンプルなブラックなカラーがおしゃれで形が流線形なので風の抵抗も受けにくいです。

イノー ウェッジプラス864 360L BRM864BF

●サイズ:340×2,050×840mm
●容量:360L

スーリー ソフトルーフボックス Ranger 90 TH6011

ソフトタイプのルーフボックスです。ハードタイプでは収まりきらないものでも形に融通が利くので、積載しやすく荷物をたくさん積むことができます。アタッチメントを外して保管する場合も、たたんで収納することが可能です。

スーリー ソフトルーフボックス Ranger 90 TH6011

●サイズ:110×80×40 cm
●容量:280L

テルッツォ ルーフボックス420L EA420B

内容量が420Lで内寸の高さが40cmと高めに設計されているので、ファミリーキャンプのようなたくさんの荷物でも安心。アーチ型でマット加工の落ち着いたデザインがスタイリッシュです。

テルッツォ ルーフボックス420L EA420B

●サイズ:187×77×41cm
●容量:420L

ルーフラック

イノー ルーフラック カーゴラック INT507BK

前後のフロアパイプは上下に動かすことができるため、荷物のずれや落下防止になるほか、長い荷物でもしっかり積載することが可能です。

イノー ルーフラック カーゴラック INT507BK

●サイズ:1,190×1,100×全高70mm

スーリー ルーフラック キャニオンXT TH859XT

頑丈、軽量なスチールパイプ製のルーフラックです。スタイリッシュで機能的なデザインで、サイドからの積み下ろしがしやすい形状をしています。また、延長ラックを取り付けると、積載量を増やしたり、積載エリアを増やしたりすることもできます。

スーリー ルーフラック キャニオンXT TH859XT

●サイズ:127×104×15cm

テルッツォ アルミルーフラック EA303B

1家族分のキャンプ道具を積載することができるほどの大容量でシルバーとブラックの2色から選べます。空気抵抗を低減する風切音防止板を設置しているので静音性も高いです。

テルッツォ アルミルーフラック EA303B

●サイズ:110×105×8.6cm

サイクルキャリア

イノー サイクルアタッチメントST IN385

スタンダードな正立タイプで、対応できる自転車の種類が多いサイクルキャリアです。自転車のダウンチューブとタイヤを固定する仕様になっています。重厚感のある見た目でしっしっかりと固定してくれます。

イノー サイクルアタッチメントST IN385

●対応タイヤサイズ:タイヤ幅55mm/タイヤサイズ26インチまで
●最大積載量:17kg

スーリー サイクルキャリア TH561 アウトライド

自転車の前輪を外して固定するタイプのサイクルキャリアです。ほとんどのフォークに対応する調整機能が付いています。アルミ製品のため、軽量で扱いやすくディスクブレーキ付きサイクルも積載することが可能です。

スーリー サイクルキャリア TH561 アウトライド

●最大積載量:17kg

テルッツォ サイクルキャリア1台積みルーフ用フォークダウンタイプ EC21SA

ロードバイクからマウンテンバイクまでさまざまな自転車の積載が可能です。テルッツォ独自のラチェットレバーで簡単に装着が出来ます。キャリパーが干渉しない位置にあるためディスクブレーキ付きの自転車でも積載可能です。

テルッツォ サイクルキャリア1台積みルーフ用フォークダウンタイプ EC21SA

スキー・スノボキャリア

イノー スキー スノーボード 専用キャリアデュアルアングル UK729

スキー、スノーボード専用キャリアのアタッチメントです。ベースキャリアは不要で、スキー板最大6セット、スノーボード最大4枚が積載可能。板に合わせて角度を調節できるため、パーツが屋根に当たらないように調整でき屋根が傷つきにくくなっています。

イノー スキー スノーボード 専用キャリアデュアルアングル UK729

●スキー積載量目安:最大6セット
●スノーボード積載量目安:最大4枚

スーリー スノーパック TH7326

厚みのあるスキーやスノーボードも安全に運べます。一体型垂直スプリングシステムにより、キャリアを使っていないときは高さを低くできます

付属の延長フットにより、スキーのビンディングの高さに応じてキャリアの高さを29mmまで調整でき、車体との隙間を確保してルーフを傷つけません。

スーリー スノーパック TH7326

●スキー積載量目安:最大6セット
●スノーボード積載量目安:最大4セット

テルッツォ スキー・スノーボードキャリア SS112S

ベースキャリアが不要で、ルーフレールに取り付けが可能です。低いフォルムと高いセッティングで積載面も広くできており、大型プッシュボタンが付いているので手袋をしたままでもしっかり押すことができます。ラバークッションで積載物を傷つけず運搬できます。

テルッツォ スキー・スノーボードキャリア SS112S

●スキー積載量目安:6セット
●スノーボード積載量目安:4枚

サーフボードキャリア

イノー ラチェットベルトサーフィン INA724JP

巻き取り式のラチェット構造なのでサーフボードの固定がしやすいです。積載容量がショートボード3枚、ロングボード/セイルボード2枚、脚立1台と大容量なので複数人でも安心。軽くて丈夫なポリエステルのベルトを使用しているので安全性、取付性、積載性に優れています。

イノー ラチェットベルトサーフィン INA724JP

●積載可能数:ロングボード2台,ショートボード3台

スーリー ウェーブサーフボードキャリア TH832

ショートボードの専用のコンパクトなキャリアです。サーフボード2枚までを簡単に運搬できます。ストラップのバックルの周りにはゴム製のパッドが付いており、積み下ろしや運搬時に、車のルーフと積載物を傷つけません。

スーリー ウェーブサーフボードキャリア TH832

●積載重量:25kg
●積載可能数:ショートボード2台

テルッツォ サーフボードキャリア2枚積み EM34

風切音を防止する防音パットがついているので静音性に優れています。ボードを保護するコーナーパットも付いているため、積み下ろしや運搬時の傷がつきにくいです。操作しやすいパワーダイヤルで巻取り操作が簡単にできます。

テルッツォ サーフボードキャリア2枚積み EM34

●積載可能数:サーフボード最大2枚

イノー・スーリー・テルッツォ以外のメーカーは?

浜辺でキャンプ

出典:AUTOPRPZ

大手の3メーカーのほかにも、それぞれ得意分野があるブランドもあります。海外で多くのシェアを誇っているメーカーや業務用、SUV対応に強いブランドなど、さまざまな個性がありますので紹介します。

YAKIMA

YAKIMAのルーフボックスを取り付けた車

出典:YAKIMA

アメリカを代表するアウトドアギアブランドで、北米でのシェアは約4割と多くの人に親しまれています。自転車、サーフボード、スノーボードなど、あらゆるキャリアのアタッチメントを販売しています。

アンサーフィールド

アンサーフィールドのルーフキャリアを取り付けた車

出典:楽天市場

SUV車のルーフキャリアに強いブランドです。特にいま大人気のスズキのジムニーに対応したルーフキャリアを多く販売しています。アタッチメントだけでなく、車に装着できるはしごやカーサイドタープなども扱っています。

ロッキープラス

ロッキープラスのルーフキャリアを取り付けた車

業務用キャリアの有名ブランドです。日常的に使うことが多いため、高耐食溶融メッキやステンレス・アルミなどで頑丈に作られていおり、主にルーフラックを豊富に取り扱っています。

NAKAO

NAKAOのルーフキャリアを取り付けた車

出典:NAKAO

作業用・業務用バンのルーフキャリアを多く取り揃えているブランドです。製品コンセプトとして、作業を効率的に行うための機能を付けることに重点を置いているため、無駄のないデザインが魅力。キャリアだけでなく、車内収納などの製品も扱っています。

タフレック

タフレックのルーフキャリアを取り付けた車

出典:Amazon

商用車向けのルーフキャリアを中心に数多くの製品を取り扱っています。トラックなど商用車のニッチな車種に取り付けられるモデルも用意しています。

ルーフキャリアと一緒に買うと便利なグッズ

ネットで覆われたルーフキャリアの荷物

出典:PIXTA

ここからは、ルーフキャリアと一緒に買うと便利なグッズを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

はしご

はしごを取り付けたジムニー

出典:楽天市場

背の高い車種のルーフキャリアに積載するときや荷下ろしするとき、届かないことがないように、はしごがあると便利です。あると便利なはしごを3つ紹介します。

Power-on 伸縮はしご スーパーラダー 2.0m

伸縮式で高さが自在に変えられるはしごです。短くするとコンパクトなので収納もかさばりません。1段ずつロックがかかる仕組みになっており、耐荷重150kgと頑丈な設計なので、重たい荷物の積み下ろしも安心して行えます。

Power-on 伸縮はしご スーパーラダー 2.0m

●サイズ:約68~200×46×6cm
●耐荷重:150kg

Azumaya ステップツール 3段 PC-403

黄色、木目調のブラウン2色、カモ柄の4つのデザインから選べます。アルミ素材のステップスツールなので軽く持ち運びが便利です。荷物の積み下ろしだけではなく洗車や家の高所作業などにも使うことができるステップはしごです。

Azumaya ステップツール 3段 PC-403

●サイズ:44×64×79cm

長谷川工業 踏み台 3段 SK2.0-08S

シンプルなデザインでアウトドアシーンやインテリアにも合わせやすいです。素材はアルミを使用しているので軽量で持ち運びもしやすくなっています。130kgの耐荷重があり、重い物を持った作業にも耐えることができます。

長谷川工業 踏み台 3段 SK2.0-08S

●サイズ:46×71cm
●耐荷重:130kg

ネット

赤いネットで覆われたルーフキャリアの荷物

出典:楽天市場

ルーフラックを取り付けた場合、アタッチメントの落下防止や荷物の飛び出しを防ぐために役立ちます。おすすめのネットを3つ紹介します。

テルッツォ スパイダーネット EA79RL

ルーフラック用のネットです。取り付ければ荷物のずれや荷物の飛び出しを防ぐことができます。ネットはゴムでできており目の粗さが70mmで伸縮率が180%あります。大きなものを乗せて運ぶときに付けておくと安心です。

テルッツォ スパイダーネット EA79RL

●サイズ:110×110cm

イノー カーゴネットLL

荷物の固定に最適なネットです。細かいマス目で小さな荷物もしっかり固定できます。8mm径の極太ゴムでできており、伸縮率は200%です。大きめラックに最適なサイズとなっています。

イノー カーゴネットLL

●サイズ:1,000×1,300mm

Kohree カーゴネット 180×120cm

線径5mmのゴムで重量物もがっちり固定でき、耐久性、耐摩耗性に優れています。コンテナやテントなどの固定に最適です。 伸縮率が高いので大きめのラックにも使うことができます。

Kohree カーゴネット 180×120cm

●サイズ:180×120cm

ルーフキャリア取り付け後の注意点

ルーフキャリアに載せたカバン

出典:PIXTA

ルーフキャリアを取り付ける際には法定の積載方法や積載量を守る、走行中に落ちないように取り付けるなど注意点がいくつかあるので紹介します。注意点を守り、正しくルーフキャリアを装着しましょう。

法定の積載方法を守る

ルーフボックスを取り付けたワゴン車

出典:PIXTA

道路交通法施行令第二十二条により、普通自動車の積載物の長さは「自動車の長さにその長さの十分の一の長さを加えたもの」、幅は「自動車の幅」、高さは「三・八メートル(軽自動車は二・五メートル)」を超えないように定められています。

※参考:e-Gov法令検索「道路交通法施行令第二十二条

また、法律を守って積載していても屋根付き駐車場や高さ制限がある場所に入る場合は、天井に当たらないように注意が必要です。

荷物は乗せすぎない・偏らせない

ルーフラックにたくさんのカヌーを載せた車

出典:PIXTA

荷物の積み込みすぎや、ひとつの部分に荷物を偏らせると荷物が落下する原因になります。

ベースの故障や、車が傷つく原因にもなるため、荷物は載せすぎないようにして、重心も偏らないように工夫して載せるようにしましょう。

スピードの出し過ぎや強風に注意

ルーフキャリアにサーフボードを載せたジムニー

出典:PIXTA

ルーフキャリアに荷物を乗せるとその分車高が高くなり、風に煽られやすくなります。また、風によって荷物が落ちてしまう可能性も。

スピードを出し過ぎるとその分風の影響を受けやすくなるため、普段以上に安全に意識して運転するようにしましょう。強風が想定される場合はキャリアに荷物を積まないことも考える必要があります。

洗車機に入るかどうかは要確認

洗車機に入るプリウス

出典:PIXTA

ルーフキャリアは、洗車機の対応外であることも多いので、利用する前にはしっかり確認しましょう。洗車機に入れない場合は、外してから洗車機に入るか、手洗いで洗うようにしてください。

車検は簡単に脱着できるなら問題ない

ミニバンの車検

出典:PIXTA

ルーフキャリアの装着で気になる部分が「車検が通るのか」ということですが、継続車検の場合、基本的にネジ締めのクランプタイプやボルトでの固定など、簡単に脱着できるルーフキャリアであれば問題ありません

ただし、リベット止めや溶接などで取り付けている場合は、構造変更申請が必要になることがあるので注意しましょう。

参考:国土交通省「自動車検査・登録ガイド

取り付けが難しいと思ったらプロに任せる

車修理場で軽自動車を修理

出典:PIXTA

自分で購入して取り付けることもできますが、安全に関わることなので細心の注意を払う必要があります。

不安な場合は取り付け方や、そもそも取り付けができるかを、販売店のスタッフなどのプロに確認するようにしましょう。もし、難しいと思ったら自分では取り付けずにプロに任せることを検討しましょう。

ルーフキャリアでたっぷり収納!

ルーフキャリアを取り付けた車でオートキャンプ

出典:PIXTA

ルーフキャリアを取り付けると車載できる荷物の容量が増えるため、アウトドアやレジャーの快適さも上がります。ただし、取り付け方に注意をしないと事故につながりますので注意しましょう。ルーフキャリアは正しく取付けたうえで、アウトドア・レジャーを楽しみましょう。

こちらの記事もおすすめ

紹介されたアイテム