キャンプギアを安く探したいなら!キャンプ記事やセール情報を毎日お届けするアプリ 無料ダウンロード

囲炉裏テーブルのおすすめ人気ランキング10選!コスパ最強なものやメリットやデメリットなども紹介

囲炉裏テーブルを使ったキャンプは、まるで自宅のリビングのような安心感と暖かさを提供します。しかし、多種多様な製品の中から、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。この記事では、そんな囲炉裏テーブルの魅力を再発見し、選び方のポイントとおすすめの商品を紹介します。安価でも品質の高い囲炉裏テーブルで、アウトドアライフをより快適に、より楽しく過ごしましょう。購入を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

囲炉裏テーブルとは?

囲炉裏テーブルは、主にアウトドアで使用される移動可能な暖炉です。本体は耐熱性と安全性を備え、中央に火を灯すスペースがあり、周囲を囲むようにして座ることができます。古くは日本家屋の暖房や料理のために使われ、現在ではキャンプやアウトドアのシーンで親しまれています。このテーブルを通じて、参加者は温もりを共有しながらコミュニケーションを深めることができます。

囲炉裏テーブルのメリットとデメリット

囲炉裏テーブルには複数のメリットとデメリットがあります。メリット・デメリットを知り、自身のニーズに合った選択をすることが重要です。

囲炉裏テーブルのメリット

囲炉裏テーブルのメリットは、屋外での暖かさを提供し、寒い季節でも快適なアウトドア体験を実現することです。また、中央に設置された火は、周囲の人々を自然に集め、コミュニケーションを活性化させます。さらに、食事の調理をしながら、参加者全員が暖を取れる点や、独特の雰囲気が醸し出され、メンバー間の絆を深める社交の場を提供する点も大きな魅力です。

囲炉裏テーブルのデメリット

囲炉裏テーブルのデメリットとしては、そのサイズと構造上、移動や設置に少し手間がかかることがあります。また、安全に関しては、火を扱う以上、基本的な注意と周囲への配慮が求められますが、これもまたアウトドア体験の一環と捉えることができます。清掃面では、使用後のメンテナンスが必要ですが、これは製品を長持ちさせるための大切なプロセスです。煙については、風向き次第で少々不快に感じることもありますが、自然の中でのひとときを楽しむ一部と思えば、大きな問題ではありません。

囲炉裏テーブルの選び方

囲炉裏テーブルを選ぶうえで押さえたいポイントをご紹介します。自分の目的に合うものはどんなものかしっかりチェックしていきましょう。

材質を選ぶ

囲炉裏テーブルを選ぶ際の重要なポイントの一つが材質です。耐久性や見た目の美しさを求めるなら、スチールや鉄製が理想的で、錆びにくいアルミ製もメンテナンスが容易です。一方、自然な雰囲気を好む方には木製が合うでしょうが、木は熱に弱いため、火の管理が少し繊細になります。また、軽量で移動に便利なプラスチック製もありますが、耐熱性には限りがあるため、使用する環境を考慮することが大切です。

サイズで選ぶ

囲炉裏テーブルを選ぶうえでサイズ選びは非常に重要です。大きなテーブルは多くの人を囲んでの使用に適していますが、場所取りが多くなるため、設置スペースをしっかりと確保する必要があります。小さめのものは移動がラクで、限られたスペースでも利用しやすいですが、同時に使用できる人数に制限があります。そのため、使用する人数や場所の広さ、持ち運びのしやすさを考慮し、最適なサイズのテーブルを選ぶことが大切です。

機能性で選ぶ

囲炉裏テーブル選びでは、機能性も重要な判断基準です。例えば、調節可能な高さや、収納可能なデザインは、使い勝手を大幅に向上させます。また、組み立てや分解が容易なモデルは、移動や保管が便利ですが、構造上、少し強度に劣る可能性もあります。さらに、追加のアクセサリーや機能を備えた製品も魅力的ですが、場合によっては設置や調整が少々複雑になることも覚悟する必要があります。これらの機能性を考慮し、自分のライフスタイルに最も適した製品を選びましょう。

囲炉裏テーブルのおすすめブランド・メーカー

スノーピークの囲炉裏テーブル

スノーピークの囲炉裏テーブルは、高品質な素材と洗練されたデザインが特徴で、耐久性と機能性を兼ね備えています。特に、アウトドアシーンでの実用性を考慮した製品設計は、使い勝手の良さを実感できるでしょう。この高い品質は価格にも反映されるため、初期投資は他のブランドに比べてやや高めですが、長期的に見ればその耐久性と機能美から、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

ハイランダーの囲炉裏テーブル

出典:楽天市場

ハイランダーの囲炉裏テーブルは、堅牢な作りと手頃な価格帯で知られ、特にコストパフォーマンスに優れた選択肢として人気です。耐久性のある素材と実用的なデザインが組み合わさっており、多少の荒れたアウトドア環境にも対応します。機能性を重視するユーザーには十分満足いく製品範囲が揃っています。

尾上製作所の囲炉裏テーブル

尾上製作所の囲炉裏テーブルは、伝統的な職人技に支えられた高品質な作りが特徴で、長年にわたる使用にも耐える耐久性を備えています。素材の選定から組み立てに至るまでの一貫した品質管理は、安心して使用できる製品を保証します。価格帯はやや高めですが、その品質と長寿命を考慮すると、長期的な投資としては非常に合理的です。デザインはシンプルながらも洗練されており、どんなアウトドアシーンにも自然に溶け込みます。

安い囲炉裏テーブルのおすすめ人気ランキング10選

今回は数ある囲炉裏テーブルの中でもコスパが高い囲炉裏テーブルをランキング形式で紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどの各ECサイトの売れ筋ランキングをもとにして独自に順位付けをしました。

10位

キャプテンスタッグ ヘキサセンターテーブル

●材質:天然木化粧合板(表面加工ウレタン樹脂塗装)


●重量:約14kg


その革新的なヘキサ型デザインが特徴です。この一つのテーブルが、組み合わせ次第で長テーブルやハニカム形に変化し、さまざまなアウトドアシーンに対応します。工具不要の組み立ては手軽さを追求し、付属のバッグでの携帯も簡単。天然木化粧合板の使用とウレタン樹脂塗装による仕上げは、耐久性と美しさを兼ね備え、最大10kgの耐荷重があります。使い勝手とデザイン性を重視した、まさにアウトドアのための逸品です。

9位

スノーピーク ジカロテーブル

●材質:テーブルトップ/ステンレス、脚部/ステンレス、ツマミ/アルミ合金


●重量:約10.5kg


日常を特別なものに変える魅力が詰まったアイテムです。このテーブルは、焚火の温もりを囲む場所として、朝から夜までの団らんを演出します。高さ40cmの設計は、ローチェアやベンチとの相性が抜群で、サイドにはマルチファンクションテーブルを取り付け可能なシステムデザインを採用。一日中、快適に過ごせるよう配慮された使い心地と、機能性を兼ね備えたスタイリッシュなデザインが、アウトドア体験を一層豊かにします。

8位

フィールドア 木製囲炉裏テーブル

●材質:天然木形成合板


●重量:約5.2kg


自然の温もりを感じさせるデザインが魅力です。耐久性に優れた1.5cm厚のプライウッドを使用し、ナチュラルな表面はユーザーがオイルステインで自由にカスタマイズ可能。高さ25cmの設計は、一般的な焚き火台の高さに合わせ、より親しみやすい囲炉裏空間を演出します。また、その堅牢さで最大20kgの耐荷重を誇り、サイズや重量も取り回しやすいバランス。このテーブルは、アウトドアでのひとときをより豊かに彩るアイテムです。

7位

キャンピングムーン ファイアープレイステーブル

●材質:ステンレス鋼


●重量:約8.6kg


多機能性が特徴のアウトドアテーブルです。このテーブルは、附属の鉄板を使用して通常のテーブルとしても、また囲炉裏テーブルとしても利用可能で、その変換機能がアウトドアでの時間をより快適にします。特殊エンボス加工のステンレス製で耐熱・耐キズ性能を備え、工具不要の組み立てや「I型収納」によるコンパクトな持ち運びが可能です。付属のキャンバス製バッグと合わせ、どんな場面でもその実用性と便利さを発揮します。

6位

キャンパーズコレクション 焚き火テーブル

●材質:スチール(粉体塗装)


●重量:約9.5kg


焚き火やBBQコンロを中心に設置でき、食事からリラックスタイムまで多目的に使用可能。特に子供がいる家族には安心のガード機能付き。組み立ては工具不要で、各テーブルは独立しておりサイドテーブルとしても便利。また、脚のストッパーで安定感を確保し、キャリーバッグも付属しているため、持ち運びもラクラク。アウトドアライフをより豊かにするための機能が詰まっています。

5位

バンドック 焚き火テーブル

●材質:スチール(粉体塗装)


●重量:約7.3kg


その多機能性が魅力のアウトドアシーンを彩る逸品です。一つで囲炉裏テーブル、座卓、サイドテーブルとしての使用が可能で、場所や用途に応じたフレキシブルなアレンジが特徴。耐荷重約7.3kgの堅牢な作りと、コンパクトな収納性も兼ね備え、持ち運びにも便利な収納ケース付き。スチール製で耐久性に優れ、どんな環境でも頼れるパートナーになることでしょう。

4位

キャプテンスタッグ ファイアグリル テーブル

●材質:甲鈑/鋼(表面加工エポキシ樹脂)、脚部/鋼(表面加工クロムメッキ)


●重量:約4.8kg


コンパクトながらも機能性を追求したアウトドア必須アイテム。バーベキューや焚き火時の必需品を手元に置ける設計は、集まりの中心で活躍します。耐荷重約4kg、スリムで持ち運びやすい形状、そして折りたたみ可能な構造は、使用後の収納も簡単にでき、場所を取りません。金属製で頑丈さを確保しつつ、エポキシ樹脂とクロムメッキの加工で長持ちの品質も実現しています。

第3位

ロゴス アイアンウッド囲炉裏サークルテーブルL

●材質:甲鈑/木材、脚部/スチール


●重量:約8.2kg


自然の温もりを感じさせる木目調の天板と、実用性を兼ね備えたデザインが魅力。最大8人が集まり、中央の開口部にはたき火台やグリルを設置でき、共に料理を楽しむことが可能です。また、円形デザインは安全性を考慮し、子供がいる家庭にも最適です。収納はコンパクトで、持ち運びもラクラクできるため、アウトドアはもちろん、ホームパーティにも最適です。

2位

尾上製作所 マルチファイアテーブルII

●材質:鉄


●重量:約9kg


多機能性が特徴の一つで、バーベキューコンロを中心にした囲炉裏スタイルから、グループキャンプに適した長テーブルスタイルまで、場面に応じて形を変えられる革新的なテーブルです。改良された連結穴とダブルストッパー機能により、テーブルは安定感が増し、どんな環境下でも頼りになるアイテムです。さらに、取り外し可能な連結ジョイントで、設置スペースに合わせたカスタマイズが可能に。

1位

コールマン ファイアープレーステーブル

●材質:ステンレス鋼


●重量:約6kg


軽量かつコンパクトな設計の焚き火台テーブルです。サビに強いオールステンレス製で長期間の使用にも耐え、簡単セットアップと撤収が可能な構造で、どんな場所にも適応します。付属の収納ケースとそのコンパクトさが、移動や保管をさらに便利にし、アウトドアのあらゆるシーンでの必需品となること間違いありません。

囲炉裏テーブルでキャンプをもっと楽しく!

囲炉裏テーブルは、キャンプを一層魅力的なアドベンチャーに変える鍵です。自然の中での心地よい時間を、美しいデザインと実用性を兼ね備えたテーブルがさらに豊かにします。友人や家族と囲む焚火は、会話や笑いを生み出し、絆を深める貴重な瞬間を作り出します。これらのテーブルは、快適さを追求するあなたの最高のパートナーです。新しい思い出作りに、最適な囲炉裏テーブルを選んで、キャンプの旅をもっと楽しくしましょう!