キャンプギアを安く探したいなら!キャンプ記事やセール情報を毎日お届けするアプリ 無料ダウンロード

コーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング10選!3000円以下で買える安くてコスパが良いものを厳選

コーヒーは多くの人々にとって日常の一部であり、その香りや味は心を癒やしてくれます。特に、手作りのドリップコーヒーは、深い味わいと香りを楽しむことができるため、多くのコーヒーラバーに支持されています。そのために欠かせないのが、コーヒードリッパー。しかし、市場にはさまざまな種類のドリッパーが存在し、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。この記事では、コーヒーをより美味しく、より深い味わいで楽しむためのコーヒードリッパーの基本的な知識から、選び方のポイント、そして3000円以下で手に入れやすいおすすめの商品をランキング形式で紹介します。あなたのコーヒータイムをより特別なものにするための情報をお届けします。

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

目次

コーヒードリッパーの魅力

出典:PIXTA

コーヒードリッパーは、コーヒー豆の本来の風味や香りを最大限に引き出すための道具として、多くのコーヒー愛好者に愛されています。ドリッパーを使用することで、お湯の注ぎ方や温度、抽出時間を自分の好みに合わせて調整することができ、その日の気分や使用するコーヒー豆によって、異なる味わいのコーヒーを楽しむことができます。また、ドリッパーはシンプルな構造でありながら、素材や形状によっても抽出されるコーヒーの風味が変わるため、自分だけの最高の一杯を追求する楽しみがあります。このように、コーヒードリッパーは、日常のコーヒータイムを特別なものに変えてくれる魅力的なアイテムです。

安いコーヒードリッパーならプラスチック製がおすすめ

出典:PIXTA

プラスチック製のドリッパーは、手軽に手に入れることができ、軽量で持ち運びも簡単。また、耐久性もあり、割れにくいため長く使えます。プラスチック製のドリッパーは、初心者からベテランまで幅広いコーヒーラバーに対応できる選択肢となっています。さらに、プラスチックの素材によって、コーヒーの味わいに影響を与えないように設計されているものも多く、美味しいコーヒーを楽しむことができます。手軽でコストパフォーマンスの高いプラスチック製のコーヒードリッパーは、コーヒー愛好者にとって魅力的な選択肢です。

コーヒードリッパーの選び方

出典:PIXTA

コーヒードリッパーを選ぶ際のポイントを押さえることは、美味しいコーヒーを淹れるために重要です。自分の好みやコーヒースタイルに合ったドリッパーを選ぶことで、理想の一杯を楽しむことができます。コーヒードリッパーの選び方を慎重に考え、コーヒータイムの喜びを追求しましょう。

ペーパーフィルターが必要か不要かで選ぶ

出典:Amazon

コーヒードリッパー選びの重要なポイントの一つは、ペーパーフィルターの使用が必要かどうかです。ペーパーフィルターを使用するドリッパーは、コーヒーを澱物や油脂から解放し、クリアで爽やかな味わいを楽しめる特徴があります。一方で、ペーパーフィルター不要のドリッパーは、独特の油脂と風味を残すことができ、コクと深みのあるコーヒーを楽しむことができます。自分の好みやコーヒースタイルに合わせて選びましょう。ペーパーフィルターを使うことでクリーンな味わいを求めるなら、ペーパーフィルター必要のドリッパーを選び、逆にオイリーで濃厚な味わいを好むなら、ペーパーフィルター不要のドリッパーが適しています。

素材で選ぶ

出典:楽天市場

コーヒードリッパーの素材は、コーヒー抽出に影響を与えます。プラスチックは軽量で扱いやすく、手軽に扱える素材です。熱伝導性が低いため、温度の安定性が高く、初心者向けです。セラミックは熱伝導性が高く均一な抽出が可能。美しいデザインが多く、コーヒー愛好家に人気です。ガラスは透明で美しい見た目が特徴で、コーヒーの抽出過程を観察できます。熱伝導性が良いため、コーヒーを均一に抽出します。ステンレス鋼は耐久性が高く特有の独自の風味を楽しむことができます。素材によってコーヒーの風味や保温性が異なるため、自分の好みや使用環境に合った素材を選ぶことが大切です。

味の好みに合わせて穴のサイズや数をチェック

出典:楽天市場

コーヒードリッパーの味わいに影響を与える要素の一つは、穴のサイズと数です。大きな穴は速い抽出を促し、軽やかなコーヒーを生み出します。一方、小さな穴はゆっくりとした抽出を可能にし、コクと深い味わいを生み出します。穴の数が多いほど均一な抽出が期待できますが、味わいに微妙な変化を与えることもあります。味の好みに応じて、穴のサイズと数を選択しましょう。コーヒーの風味や味わいをカスタマイズするために、この要素を注意深く考慮することが重要です。

形状で選ぶ

コーヒードリッパーの形状は、コーヒーの抽出方法や味わいに影響を与えます。形状によってコーヒーの流れや接触面が変わるため、抽出スタイルや味の好みに合わせて選ぶことが大切です。自分が望むコーヒーの風味や抽出スピードを考慮し、形状を検討しましょう。コーヒードリッパーの形状が、あなたの理想のコーヒーを淹れる手助けとなります。

台形タイプ

出典:Amazon

台形タイプのコーヒードリッパーは、底面が平らな特徴を持ち、均等なコーヒー床を形成します。この形状により、コーヒーの湿らせ方が安定し、クリーンで透明感のある味わいを生み出します。コーヒーが均一に接触するため、酸味とフルーティーな風味が引き立ちます。また、ドリップ速度も比較的早く、忙しい朝のコーヒータイムに適しています。台形タイプのドリッパーは、シンプルながら確かな味わいを求めるコーヒー愛好家に好まれ、初心者から上級者まで幅広く使われています。

円錐タイプ

出典:Amazon

円錐タイプのコーヒードリッパーは、深いコーヒー床を形成する特徴を持ち、豊かなコクと風味を引き立てます。コーヒーがゆっくりと淹れられ、豆のエッセンスがしっかりと抽出されるため、濃厚で味わい深いコーヒーが楽しめます。また、ゆっくり抽出されるので、コーヒーの風味が豊かに発揮されます。円錐タイプのドリッパーは、特にシングルオリジンのコーヒーや新鮮なコーヒー豆を使用する際に、その味わいを最大限に引き出すのに適しています。コーヒー愛好家の中には、この形状が提供するユニークな味わいを楽しむために円錐タイプを選ぶことが多いです。

安いコーヒードリッパーのおすすめ人気ランキング10選

今回は数あるコーヒードリッパーの中から3000円以下で価格が安く手に入れやすいドリッパーをランキング形式で紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどの各ECサイトの売れ筋ランキングをもとにして独自に順位付けをしました。

10位

HARIO V60透過ドリッパー01クリア

●サイズ:幅11.5×奥行10×高さ8.2cm


●容量:1~2杯用 (一杯120ml)


●材質:本体/AS樹脂、スプーン/ポリプロピレン


V型円すい形のドリッパーにより、珈琲の層が深く、お湯が円すいの頂点に向かって流れ、豆の旨味をしっかりと抽出します。スパイラルリブはペーパーフィルターを浮かせ、全面ろ過を実現し、コーヒーの味わいを高めます。大きな一つ穴でお湯の速度を調整し、自分好みの一杯を淹れます。円すい形とスパイラルリブの組み合わせは、コーヒー粉に長く触れ、豊かな味わいを生み出します。高いリブはコーヒー粉の膨らみを妨げず、専用の円すい形ペーパーフィルターを使用することでスムーズな抽出が可能です。

9位

CAFEC フラワードリッパー

●サイズ:W12.5×D10.2×H8.2cm


●容量:1杯用


●材質:磁器(有田焼)、計量スプーン/ポリプロピレン


まるで花びらのような美しい円すい形のドリッパー。有田焼で作られ、滑らかな手触りと華奢な印象がありながらも、上質な天草の土と高温焼成により耐久性も備えています。円すいの形状は珈琲の層を深くし、お湯が円すいの頂点に向かって流れ、コーヒー豆の旨味をしっかり引き出します。花びら形状の内部リブは、布フィルターのような膨らみを作り、空気層を形成。一体型ハンドルは手にフィットし、大きな穴とリブ配置により、コーヒーのうまみ成分を最大限に引き出し、安定した味わいを提供します。

8位

ZAFIELD コーヒードリッパー 折りたたみ スタンド

●サイズ:-


●容量:1~2杯用


●材質:ステンレス


アウトドアからご自宅まで、美味しいコーヒーを求める本格派に向けたポータブルコーヒードリッパー。円錐形ドリッパーの特徴を活かして、ペーパードリップながらネルドリップに近い味わいのコーヒーを楽しむことができます。コンパクトで収納しやすく、持ち運びも便利。アウトドアやご自宅、職場など、どんな場所でも活躍します。簡単なお手入れで長く愛用でき、コーヒー愛好家にとって非常に便利なアイテムです。

7位

コーノ 名門2人用フィルター

●サイズ:12x10.3x8.0cm


●容量:2杯用


●材質:アクリル樹脂


円錐形状にピッタリ合わせたフィルターは、コーヒーのうまみを最大限に引き出します。コンパクトなサイズで取り扱いが簡単で、高品質のアクリル樹脂で作られ、日本製の信頼性があります。コーヒー愛好家にとって、KONOの名門フィルターはコーヒーをより美味しく楽しむための必須アクセサリーです。

6位

メリタ アロマフィルター

●サイズ:幅110×奥行95×高さ72mm


●容量:1~2杯用


●材質:AS樹脂(アクリロニトリルスチレン)


1つ穴方式を採用しており、正確な時間で抽出できるように計算されています。一度に給湯できるので、お湯を何回も注ぐ必要がありません。内側に刻まれたミゾがお湯の流れをコントロールし、コーヒーを濡らした後、必要な杯数分のお湯を一度に注ぐだけで、理想的な味わいを引き出します。

5位

ブルーノ パーソナルコーヒードリッパー

●サイズ:W105×H90×D90mm


●容量:1杯用(210ml)


●材質:本体/耐熱ガラス製器具・ドリッパー/コポリエステル樹脂、ステンレス鋼・フタ/ポリプロピレン


1人分のコーヒーを手軽に淹れるのに最適なコンパクトなサイズのドリッパーカップです。このユニークなコーヒードリッパーは、ペーパーフィルターを使わずにエコにコーヒーを楽しむことができます。メッシュステンレスフィルターには二重のメッシュが備わっており、微粉を通さずにコーヒーの本来のクリアな味わいを引き出します。さらに、フィルターをカップの中に収納できるため、狭い食器棚でも省スペースに収納できます。

4位

ハリオ カフェオールドリッパー・BATON 02

●サイズ:幅121×奥行135×高さ105mm


●容量:1~4杯用


●材質:ドリッパーフレーム/ポリプロピレン・コーヒーカス・天然系無機物 ドリッパーメッシュ部/ステンレス


ペーパーフィルターを必要とせず、特殊なステンレスメッシュを使用して美味しいコーヒーを淹れることができる1~4杯用のドリッパーです。このユニークなドリッパーは、コーヒーオイルを抽出する能力があり、コーヒーの風味を豊かにします。さらに、このドリッパーは環境に配慮した素材を使用しており、抽出後のコーヒー粉などの天然系無機物を配合し、プラスチック使用量を約50%に減らしています。

3位

カリタ ウェーブシリーズ ガラスドリッパー 155

●サイズ:ホルダー(ツバ部)直径/約105mm、高さ/約65mm


●容量:1~2杯用


●材質:本体/耐熱ガラス、ホルダー/ポリプロピレン


美しい透明感を持つ耐熱ガラスで作られたドリッパーです。ドリッパーとフィルターの接触面が少なくなり、長時間フィルター内の偏ったところにお湯がたまらず、スムーズにコーヒーが抽出されます。さらに、カリタ式の3つ穴設計により、長時間フィルターとウェーブゾーンにコーヒー液が滞留せず、雑味成分の抽出を最小限に抑え、美味しいコーヒーを楽しむことができます。

2位

ケーアイ ORIGAMIドリッパーエアーS

●サイズ:Φ120×70H/底穴Φ25


●容量:1~2杯用


●材質:AS樹脂


軽量で耐衝撃性に優れたAS樹脂製のドリッパーです。この特殊な材料により、気軽に持ち運びができ、コーヒーの抽出時に湯温を維持しやすいのが特長です。熟練の職人の手仕事と最新のテクノロジーが結びついて、高品質かつ安定したフロータクトを提供しています。このドリッパーは、バリスタにとって実用的な道具であることを目指しており、扱いやすさ、頑丈さ、コーヒーの価値向上を実現しています。

1位

カリタ コーヒードリッパー 101-D

●サイズ:ドリッパー/11.3×9.2×6.3cm、101濾紙/横13.4×縦8cm、メジャーカップ/サイズ:12×4.2×2.5cm


●容量:1~2杯用


●材質:ドリッパー/PP (ポリプロピレン) 樹脂、101濾紙/針葉樹パルプ、メジャーカップ/スチロール樹脂


特に注目すべき点は、側に伸びた長いミゾが、濾紙の固定を助け、コーヒーをサーバーへ導く役割を果たしています。さらに、このドリッパーは3つの穴を持つ特殊な設計です。コーヒーをためずに自然に滴下させることができ、雑味が抽出される前に美味しさだけを引き出すことができます。フィルターのサイズにもこだわりがあり、ドリッパーに合ったサイズのフィルターを使用することでより美味しいコーヒーを楽しめます。

コーヒードリッパーで暮らしを楽しもう

コーヒー愛好家にとって、高価な機器は必要ありません。手頃な価格のコーヒードリッパーでも、美味しいコーヒーを楽しむことは可能です。ペーパーフィルター、形状、素材、穴の数など、選び方に工夫を凝らすことで、自宅でのコーヒータイムが一層楽しみになります。予算に合わせて購入し、味の好みに合わせて調整すれば、コーヒーの魅力を存分に堪能できます。高級品にこだわらず、手軽なコーヒードリッパーで、日常の幸福感を底上げしましょう。