使ってわかった、キャンプに「ロードトリップ® グリル」があると安心な4つのワケ

コールマンのロードトリップ® グリルは、面倒な炭おこしの手間がかからないガス使用の本格 バーべキューグリル。炭では難しい繊細な火力調整や、左右で別の調理が作れたり、多彩な機能がついているのでこれ1台あれば、慣れていなくても簡単にバーベキュー料理ができますよ!


ロードトリップ® グリルでお手軽バーベキュー

151202_coleman9799
コールマンから発売されているガス式バーベキューグリル、ロードトリップ® グリルはどこにでも持ち運びできて簡単に料理の幅を広げてくれるアイテム。初心者の方でもおしゃれなキャンプ料理やバーベキューを楽しみたいという方にオススメですよ。

ロードトリップ® グリルシリーズに、従来品よりコンパクト化された新たな仲間「ロードトリップ® グリル エクスカーション」が登場!今回は、この新作を試しながら、ロードトリップ® グリルの魅力に迫ります。

【ロードトリップ® グリル  エクスカーション】

2000027316
最大火力 : 約5000kcal
燃焼時間:約2~4時間
重量:約16.5kg
使用サイズ:約99×56×高さ122cm
収納サイズ:約106×56×高さ30cm
「LXE-J」より一回り小さなサイズ。約10cmずつコンパクトになり 重さも1.5kg軽量されています。サイドテーブルは片側のみに付属。こちらには温度計は付属してません。
詳細はこちら


初めてのバーベキューやキャンプでロードトリップ® グリルを使うべき4つの理由

・準備から片付けまでが、簡単&早い!

151202_coleman9839
バーベキューシーンにおいてガス燃料のグリルというのはとても大きな魅力です。火力調節しやすく、初心者の方でも簡単に扱うことが可能で、炭に火をつけるまでのステップが点火ボタン1つで済むため、短時間で調理することができます。

また、炭の後始末もないので、炭の消火を待つことなく片付けることができるのも強み。子どもがいる方や、気軽にバーベキューをしたい方にはロードトリップ® グリルはぴったりなアイテムと言えるでしょう。

・天蓋付きなのでオーブン調理も可能
IMG_0131
天蓋がホウロウ加工されているので食材全体を高温で包むことができ、オーブン調理を可能にしているのがロードトリップ® グリルの特徴。フタを閉めることで蒸し焼きにし、分厚い肉の中までジューシーなまましっかり火を通してくれます。

・鉄板を設置できる
205597_02
付属のグレート(くぼみのある鉄板)の他に、グリドルと呼ばれる鉄板(別売り)をつければ網焼きの悩みである食材も落ちることなく調理できるので、細かくカットした食材の炒め物や水分を逃がしたくない料理などで大活躍してくれるはずです。鉄板であれば洗う手間も楽なので片付けもスムーズ。
※「LXE-J」と「エクスカーション」それぞれ専用の鉄板があります。

・ゴトクを付けられる
IMG_0149
フライパンからダッチオーブンまで調理でき、料理の幅がさらに広がるロードトリップ® グリル専用ゴトク(別売り)。ゴトクの方でコーヒーのためにお湯を沸かし、隣で鉄板を使いホットケーキを焼く、なんてことも可能ですね。
※ストーブグレートと呼ばれるこのゴトクは「LXE-J」と「エクスカーション」の共通で使用できます。

実際にロードトリップグリルを使ってみた!

・グレート&ふたを駆使して、スモークグリルチキンを作ってみた
IMG_0125

せっかくロードトリップ® グリルを使うなら、左右のコンロを駆使した料理を作ろう!ということでスモークグリルチキンに挑戦。

最初に皮目から焼き、表面をかりっとさせてから燻煙するとおいしさもアップ!表面がかりっとしたら、左側のグレートにチップをのせ、点火し、火を消した右側のグリドルに肉をのせ、ふたをします。庫内の熱と煙の力で肉に火を通して香り付けしていきます。



IMG_0128

ロードトリップ® グリルはグリルの面積がとても広いので、空いたスペースでチーズやウィンナーなど一緒に燻製させることも出来ますね。

・鉄板を使って、野菜炒め!
IMG_0138
鉄板の上なので、網目から落ちる心配なく豪快に炒められます。片口約2500kcalという強い火力であっという間に完成してしまいました。

IMG_0144
今回野菜を鉄板で調理してみて感じたのは、網焼きとは違い炭と化すことなく適度に焼けて様々な味にアレンジできるということ。確かに炭で楽しむバーベキューも雰囲気があって楽しいですが、やはり美味しく野菜をいただけるのは有難いです。

・デザートにはゴトクを設置、キャンプ料理の定番ホットサンド
IMG_0152ガスによる繊細な火力調整と安定した火力が備わっているので、火加減の不安等なくスムーズに焼くことができました。ゴトクは鍋やフライパンの他にも、ホットサンドを作るときにも便利ですね。

IMG_0150
このようにロードトリップグリルがあれば、焼き物はもちろん、オーブン加熱の料理や、鍋物、スモークなどの蒸し料理など、多彩な調理スタイルを可能にしてくれます。バーベキューには心強いアイテムです。

さらに今回意外な発見として、コールマンの「ラティスディッシュウェアセットカラフル」を使用したのですが、これが使い勝手がかなり良かったです。

というのも、大小様々な大きさの食器がセットになっているので、肉の下ごしらえや調理した料理の盛り付けも可能。もちろん小分け皿やカップ付属しているので、統一感のあるカラーリングでスタイリッシュに料理を盛りつけられました。


結論!ロードトリップ® グリルを使ってみて

IMG_0169
今回実際に作ってみた料理たちです。こう見てみるとボリュームたっぷりですが、これらの料理たちが短時間で効率よく調理できてしまったことに一番驚きました。

焼くのに忙しいバーベキュー中では、時間を有効活用することは重要なスキルになってきます。このロードトリップ® グリルであれば、初心者の方でも簡単に色んなバーベキュー料理にチャレンジできることを実感!

そして、キャンプでバーベキューも料理も楽しみたい場合、2バーナーのコンロにバーベキューグリルに加えそれぞれの燃料を持って行かなければならず、予想以上に荷物がかさ張ったという経験をお持ちの方もいるはずですが、ロードトリップ® グリルを持っていれば1台で済み、スマート化を実現できます!

・ロードトリップ® グリル  エクスカーションに興味を持った方はこちら
・ラティスディッシュウェアセットカラフルってどんなセットが付いているのか、気になった方はこちら

 

sponsored by コールマン

CAMP HACK 編集部
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!