見たままの映像が残せる「アクションカメラ」比較おすすめ16選

2019/04/24 更新

アクションカメラを全方位から比較調査!今おすすめの商品をメーカー別に一挙ご紹介します。普通のカメラでは撮影が難しいアウトドアやエクストリームスポーツなど、動きが激しいシーンでも撮影可能にするアクションカメラをいつものフィールドに取り入れてみませんか?


アイキャッチ画像出典:TAJIMA MOTOR CORPORATION

普通のビデオカメラとアクションカメラは何が違うのか

バイクに乗りながらアクションカメラで撮影 ズーム機能や手振れ補正が標準装備されたビデオカメラと違い、機能を最小限に絞り、軽量小型カメラでの撮影に特化しているのがアクションカメラ。広角レンズでの撮影によって、見たとおりの景色のような映像で撮影できます。

【アクションカメラの選び方】確認しておくべきスペックは?

必ず見ておくべきスペックは主に「画素数」と「フレームレート」。画素数は4K(830万画素以上)とフルハイビジョン(200万画素以上)どちらが必要か、自分の撮りたい内容や使い方と相談しましょう。

「フレームレート」とは、動画を分解したときの「コマ数」のこと。このフレームレートが高ければ滑らかな画像が撮ることができます。フレームレートの単位はfpsで、60fpsというのは1秒に60コマという意味。一般的には30fpsで十分なコマ数、60fpsあれば相当滑らかな動画です。

それではメーカー別にアクションカメラの人気機種16種をご紹介!

アクションカメラ「Nikon ニコン」

アクションカメラ Nikon ニコン KeyMission 360 一眼レフカメラで培われた技術力のNikonが、遂にアクションカメラを発売しました。360・170・80と画角がそのまま型番になっているラインナップは3機種。中でも360度全方位の動画が撮影できる新しい機能は、今最も話題のアクションカメラの一つです。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ クライミングしている男性

【4K UHD対応の革新的なリアル360°ムービー!ニコン KeyMission 360】

ニコンのアクションカメラKeyMissionシリーズのフラッグシップモデル。全ての機種が防水・耐衝撃性能を備え、Wi-Fi・Bluetooth・NFCも内蔵されているのがポイントです。

ITEM
ニコン KeyMission 360
静止画素数:2389万画素
動画最高画質:3840×2160
最高フレームレート:240p
サイズ:約65.7×60.6×61.1mm
重量:198g
液晶モニタ:なし
防水性能:30m
WiFi:有り
バッテリー:1050mAh

撮った画像は、ペアリング済みのスマホに自動で送られます。
ですからすぐにInstagramなどにアップ出来るのですごく便利!




アクションカメラ「GoPro ゴープロ」

アクションカメラの代名詞ともなっているのが「GoPro」です。サーフィン・スノボ等のエクストリーム系スポーツでも壊れない頑丈さを持ち、美しい風景のタイムラプスやスローモーション映像も表現できるGoProは「世界一多彩なカメラ」とよばれるほど評価が高く、人気のメーカーです。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ 釣りを楽しむ男性

【HERO4と比較して操作性がアップ!スマート操作が可能にったGoPro HERO5】

最新のGoPro HERO5シリーズは音声コントロールを搭載しています。簡単な操作は本体に触らず、しゃべればOK。今まで以上にスマートな撮影が可能です。

ITEM
GoPro HERO5 Session
静止画素数:1200万画素
動画最高画質:4K(3840×2160)
最高フレームレート:4K/30fps
液晶モニタ:なし(別売り)
防水性能:10 m
WiFi:有り
バッテリー:1000mAh

今まで動画の撮影をipodtouchでやってきましたが、初めてGOproで動画撮影した時とても美しい映像に感動しました。
映像もですし、手ブレ補正がしっかりきいており、自転車につけて撮影しても振動がほとんど写っていませんでした。


【驚異の4K動画と優れた耐久性。GoPro HERO5 Black】

新しいGoPro Heroのフラッグシップモデルです。2インチの液晶モニタはタッチ操作に対応しているので、トリミングなどの編集作業もこなせます。もちろん音声コントロールも搭載。

ITEM
GoPro HERO5 Black
静止画素数:1200万画素
動画最高画質:4K(3840×2160)
最高フレームレート:4K/30fps
液晶モニタ:有り
防水性能:10 m
WiFi:有り
バッテリー:1220mAh

今回目玉の新機能のひとつ、「ボイスコントロール」ですが、これはかなりイイ!!です。
ボタンに手を伸ばさなくても良いことがこんなに楽で効率的なのかと感激しました。


【超高解像度、高フレームレートが備わったGoPro HERO4 ブラックエディション】

GoProのアクションカメラシリーズの最上位モデル。4K動画や、240fpsという数値はもはやプロの領域に達しています。
液晶タッチパネルはついていないのでスマホとGoProをWiFiで接続し、専用のアプリで確認をすることが可能です。

ITEM
GoPro HERO4 ブラックエディション
静止画素数:1200万画素
動画最高画質:4K(3840×2160)
最高フレームレート:240fps
サイズ:69.5×70.5×39.0mm
重量:151g
液晶モニタ:有り
防水性能:10 m
WiFi:有り
バッテリー:1160mAh
その他:タイムラプスビデオ、ナイトフォト・ナイトラプス

GOPRO3+の不満な点を大分解消してくれたと思っています。やっぱり4K30Pはとても嬉しいのと、今まで夜は使えなかったのが4になり、少しは使えるようになった事が凄く助かります。これから、どんどん使って行こうと思っています。


【タッチで感覚的に動画撮影が可能。GoPro HERO4 シルバーエディション】

4K映像が撮影可能ながらも背面にタッチ液晶ディスプレイを備えているモデル。GoProから販売しているアクションカメラシリーズの中で最もスタンダードなモデル。

ITEM
GoPro HERO4 シルバーエディション
静止画素数:1200万画素
動画最高画質:4K(3840×2160)
最高フレームレート:120fps
サイズ:69.5×70.5×39.0mm
重量:146g
液晶モニタ:有り(タッチ液晶ディスプレイ)
防水性能:40 m
WiFi:有り
バッテリー:1160mAh
その他:タイムラプスビデオ、ナイトフォト・ナイトラプス

パタゴニアを旅した時に外人さん達はスマホやデジカメよりもGoPro利用率が高くて興味を持ち、購入に至りました。最高に遊べるカメラ!値は張っても上級モデルの方が便利で楽しいですよ。


【最小・最軽量なモデルでどんなシーンにも連れて行けるGoPro HERO Session】

GoProシリーズの中で最も小型軽量のボディを実現したモデルです。身体にカメラを装着して撮影する場合など、カメラの重さや大きさが邪魔になるようなアクティブなシーンで大活躍します。
防水ケースなどはなく、そのままでも10mの防水を備えています。

ITEM
GoPro HERO Session
静止画素数:800万画素
動画最高画質:1920×1440
最高フレームレート:100fps
サイズ:38.2×38.2×36.4mm
重量:75g
液晶モニタ:なし
防水性能:10m
WiFi:有り
バッテリー:1030mAh (交換不可)

ケースがないので海の撮影でも、声がしっかり聞こえて、しかも小さいのでパドルしながらでも凄く楽に撮影できました。


アクションカメラ「SONY ソニー」

アクションカメラ SONY ソニー サイクリングをする男性 出典:SONY

もともとハンディカムの開発によって手ブレ補正のノウハウに強かったSONYが、コンパクトで扱いやすい手ブレ補正のあるアクションカメラを生み出しました。ハンディカムの遺伝子を色濃く受け継いでいて、形状からもハンディカムの小型版のような、誰でも簡単に扱えるのが特徴です。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ パラグライディングを楽しむ男性
出典:4K FILME

【ハンディカム技術が活かされた「手振れ」に強い ソニー FDR-X1000V】

HDモード時のみ4K撮影が可能になり高精細な映像を楽しめるアクションカメラ。本体のみでも水しぶきに程度であれば大丈夫な防滴ボディなので、本体のみで天候を選ばず撮影できます。

ITEM
ソニー FDR-X1000V
静止画素数:879万画素
動画最高画質:4K(3840×2160)
最高フレームレート:240fps
サイズ:24.4mm x 51.7mm x 88.9mm
重量:114g
液晶モニタ:ライブビューリモコン付属
防水性能:3m(ウォータープルーフケース装着時)
WiFi:有り
バッテリー:1240mAh

想像以上の商品です。4Kの解像度にしなくても、全然大丈夫です。


【4K動画は不要という方にはこちらがおすすめ。ソニー HDR-AS200V】

4K撮影はできませんがフルハイビジョンでの撮影が可能なモデル。付属のライブビューリモコンを使えばカメラを触らずに本体操作や画像確認ができます。

ITEM
ソニー HDR-AS200V
静止画素数:879万画素
動画最高画質:1920×1080
最高フレームレート:240fps
サイズ:24.2mm x 46.5mm x 81.5mm
重量:93g
液晶モニタ:ライブビューリモコン付属
防水性能:3m(ウォータープルーフケース装着時)
WiFi:有り
バッテリー:1240mAh

登山・スノーボード・サーフィンで使用しました。臨場感ある動画が撮れました‼︎




【最軽量ながらもフルハイビジョン/60p撮影に対応した ソニー HDR-AS50】

ソニーのラインナップの中で最も軽量なアクションカメラです。ライブビューリモコンも小型化されて、より様々な箇所へ装着ができるようになりました。

ITEM
ソニー HDR-AS50
静止画素数:1190万画素
動画最高画質:1280×720
最高フレームレート:120fps
サイズ:24.2mm x 47.0mm x 83.0mm
重量:83g
液晶モニタ:ライブビューリモコン付属
防水性能:3m(アンダーウォーターハウジング装着時)
WiFi</strong>:有り
バッテリー:1240mAh

軽い。かさばらない。耐水性がある。充電器がない。PC必須。慣れればあつかいやすい。


アクションカメラ「PANASONIC パナソニック」

アクションカメラ PANASONIC パナソニック アクションカメラを装着した男性 出典:panasonic
パナソニックの商品はアクションカメラというよりかは「ウェアラブルカメラ」と呼ばれる、身につけられることに焦点を置いたカメラ。しかし防水性能や4K画質に対応するなど、アウトドアでも十二分に力を発揮できる製品を発表しています。
いかに見たままの映像を残すか、その場の感動や臨場感をよりリアルに追体験できるかをパナソニックは追求しています。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ マウンテンバイクで走り抜ける男性
出典:youtube

【約45gという驚愕の軽さ、どんな動画も見逃さないパナソニック HX-A1H-D】

徹底した軽量化で、質量約45gという軽さを実現した一体型のアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)です。手軽に身に着けられて、長時間装着しても頭部への負担が少ないため、撮影者の目線の臨場感ある映像が手軽に撮れます。

ITEM
パナソニック HX-A1H-D
静止画:2176×1224
動画最高画質:1920×1080/30fps
最高フレームレート:60fps
サイズ:26mm x 83.1mm
重量:45g
液晶モニタ:なし(ワイヤレスワイプ撮り機能あり)
防水性能:1.5m
WiFi:有り
バッテリー:480mAh

撮影時間は短いけど、編集考えるとこのぐらいで丁度いいと思います。


【より高画質に動画を残せる。パナソニック HX-A500-D】

本体とカメラが別で、ケーブルでつながっているタイプの機種です。4Kの高精細に残ブレ補正と傾き補正も搭載し、きれいな動画が撮れます。
パナソニックの2点は、頭部につけて使用する場合、最も優れた機種の1つではないでしょうか。

ITEM
パナソニック HX-A500-D
静止画最高画質:5376×3024
動画最高画質:3840×2160/30fps
最高フレームレート:60fps
サイズ:59.5mm x 94.0mm x 26.7mm
重量:185g
液晶モニタ:あり
防水性能:3m
WiFi:有り
バッテリー:最大2時間10分撮影可能

二日間のクライミングの際に使用しました。天候は終始風雨、後100%ガス。(最悪の天候でしたが(笑))防水仕様という事で、躊躇せず使用しましたが、少々残念な事に本体側の液晶部分に若干の水分侵入がありました。それ以外はバッテリー稼働時間や使い勝手、また記録された画像の鮮明さに関しては、99点といったところでしょうか。これから使いこなしていきますが、初めての使用にしては充分満足のいく商品でした。


アクションカメラ「OLYMPUS オリンパス」

アクションカメラ OLYMPUS オリンパス  アウトドア仕様のデジカメとして定評があるオリンパスのT(Tough)シリーズ。その魅力を詰め込んだアクションカメラが「TG-Tracker」シリーズとして登場しました。フィールドセンサーを内蔵し、動画に撮影時のGPS情報や速度などの表示が可能。新しい動画の楽しみ方ができそうです。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ パラグライディングを楽しむ男性

【撮影時に役立つギミックが備わっている オリンパス STYLUS TG-Tracker】

夜でも撮影できるヘッドライトが搭載され、撮影が安定する可動式グリップや水中用プロテクダーも同梱されています。アクセサリーを別途購入しなくていいのはウレシイですね。

ITEM
オリンパス STYLUS TG-Tracker
静止画素数:720万画素
動画最高画質:4K
最高フレームレート:4K/30p
サイズ:35x56.5x93.2 mm
重量:180g
液晶モニタ:あり
防水性能:30m
WiFi:有り
バッテリー:1350mAh

個人的には、GoPro Hero3 BEより画質はいいかなと感じる。
ワイドな画角がワイドな映像に向くかと思うけど、ヘッドライトの関係でむしろ水中は
マクロ気味の撮影の方が、向いてる気もする。


アクションカメラ「CASIO カシオ」

アクションカメラ CASIO カシオ 出典:CASIO
カシオはデジカメ文脈ながらアクションカメラにもなる分離型フリースタイルカメラを発表しています。○と□で構成された形はとてもユニークで、かつ色んな環境に馴染みやすいアウトドアライクな配色が男性にはたまらないのではないでしょうか。
付属のスタンドを使えば自立することも可能。自由度の高い様々なアングルからの撮影が楽しめます。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ パラグライディングを楽しむ男女
出典:CASIO

【自由度の高いセパレートタイプが魅力。カシオ EXILIM EX-FR10】

ハイライトフォト、ハイライトムービーといった自動まとめ機能もあり、日付とレイアウトを指定するだけで、楽しい時間が詰まったコンテンツを簡単に作成できます。

ITEM
カシオ EXILIM EX-FR10
静止画素数:1400万画素
動画最高画質:1920×1080
サイズ:60.9mm x 153.1mm x 34.2mm
重量:175g
液晶モニタ:あり
防水性能:1.5m
WiFi:有り
バッテリー:連続撮影約1時間

旅行に行ってなかなか2人で撮るのが難しかったでもこのカメラはバッチリですね。カメラを高い位置から撮るのも良いですよ。ただフラッシュか赤外線もほしかったかな。


【特徴は変わらず、よりスペックが進化したカシオ EXILIM EX-FR100】

FR10の後継機で、デザインはそのままに液晶モニターやレンズの広角が一回り大きくなり、手ぶれ補正も強化されています。

ITEM
カシオ EXILIM EX-FR100
静止画素数:1020万画素
動画最高画質:1920×1080
サイズ:60.9mm x 154.8mm x 38.7mm
重量:214g
液晶モニタ:あり
防水性能:1.5m
WiFi:有り
バッテリー:連続撮影約90分

さいしょのかめらはれんずが標準だったので今回は広角ワイドレンズで写真撮影の幅が広がりました。楽しく利用しています。




アクションカメラ「Kodak コダック」

アクションカメラ Kodak コダック 出典:Kodak
コダックは、水平360度、垂直235度の撮影を可能にしたアクションカメラを発表しています。2台の底面を重ねて撮影すると「360度の全天球動画」が撮影できたり、他のメーカーとは違った魅力があります。

▼動画をチェック!実写サンプル

アクションカメラ ツーリングを楽しんでいる男性
出典:Kodak

【臨場感たっぷりな360度動画が撮れる!コダック PIXPRO SP360 4K】

撮影画角が全方位撮影できるので、置くだけでほぼすべてのシーンを逃すことなく撮影できます。4K動画の他にもタイムラプスや高速動画撮影機能も備えています。

ITEM
コダック PIXPRO SP360 4K
静止画素数:1240万画素
動画最高画質:3840×2160
サイズ:48×50×52.5mm
重量:102g
モニタ:あり
防水性能:IPX5(別途水中用ケース有)
WiFi:有り
バッテリー:連続撮影約55分

アクションカメラ「RICOH リコー」

アクションカメラ RICOH リコー 出典:RICOH
RICOHから出ているアクションカメラ「RICOH WG-M1」は専用の水中ハウジング(ケース)を装着することなく、水深10mの防水性能と高さ2mからの耐落下衝撃性能、マイナス10℃の耐寒性能を備えた防水アクションカメラです。

▼動画をチェック!実写サンプル

ハンドルにアクションカメラを設置する男性
出典:RICOH

【アウトドアでの過酷な環境でも使いやすいよう考慮された リコー WG-M1】

高さ2mから落としても大丈夫という見た目通りのタフ設計。大型ボタンを配置していて手袋でもとても操作しやすく、思い立ったときにすぐ撮れるのも大きな魅力です。

ITEM
リコー WG-M1
静止画素数:1400万画素
動画最高画質:1920×1080/30fps
最高フレームレート:120fps
サイズ:66.5(W)×42.5(H)×89.5(D)mm
重量:190g
液晶モニタ:あり
防水性能:10m
WiF:有り
バッテリー:連続撮影約150分

バイク動画の撮影のため、色々なカメラを探した結果、このカメラに辿り着いた。防水性、頑丈性、操作性、手振れ補正、程よい画質を重視される方にはおすすめです。バイクに設置して撮影しましたが、振動もちゃんと補正され満足する動画が撮れました。解像度によって変わるが、フル充電で概ね2時間位は撮れそうでした。


アクションカメラでどんな瞬間も逃さない

昔のアクションカメラ 出典:ipod.item
キャンプや登山、サイクリングなどのアウトドアシーンはもちろん、家族との旅行や子どもと遊ぶ時間にもアクションカメラは活用できるかもしれません。
普段なら絶対に撮り逃しているシャッターチャンスを、アクションカメラでつかまえてみてはいかがでしょうか?

 

CATCH WITH ACTION CAMERA!

アクションカメラで見逃さない!

 

紹介されたアイテム

ニコン KeyMission 360
サイトを見る
GoPro HERO5 Session
サイトを見る
GoPro HERO5 Black
サイトを見る
GoPro HERO4 ブラックエディシ…
サイトを見る
GoPro HERO4 シルバーエディシ…
サイトを見る
GoPro HERO Session
サイトを見る
ソニー FDR-X1000V
ソニー HDR-AS200V
サイトを見る
ソニー HDR-AS50
サイトを見る
パナソニック HX-A1H-D
サイトを見る
パナソニック HX-A500-D
サイトを見る
オリンパス STYLUS TG-Trac…
サイトを見る
カシオ EXILIM EX-FR10
カシオ EXILIM EX-FR100
サイトを見る
コダック PIXPRO SP360 4K
サイトを見る
リコー WG-M1
サイトを見る

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!