編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE

【アンダー1万円】365日履ける「ハイテック」のレインシューズが都合良すぎでした(2ページ目)

SPONSORED

ミリタリーライクで無骨かわいい
「ピートランド」

ピートランド2足

1980年代にアメリカ軍で採用されていたオーバーブーツを洗練させたかのような、無骨でかっこいいデザインが特徴の「ピートランド」。

ミッドカットなので、コーデに取り入れやすいのも魅力です。

カラーは、ブラックとカーキの2色。メンズ用とレディース用の両方展開されています。

ブーツなのに脱ぎ履きがイージーすぎる

履きやすいピートランド

テントの出入りの際、ブーツだと脱ぎ履きが面倒になりがち。「ピートランド」はハイカットのブーツなのに、そんな脱ぎ履きもストレスフリー

ピートランドの履き口

秘密はこの折り紙のようにガバッと開く作り。ゴムコードとボタンで留まっているので、ワンアクションでシューズに足を通せるんです!

ピートランドのカーキ

さらに、かかとには、反対の足でグイッと踏んで脱ぎやすくするキックバック(突起部分)も設けられていて、地味に便利!

ちなみに、カーキカラーのブランドパッチは、アクセントの効いたイエロー仕様になっています。

ワイルドに遊べるのに、綺麗目コーデもOK!

ピートランド

ソールとアッパーが一体になった長靴なので、防水性は抜群。水位が履き口部分を越えなければ水が侵入してこないので、川の浅瀬ならザブザブ入れちゃいます。

冬は雪中キャンプでも活躍してくれそうです。

ピートランド

アッパーの素材が柔らかいので、つま先を曲げやすく、動きやすいのもポイント。インソールのクッション性も良く、履き心地も快適に作られています。

室内でピートランドを履く

フィールドでガシガシ使える機能性の高さがありつつ、シックでシンプルなデザインなので、綺麗めコーデにもハマってしまうのが「ピートランド」の都合の良いところ。

コーデに迷いがちなあなたの救世主になってくれることでしょう。

レインシューズに見えない、都会顔モカシン「ヴォルクモカ」

ヴォルクモカ2足

アメリカ先住民の日常履きレザーシューズがルーツのモカシンを、現代的なデザインにアップデートしたのがこの「WOLK MOCCA(ヴォルクモカ)」。

さらにレインシューズとして機能するよう防水性を高め、履き心地もアウトドアと日常どちらも使えるバランスに最適化された1足です。

カラーは、ブラックとマスタードの2色。こちらも、メンズ用とレディース用、両方展開されています。

モカシンなのにハイテクな素材使い

アッパー

防水性と履き心地のポイントは、その素材使い。

伝統的なモカシンシューズは、本革を使ったものが主ですが、防水性を重視して、防水加工された人工レザーを使用しているのがポイント。

ドライハイライト

サイド部分には防水性と透湿性に優れたハイテク素材「ドライハイ ライト」を採用しています。防水だけでなく蒸れにくいのは、長時間シューズを履いて過ごすキャンプにはうれしいですよね!

人工レザー

かかと部分は、ブラックの人工レザーに切り替えられています。脱ぎ履きや歩行中に汚れたり、擦れたりしがちな箇所だけに、うれしい気遣いです。

レインシューズなのにスニーカーみたいな履き心地

ヴォルクモカ

シューズに使われている素材が軽いので、歩いたときの一歩一歩が軽いのも良さ。見た目は重厚なモカシンライクなデザインなのに、まるでスニーカーのような履き心地。

カフェでヴォルクモカを履く

スニーカー感覚で履けて歩きやすいので、雨じゃなくても履いてしまうこと間違いなし。ビジネスカジュアルにも馴染むデザインです

【2足でも1.8万円以下】良心価格が過ぎるぜ……!

ピートランドとヴォルクモカ

アウトドアと街の晴れ履きにも使える、好デザインのレインシューズなのに、どちらもアンダー1万円なのも魅力です。

ピートランド」は税込¥9,350「ヴォルクモカ」は税込¥8,250なので、それぞれ1足ずつ揃えても、17,600円。2万円でお釣りが出ます!!

さすが、コスパの高さが人気のハイテック。にしても良心価格が過ぎませんか!?

ハイテックの新作レインシューズは、都合が良すぎた

男女キャンパー

ハイテックの新作「ピートランド」と「ヴォルクモカ」は、晴れの日も履きたくなる快適さと、フィールドでも日常でも使えるデザインを兼ね備えた都合の良すぎるハイコスパなレインシューズでした。

雨に日常的に備えつつ、外遊びやファッションを楽しみたい方は要チェックな2足です!

撮影協力:オートキャンプせせらぎ、P cube

Sponsored by 株式会社ムーンスター

2 / 2ページ