CAMP HACK[キャンプハック]


Mossテントおすすめ6選とメンテナンス方法1・2・3! | 4ページ目

0



 

Mossテントのメンテナンス

テントクリーニングの必要性
テントクリーニング 太陽、雨、風と様々な環境から私たちを守ってくれるテント。使い込むほど、溜まっていく汚れ、落ちていく撥水力。その他のアウトドアギアを手入れするように、テントのお手入れも忘れずに!特に貴重なMossテント。長く大切に使うためにも、専門職人に「汚れ落とし」「撥水加工」「UV加工」「乾燥」全ておまかせするのが近道です。

「PORON-T」を使い、自分で防水加工! 

防水剤 PORPN-T 1kg

シリコーン系撥水剤の「PORON-T」と、塗布用の刷毛やプラケースを用意。
あとはテントを軽く水洗いし、しっかりと張って乾かした後ですと、ムラなく塗れます!
※必ず屋外での作業を。また、液体が目や皮膚に飛ぶと危険です!メガネや手袋を使用するなど、十分に注意して使用してください。



テントクリーニングはここにおまかせ

テントクリーニング.com
職人洗い、撥水加工とUV加工(オプション)、自然乾燥の順で丁寧に仕上げます。MOSSの素材も適宜見極めて仕上げてくれます。
工場着から5日~1週間が仕上がり目安です。
テントクリーニング.com:http://tent929.com/index?2

そらのした
アウトドアギアのレンタルショップが行うサービス。エコノミーとデラックスの2つのコースがあり、テントの状態や希望から選択できます。
そらのした:http://www.soranoshita.net/cleaning/index.html

洗匠屋
長年蓄積したノウハウで、1つ1つ手洗いでゴミ・汚れを除去→強力な撥水剤に漬け込む→撥水効果が向上する加工が施され、防菌仕様にもなって戻ってきます。
洗匠屋:http://www.sentaku-ya.jp/

巡り合いたいMossテント

モステント ブランドが消滅した今も、多くのキャンパーが求めるMossテント。本当に入手困難ですが、めげずに探し続ければ巡り合えるかもしれません。そして、臭いやメンテナンスが気になる、という声も。大切に使うためにも、自身でやれることはもちろんやっておきたいですが、プロの手を借りてきちんと見てもらうのをオススメします!

 

Don’t Miss Moss Tent!
Mossテントを逃すな!


紹介されたアイテム

みきお

みきお

熱し易く冷めにくい、万年ダイエッター。 珍しいもの・可愛いものを見つけては、キャンプで使おうと考えるのがクセ。ロックバンドのライブやフェス参戦が大好きで、汗まみれ血まみれ慣れっこ。ライターとして執筆活動を行う一方で、翻訳もひっそり修業中。

関連記事