最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

【スキマ時間に】ついつい大人たちが夢中になっちゃう、“キャンプ映えトイ”の魅力とは?(2ページ目)

AD for Outdoor

キャンプ場でタクティカルムーバーの撮影にTRY

キャンプ場でジオラマ撮影をするなら、例えばこんな場所がおすすめ。

背景に川が映り込むようにするだけで、屋内では撮影できない、アウトドアならではの臨場感を演出できます。

 

マツダ
こうやって表情とストーリー、背景などを意識しながら、ポージングさせてっと……

 

 

カモ
これ、すごい迷っちゃうなぁ(笑) でも、この考えている時間が楽しい!

 

 

マツダ
関節がしっかりしているから、ポーズを取らせるのがほんとにクセになりますなぁ(笑) こういうワクワクは久しぶりでっす!

 

さて、どんな作品が出来上がるのでしょうか?

それぞれの作品を発表!

タケダ隊員
それでは、それぞれの作品が撮り終わったということで、発表をしましょうか!

編集部・カモの作例①

タイトル:「ODプラネット侵攻」

カモ
水辺のグリーンを活かし、ジャングルに潜んでいるような雰囲気を演出しました。“OD”は「Out  Door」の頭文字です(笑)
マツダ
前ボケしているガンマヴァーサルターもポイント!
タケダ隊員
遠近感を写真内で演出することで、作品の奥行きが出ますね〜

編集部・カモの作例②

タイトル:「攻防戦の果てに」

カモ
薪を上手に使って、被弾した仲間の機体を引き上げるような演出をしてみました!
マツダ
おお! この構図は“戦場における兵士達の絆”を感じさせますね
タケダ隊員
ストーリーの中心となる2機だけでなく、背後に1機配置させていることもポイント高し!

編集長・マツダの作例①

タイトル:「前線の守護神に光あり!」

マツダ
キャンプの大定番ギア、「シェラカップ」を利用して撮影してみました
カモ
おぉ! シェラカップを遮蔽物に見立てるとは! 技ありです!
タケダ隊員
ともすればコミカルになりがちな、ロボットトイのジオラマ撮影。スケールを活かした絶妙な表現力ですな!

編集長・マツダの作例②

タイトル:「空中戦を制すものは、戦闘を制す」

マツダ
「ウイングブースター」(飛行機能)がついた、この機体が得意とする空中戦闘をイメージできるように仕かけてみました
カモ
ランタンハンガーにぶら下げるなんて、これぞキャンプでしか撮れない1枚ですね!
タケダ隊員
ランタンがあることで、光源越しに表情が見えるのも高ポイント! キャンプ場における撮影の、これぞお手本とも言えますね

まとめ

 

タケダ隊員
さて……キャンパーの2人にとっては、今回がダイアクロン初体験となったわけだけど、実際に触れてみてどうだった?
マツダ
想像以上にポージングが捗り、気付いたら夢中になってました(笑) 時間があっという間に感じましたね!

 

 

カモ
ミリタリー色が強いからか、意外にもキャンプギアとの相性が良くて。最初は正直、かなり斜に構えていましたけど、やってみるとその世界に引き込まれてしまいました
タケダ隊員
ロボットトイというと、どうしても自宅で飾ったり、コレクションすることが正しい楽しみ方と思われるかもしれないけど、それだけでは勿体無い!

最近はスマホのカメラもかなり精度が高くなっていて、広角で撮影できたりもするから、ぜひいつものキャンプに連れ出して、アウトドアだから撮れる自分だけの作品を写真に収めてみよう!

 

こうして、CAMP HACK編集部による、初めての“ダイアクロン体験”は幕を閉じた。

 

 

しかし、タクティカルムーバーの戦いはこれからも続くのである……。

(おわり)

 

\お知らせ/
タクティカルムーバーシリーズ初の水中機動マシン登場!

ダイアクロン アルゴヴァーサルター〈ボイジャーユニット〉

対象年齢15歳以上
発売元:タカラトミー
価格:8,800円(税込)
2023年1月12日(木)予約受付開始
2023年6月下旬発売予定
※写真は試作品の為、最終仕様とは形状や彩色が異なる場合があります。

アルゴヴァーサルターの予約ページはこちら

 

sponsored by 株式会社タカラトミー
撮影協力:RECAMP 小田原

2 / 2ページ