最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ピコグリル「398」で焚き火

【使用レビュー】ピコグリル「398」を実際に使った評価は?

ピコグリル「398」を使用レビュー! リアルな評価・口コミが気になる人に向けて、実際に焚き火や料理をして分かったメリット・デメリットを紹介します。

サイズや重さ、組み立て方、使い方などの詳しい情報も分かります。ほかの人気焚き火台と比較したおすすめランキングも要チェックです。

目次

記事内画像撮影:筆者

ピコグリル「398」をレビュー!

ピコグリル 398

使用サイズ約38×25×24.5cm
収納サイズ約33.5×23.5×1cm
重量442g
素材ステンレス鋼

スイスのブランドであるピコグリルの「398」は、ソロキャンプで人気が高い薄型タイプの定番焚き火台として親しまれています。

記事執筆時点における販売価格は14,000円(税込)ほど。他メーカーの同じようなサイズの焚き火台と比較すると、やや高めの金額です。

ピコグリル「398」のサイズや重さ

ピコグリル「398」の収納サイズ

最大の特徴のひとつが、収納時のコンパクトさ。折りたたむとA4サイズほどの大きさに収まり、とても薄くなります。パーツを含めた総重量も約450gとかなり軽量です。

ピコグリル398を持つ

持ってみると、クラッチバッグを抱えるような形で持つことができます。徒歩キャンプのバックパックにも問題なく入りますね!

ピコグリル「398」の組み立て方

 

かなりコンパクトに収納できるぶん、組み立て方はやや特殊

少し力を入れて曲げなくてはいけない部分もあるため、壊してしまわないように気をつけながら組み立てました。

ピコグリル「398」の使い方と評価

ピコグリル「398」の評価
取り扱いやすさ★★☆☆☆
料理のしやすさ★☆☆☆☆
持ち運びやすさ★★★★★
コストパフォーマンス★★☆☆☆
※上記は付属品のみを使用した検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ピコグリル398で焚き火

使ってみると、薪を横にして入れる必要はあるものの、奥行きが深いので大きめの薪でもOK。

ピコグリル398に大きめの薪を入れる

脚の上に伸びた部分がガードしてくれるため、太めの薪を乗せて大きな火を楽しむこともできます

ピコグリル398に着火

炉がV字になっていて、ちょうど良い空間ができるので、着火はとても簡単でした。

ピコグリル398のロゴ

細かい部分になりますが、「picogrill」の彫り込みもおしゃれです!

ピコグリル398のゴトク

ただし、本格的に料理をするなら付属品だけでは難しいかもしれません。

焚き火台の上に乗っている付属品はゴトクではなく、食材を刺して焼く「スピット(串)」です。

ピコグリル398に調理器具を乗せる

画像のように、軽い調理器具を上に乗せること自体は不可能ではありませんが、固定されているわけではないので注意してください。

ピコグリル398で料理中にメスティンが落ちる

ちょっとした衝撃でズレて調理器具が落ちてしまう可能性もあるので、使い方に応じて以下のような網を用意するようにしましょう。

ピコグリル ピコグリル専用グリル網

サイズ約30cm×16cm×0.4cm
重量約150g
素材ステンレス
メリット&デメリット
メリット●徒歩キャンプにも対応可能な薄さと軽さ
●炉がV字構造になっていて着火が簡単
デメリット●付属品だけで本格的な料理は難しい
●組み立てには多少慣れが必要
※上記は付属品のみを使用した検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ピコグリル 398

使用サイズ約38×25×24.5cm
収納サイズ約33.5×23.5×1cm
重量442g
素材ステンレス鋼

ほかの人気焚き火台と比較したランキングは?

箱に入った7種類の焚き火台

ピコグリル「398」を含め、人気の焚き火台7製品を実際に使用し、薪のくべやすさや料理のしやすさ、持ち運びやすさ、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングのほか、選び方のポイント、シート・テーブル・ゴトク・ロストルといったあると便利な関連アイテムを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ