最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ベルモント「焚き火台 TABI」で焚き火

【使用レビュー】ベルモント「焚き火台 TABI」を実際に使った評価は?

ベルモント「焚き火台 TABI」を使用レビュー! リアルな評価・口コミが気になる人に向けて、実際に焚き火や料理をして分かったメリット・デメリットを紹介します。

サイズや重さ、組み立て方、使い方などの詳しい情報も分かります。ほかの人気焚き火台と比較したおすすめランキングも要チェックです。

目次

記事内画像撮影:筆者

ベルモント「焚き火台 TABI」をレビュー!

ベルモント 焚き火台 TABI

使用サイズ23.7×36×17cm
収納サイズ17.8×36×1.5cm
重量約423g
素材本体:チタニウム,18-8ステンレス
収納袋:ナイロン
耐荷重火床15kg/網5kg

TABI」は新潟県燕三条発のブランドであるベルモントの代表的なアイテムで、焚き火台の定番製品のひとつです。

定価は11,000円(税込)と、少し高めに設定されていますが、チタン製であることを考えると納得の価格ではないでしょうか。

ベルモント「焚き火台 TABI」のサイズや重さ

ベルモント「焚き火台 TABI」の収納サイズ

大きさはコンパクトかつ超薄い! リュックの中に収納しても、入っていることを感じさせないくらいのサイズ感です。

重さも400gほどと、焚き火台とは思えないような軽さになっています。

ベルモント焚火台TABIを持つ

持ってみてもこのとおり。サイズ感をお伝えするために抱えて持っていますが、指でつまんで持てそうなほど軽かったです。

ベルモント「焚き火台 TABI」の組み立て方

 

コンパクトさ、軽さでは群を抜いていましたが、組み立てにはひと癖あり、動画のようにある程度スムーズな組み立てができるまでに10テイクほどかかりました。

極限までコンパクトにして軽い素材で焚き火台を作っているため、パーツ数が増えて組み立てに時間がかかるのは仕方ない面もありますが、慣れるまでは説明書をチェックしながら組み立てても難易度は高めといえます。

ベルモント「焚き火台 TABI」の使い方と評価

ベルモント「焚き火台 TABI」の評価
取り扱いやすさ★★☆☆☆
料理のしやすさ★★☆☆☆
持ち運びやすさ★★★★★
コストパフォーマンス★★☆☆☆
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ベルモント焚火台TABIで焚き火

薪は横にしか置くことができないものの、きれいに組めば問題ないくらいの火加減になります。

脚は細いものの意外と丈夫で、大きめの薪を置いても安定感があります。

ベルモント焚火台TABIの空気穴

横の壁部分には適度な隙間が空いていており、底にも隙間が空いているので燃焼効率が高くなっています

ただし、火が強くなりすぎると、底面の穴から火が吹き出すこともあります。撮影はできませんでしたが、風で急に火が強くなり、底から火が漏れて「危ない」と思うタイミングがありました。

ベルモント焚火台TABIの炉のサイズ

また、薪のサイズには注意が必要。今回持参した30cmくらいの薪がちょうど炉に収まるサイズになります。

市販の薪の中にはもっと長いものもあるので、場合によっては薪を小さく割る必要がありそうです。

ベルモント焚火台TABIで料理

TABI(BM-263)に付属するゴトクを使うと、焚き火台の半分の面を使って料理をすることができます。半分空いているぶん、手軽に薪を入れたり火加減を調節したりできるのはメリットです。

ただし、面積が限られているので、上に乗せるのはメスティンとポットの2アイテムが限界です。

ベルモント焚火台TABIにダッチオーブンを乗せる

一応ダッチオーブンを置くことはできましたが、網の耐荷重は5kgで、焚き火台の片側に重さが偏って倒れる可能性もあるのでやめておきましょう。

メリット&デメリット
メリット●薄くて軽いのでリュックにも入れやすい
●付属の焼き網で料理ができる
デメリット●組み立てには慣れが必要
●薪のサイズは30cm程度が上限
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

ベルモント 焚き火台 TABI

使用サイズ23.7×36×17cm
収納サイズ17.8×36×1.5cm
重量約423g
素材本体:チタニウム,18-8ステンレス
収納袋:ナイロン
耐荷重火床15kg/網5kg

ほかの人気焚き火台と比較したランキングは?

箱に入った7種類の焚き火台

ベルモント「焚き火台 TABI」を含め、人気の焚き火台7製品を実際に使用し、薪のくべやすさや料理のしやすさ、持ち運びやすさ、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングのほか、選び方のポイント、シート・テーブル・ゴトク・ロストルといったあると便利な関連アイテムを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ