最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
スノーピーク「焚火台 M」で焚き火

【使用レビュー】スノーピーク「焚火台 M」を実際に使った評価は?

スノーピーク「焚火台 M」を使用レビュー! リアルな評価・口コミが気になる人に向けて、実際に焚き火や料理をして分かったメリット・デメリットを紹介します。

サイズや重さ、組み立て方、使い方などの詳しい情報も分かります。ほかの人気焚き火台と比較したおすすめランキングも要チェックです。

目次

記事内画像撮影:筆者

スノーピーク「焚火台 M」をレビュー!

スノーピーク 焚火台 M

使用サイズ35×35×24.8cm
収納サイズ45×51.5×3.2cm
重量3.5kg
素材本体:ステンレス
ケース:ナイロン

焚火台 M」は、『焚き火台』という商品ジャンルを作り上げたスノーピークの象徴的なアイテムです。

今回用意したMサイズのほか、Sサイズ、Lサイズもあるので、使用人数に応じて大きさを選ぶことができます。

定価は14,300円(税込)と、同サイズの焚き火台の中ではやや高めの設定。また、網やゴトクなどは付属しないため、純正パーツで料理をするには定価5,500円(税込)の「焚火台グリルブリッジ M」と「焼アミ Pro.M」を別途購入する必要がありました。

スノーピーク 焚火台グリルブリッジ M

使用サイズ35.2×37.3×15cm
収納サイズ35.2×37.3×2.2cm
重量1.1kg
素材ステンレス

スノーピーク 焼アミ Pro.M

サイズ38.9×35.2×1.9cm
重量1.3kg
素材スチール(クロームメッキ)

スノーピーク「焚火台 M」のサイズや重さ

スノーピーク「焚火台 M」の収納サイズ

折りたたみ式なので、収納時はかなり薄くなります。別売の網とグリルブリッジも一緒にケースに入れることができました。その2つを入れても厚くならず、かさばりづらくなっています。

一方で、丈夫なステンレス製ならではの重厚感があり、重さは3.5kgとかなりヘビー。網とグリルブリッジを入れるとさらに重くなります。

スノーピーク焚火台Mを持つ

画像だと重さは伝わりにくいですが、実際に持ってみるとかなり重たかったです。車を横付けできるオートサイトでないと、持ち運びが少し大変かもしれません。

スノーピーク「焚火台 M」の組み立て方

 

組み立てやすさは見てのとおり。焚き火台を広げるだけで完成するので、組み立てにかかる時間は3秒ほどと、かなり早く組み立てることができました。

初見でも簡単に組み立てられるため、アウトドア初心者の方でも安心です。

スノーピーク「焚火台 M」の使い方と評価

スノーピーク「焚火台 M」の評価
取り扱いやすさ★★★★★
料理のしやすさ★★★★★
持ち運びやすさ★★☆☆☆
コストパフォーマンス★☆☆☆☆
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

スノーピーク焚火台Mで焚き火

実際に使ってみると土台に安定感があり、底も深いので、大きめの薪でもジャンジャン入れることができます。

スノーピーク焚火台Mで着火

今回は火起こしに着火剤を使用しましたが、焚き火台が下に向かって細くなる形状になっているので、最も低い部分に着火剤が入り、その上に隙間を作って薪をくべることができました。

薪のくべやすさという意味でも、やはり初心者の方におすすめできる焚き火台といえます。

スノーピーク焚火台Mの空気穴

焚き火台の側面には穴が空いており、適度に空気が送り込まれるため、燃え上がりも早くなります。

さらに、側面が壁の役割を果たしてくれるので、多少の風なら過剰に炎が上がる心配はなさそうです。

スノーピーク焚火台Mで料理

そして、別売りのパーツを購入すれば……という条件つきではありますが、料理のしやすさは超秀逸!

ダッチオーブンにメスティンにポット、すべてのアイテムを置くことができます。脚がしっかりしていて、安定感も抜群です。

スノーピーク焚火台Mで調理中に薪を入れる

また、網と焚き火台の間にも大きめのスペースが空いているので、薪いじりも楽々。太めの薪も横から追加することができます。

調理器具の使いやすさ、火力調節のしやすさは圧倒的ナンバーワンでしたが、やはりコスト面がネックになりそうです。

メリット&デメリット
メリット●組み立てが簡単
●深型で大きな薪も燃やしやすい
●収納時は薄く折りたたみ可能
デメリット●料理には別売パーツの購入が必要
●重さが3.5kgあり持ち運びには負担がかかる
※上記は検証結果をもとに筆者の主観で作成したものです。

スノーピーク 焚火台 M

使用サイズ35×35×24.8cm
収納サイズ45×51.5×3.2cm
重量3.5kg
素材本体:ステンレス
ケース:ナイロン

ほかの人気焚き火台と比較したランキングは?

箱に入った7種類の焚き火台

スノーピーク「焚火台 M」を含め、人気の焚き火台7製品を実際に使用し、薪のくべやすさや料理のしやすさ、持ち運びやすさ、コスパなどを徹底比較しました!

検証結果をもとに作成したおすすめランキングのほか、選び方のポイント、シート・テーブル・ゴトク・ロストルといったあると便利な関連アイテムを知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

こちらの記事もおすすめ