最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

90年代スタイルでキャンプコーデしたら、サイトも自分もあかぬけた!(2ページ目)

AD for Outdoor

90年代ライクなサイトコーデが完成!

これらのアイテムを、サンドベージュ中心のサイトに取り入れた、コーディネートがこちら! アクセントやテーマが加わったことで、最初の状態よりもより小慣れたサイトコーデになりました。

どことなく、90年代のアメリカのキッズの部屋のような雰囲気もします。こんなテイストが好きな方は、その時代を舞台にした映画やドラマのセットを参考にしてみるのも面白いです。

niko and …TOKYOはこちら

niko and … mozo ワンダーシティ店はこちら

アクセントアイテムで、キャンプファッションも攻略!

サイトコーデが完成したところで、次は服のコーデ。ここからは秋冬のフィールドウエアにぴったりな〈CITY CREEK〉の最新アイテムをメインにコーデにアクセントをつけるためのヒントを紹介していきます。これでサイトだけでなく自分もおしゃれに!?

ヒント1. 【セットアップ】+【アクセントカラー】

コーデの定番、セットアップ。同色素材のトップスとボトムスをセットで合わせるだけでコーデのベースが出来上がるので、チャレンジしやすい点が魅力です。そこにシューズやバッグなどでアクセントカラーを取り入れると、コーデが完成。

こちらのコーデで使用したのは〈CITY CREEK〉の「フリースナイロンポケットシャツ」と「フリースカーゴパンツ」。暖かみのあるフリース素材をメインに 、ナイロン素材のポケットを組み合わせたアイテムです。

フリースナイロンポケットシャツはこちら
フリースカーゴパンツはこちら

セットアップはジャケットやシャツとパンツの組み合わせが定番ですが、トップスにベストを合わせると、アウトドア感のあるセットアップになります。暗色のセットアップならインナーに明るい色をメインカラーとして用い、小物でアクセントをプラスすれば、バランスの良いコーデを作りやすいです。

こちらのベストは、〈CITY CREEK〉の「ドッキングツールベスト」。先ほど紹介したシャツとパンツと同じく異素材のコンビネーションでシンプルながら、表情のあるアイテムです。同じシリーズの「フリースフラップキャップ」を合わせるのもおすすめ。

ドッキングツールベストはこちら
フリースフラップキャップはこちら

ちなみにこちらの〈CITY CREEK〉のシリーズは、カーキとチャコールの選べる2色で統一された、さまざまなタイプのトップスとボトムスを組み合わせることで、かんたんかつおしゃれに秋冬のアウトドアコーデが組める優れもの。

フリース素材のアイテムの他にも、こちらの「サイドポケットデザインパンツ」のようにポリエステルとコットンを約6:4の割合で混紡したポリコットン素材のアイテムもあります。引き裂きに強いリップストップ素材なのでキャンプシーンでもタフに使える点も嬉しいところ。

サイドポケットデザインパンツはこちら

ヒント2. 【重ね着】+【アクセントカラー】

続いてはトップスの重ね着と、カラーアクセントのテクニックを用いたコーデ。今回は「90年代」がテーマなので、アクセントカラーについては、90年代のスポーツウエアを感じさせるキャッチーなオレンジを採用してみました。

トップスは、〈CITY CREEK〉の「スタンドZIPボアブルゾン」。シリーズ共通の温かなマイクロフリース素材に首の寒さを緩和する、高さのある襟が特徴。裾はドローコード付きで、温度とシルエットを調節できます。

スタンドZIPボアブルゾンはこちら

コーデの幅を増やしたい方は、同色のアイテムを重ね着もおすすめ。先ほどの「ドッキングツールベスト」を「スタンドZIPボアブルゾン」の上から羽織れば、トップスの着こなしに変化がつけられます。

それぞれを単品で使うのはもちろん、ベストの上からブルゾンを羽織る着方もできるので、2つのアイテムで4つの着こなしができます。体温調節もしやすいので、キャンプシーンでも機能的。

ドッキングツールベストはこちら

トップスの重ね着のパターンはさまざま。ブルゾン以外にも、同色のプルオーバーの上からベストを羽織ればトップスの表情に変化が出せます。

アクセントとなるカラーのインナーを中に着て、襟元や裾をチラ見せすればなおよし。こちらの「リバーシブルロゴプルオーバー」は、マスクやキー、イヤホンなどを入れるのに便利な胸元のジッパー付きポケットと、90年代間のあるレトロな三角形のタグが魅力。

リバーシブル使用になっており、裏返すと背中に〈CITY CREEK〉の大きなロゴが現れます。

リバーシブルロゴプルオーバーはこちら

トップスの中にパーカーを重ね着するのもおすすめ。こんな具合に重ね着コーデの引き出しをいくつも持っておくと、連泊時に持って行く服の数も減らせて効率的です。

スタンドZIPボアブルゾンはこちら

ヒント3.【ワントーン】+【グラフィック】

最後は、全体のトーンを揃えつつ、目を引くグラフィックの入ったアイテムでメリハリをつけるコーデ。素材違いでも色味を揃えることで、小慣れた印象を演出できます

こちらのコートは〈CITY CREEK〉の「中綿フードコート」。ポリコットン素材のリップストップ生地に4つのマチ付きのポケットが特徴。同シリーズのトップスとの重ね着もおすすめ!

中綿フードコートはこちら

インナーには、レトロでポップなグラフィックが大きく入ったスウェットを着て、アクセントに。全体のトーンをシックなチャコール系に揃えているので、アクセントが映えます。

モノトーン系のコーデでも大きなロゴが入ったアイテムを1点取り入れるだけでも、コーデにメリハリをつけられます。

こちらのトップスは〈CITY CREEK〉の「BIGロゴダブルジャガードプルオーバー」。プリントではなく編み地で表現されたブランドの大きなロゴが背中にあしらわれたニット素材のアイテムです。

さりげなくアクセントをつけたい方はこういったアイテムを取り入れるのも効果的。

BIGロゴダブルジャガードプルオーバーはこちら

アクセントアイテムで、サイトと服のコーデがキマる!

サイト作りも服のコーデも、シックなアイテムをベースに、アクセントとなるアイテムをちょい足しするだけで、小慣れた印象になりました。さらに、「90年代風」といった具合に、コーデのテーマを決めるとより、個性も出せアウトドアのファッションライフがより楽しくなります。

そんな、おしゃれな雑貨や服を同時に探せるライフスタイルショップは、コーデ材料の宝庫。ぜひ足を運んで、新しい自分だけのスタイルを模索しにいきましょう!

CITY CREEK 22AWはこちら
その他ご紹介アイテムはこちら
niko and … オンラインストアはこちら

撮影協力:RECAMPおだわら

Sponsored by 株式会社アダストリア

2 / 2ページ