CAMP HACK[キャンプハック]


ニーモのテントおすすめ7選!高評価をうける4つの魅力とは | 2ページ目

0


ニーモのおすすめ人気テント7選

1【タニ LS 2P】

【ニーモ】タニLS 2P

●最小重量:1.23kg
●サイズ(縦×横×高):220cm×130cm×104cm
●フロア耐水圧:5,000 mm

ニーモの山岳用テントのベストセラーであった[TANI 2P]がさらに進化したテントです。最先端の生地と各パーツの採用により、従来モデルの機能を保ちながら、強度と設営時間の短縮、重量の軽減などを向上させたモデルです。軽量と設営の簡単さとコンパクトな収納に利用者が絶賛するモデルです。


【特徴機能の紹介】
ニーモ テント コーナーアンカー ワンタッチで固定でき、ねじらないと外れないコーナーアンカーを使用することで、素早く簡単に設営できます。雨天時には、フットプリントとフライシートのみで設営し、後からインナーテントを設営することもできます。
ニーモ テント ジッパー式ベンチレーション ジッパー式ベンチレーションは内部から開閉もでき、効果的な空気循環を促してくれます。

2【オビ 2P】

 

【特徴機能の紹介】
ニーモ テント オビ 2P

出典:amazon
フロアシートが立ち上がった造りになっている為、フライシートの使用量が少なくなり軽量化と優れたベンチレーション効果をもたらします。
ニーモ テント オビ 2P ドア部分
出典:amazon
独立した2つのドアは、大きな前室の設計を可能にして2人でストレス無く使用することが可能になります。

3【クナイ 2P】

【ニーモ】クナイ 2P

●最小重量:1.78kg
●サイズ(縦×横×高):216cm×130cm×107cm
クナイは優れた性能を兼ね備えたアイテムです。トラブルを最小限に抑えるように最先端の機能とシンプルな構造設計は設営を容易にします。また、様々なコンディション下においても優れた性能を発揮できるように設計されています。居住空間は、テント全体の剛性を高めるリッジフレームを採用しており、テント前後に配置された大型ベンチレーションは湿気対策を効果的に行うことが可能です。



【特徴機能の紹介】
ニーモ テント クナイ 2P テントの剛性を更に高めるために採用されたリッジフレームは、広い居住空間と前室部に更なる空間の確保を実現しました。
ニーモ テント クナイ 2P内部 テント前後に配置されたベンチレーションシステムは、テント空間の湿度対策に抜群の効果を発揮し、雨天時でもテント内を濡らさない設計になっています。

4【ブレイズ 1P】

【ニーモ】ブレイズ 1P

●最小重量:790g
●サイズ(縦×横×高):211cm×76cm×104cm
●耐水圧:1200 mm
PSTを採用したBLAZE 1Pは、1人用モデルで超軽量ながら広い居住スペースを確保。驚きの重量790gで、一体型のポールの使用により、素早い設営と少ないパーツで設営が可能です。天井のポケットにヘッドランプを入れると、テント内を明るく照らしてくれます。とにかく軽い、と驚かれる人が多いテントのようです。


【特徴機能の紹介】


ニーモ テント ブレイズ 1P 独自の構造である対角線1本のメインポールと、交差させるサブポールにより、軽量でありながら、広い居住空間を確保しています。


ニーモテント ブレイズ 1P プライバシーパネル インナーテントは、プライバシーパネルの装備によりプライバシーの確保と、下からの冷気・風雨などから内部を守ってくれます。

関連記事