最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

【冷えた身体も一気にポカポカ!】天然温泉に入れるキャンプ場10選(2ページ目)

2022/09/17 更新

【その6】斑尾高原キャンピングパーク(長野県)

斑尾高原キャンピングパーク

出典:なっぷ

なっぷの「東日本口コミランキング」で殿堂入りを果たした、人気の「斑尾高原キャンピングパーク」。上信越自動車道・豊田飯山ICから車で約20分と好立地でありながら、高原ならではのさわやかな風と雄大な自然を感じながら、快適に過ごせると評判です。

ジップラインアドベンチャーや千曲川ラフティングをはじめ、20種類以上のアクティビティにチャレンジでき、1日では遊び尽くせないほど。疲れたら、天然温泉でゆったりのんびりしましょう!

斑尾高原キャンピングパーク

出典:なっぷ
温泉キャンプにオススメの理由
・併設される宿泊施設の温泉を利用できる
・キャンプ場周辺にも温泉施設あり
※2022年7月16日(土)~10月30日(日)のシーズン営業です。

区画のスペースが広めなので、ゆったり過ごすことができました。日陰のある区画をとるか360°星空を見渡せる区画をとるか、迷うところです。受付順に場所を選べるそうなので、こだわりのある方は受付時間になったら早めにチェックインするといいかも。(出典:なっぷ)

ホテルで日帰り温泉を利用できたり、ジップラインや自転車、グラススキー、高原の散策など広大なスキー場を利用したアクティビティもあり子供もたのしめました。(出典:なっぷ)

詳細はこちら

【その7】THE FARM(ザファーム)(千葉県)

THE FARM

出典:なっぷ

都心から車で約90分! 東日本エリア最大級の農園リゾート「THE FARM」は、「なっぷAWARD」を6年連続で受賞する大人気の複合施設。コテージ、グランピング、天然温泉、手ぶらでバーベキュー、新鮮野菜のカフェレストラン、貸し農園が併設されています。

併設される「おふろcafeかりんの湯」は2022年4月にリニューアルされたばかり。男女共用エリアがあるので、カップルやご家族で楽しめますよ。

THE FARM

温泉キャンプにオススメの理由
・フィンランド式バレルサウナ、ドライサウナなど充実の施設
・利用者は温泉入り放題!

施設内に温泉がありとても良かったです。ただ時間によってはかなり混んでいるので、時間をずらしたほうがいいかなと思いました。朝から温泉に入ることができ、タオルなどもその都度貸してもらえるので、助かりました。 子供が遊べるアスレチックなどもあり、一日中楽しむことができました。(出典:なっぷ)

「かりんの湯」は大人1人1100円で翌日の15時まで入り放題! サイトから歩いて5分ほどなので設営後、夜、撤収後と3回も満喫しました。 管理棟の売店ではブッシュクラフトセットを扱っています。トイレはエアコン付きウォシュレット付きで綺麗です。(出典:なっぷ)

詳細はこちら

【その8】日光まなかの森 キャンプ&リゾート(栃木県)

日光まなかの森

出典:なっぷ

日光市から車で15分。日光猿軍団の校長先生が作った本格ログハウスと、山頂のオートサイトからなる木立に囲まれた静かなキャンプ場。

地下1,500mから汲み上げた源泉かけ流しの天然温泉は、宿泊者なら何度でも無料で入れます。場内には水遊びができる小川が流れ、釣り堀、ハイキングコース、展望台など、魅力満載です。

日光まなかの森

出典:なっぷ
温泉キャンプにオススメの理由
・地下1,500mから汲み上げた源泉かけ流しの泉は、無料で入り放題!
・貸し切り温泉もあり、仲間や家族でのんびり堪能できます

高速を降りてから比較的近く、迷うことなくたどり着きました。ICからキャンプ場までの間に、スーパーやダイソー、大型ショッピングモールもあり、忘れ物をしても安心だなーと思いました。(出典:なっぷ)

露天風呂も入れるし景色がとっても良くのんびり過ごすのにはとっても良かったです。(出典:なっぷ

詳細はこちら

【その9】四徳温泉キャンプ場(長野県)

四徳温泉キャンプ場

出典:なっぷ

標高950m、信州の山々に囲まれた美しい渓谷として知られる「四徳谷」。「四徳温泉キャンプ場」はそんな静かな渓谷に作られたキャンプ場です。

450年の歴史を持つ四徳温泉は、強アルカリ性の美肌の湯。古くから湯治場としても知られています。 ウッドデッキと薪ストーブがついたコテージ、トイレや水場に近い安心サイトなど、施設のバリエーションも豊富です。

四徳温泉キャンプ場

出典:なっぷ
温泉キャンプにオススメの理由
・湯治場として知られる歴史ある温泉がキャンプ場内で味わえる
・テントサウナができるもスペースあり。

山中にあり、良い意味で何もないところです。温泉はキャンプ場にあるため、タオルを持ってすぐ入れるのがとてもよい。川遊びも場内でできるので充実した時間を過ごせます。(出典:なっぷ)

木々に囲まれており、そこから降り注ぐ木洩れ日が、とても気持ちが良いです。  小川が流れており、耳でも自然を感じることができます。(出典:なっぷ)

詳細はこちら

【その10】白州・尾白の森名水公園べるが 尾白の森キャンプ場(山梨県)

白州・尾白の森名水公園べるが 尾白の森キャンプ場

出典:なっぷ

山梨県甲斐駒ヶ岳のふもとにある、森林に囲まれたファミリー限定のキャンプ場「白州・尾白の森名水公園べるが 尾白の森キャンプ場」。

徒歩圏内に超高濃度の天然温泉「甲斐駒ケ岳温泉・尾白の湯」や日本名水百選の尾白川で水遊びができる「尾白川えん堤・水の滑り台」もあり、思いっきり楽しめますよ。

白州・尾白の森名水公園べるが 尾白の森キャンプ場

出典:なっぷ
温泉キャンプにオススメの理由
・露天風呂からは満天の星空が一望できる
・広々サイトや森のサイト、ドッグランサイトなど、サイトの種類も豊富
※ファミリー限定のキャンプ場なので、グループキャンプも原則できません。2家族利用なら、専用のサイトがあるので、そちらを予約しましょう。

すぐ近くに道の駅があるほか、隣接したスーパーもあるので非常に便利。(出典:なっぷ)

サイト全体が木陰になっており、快適に過ごせました。 川、噴水広場、温泉にも数分で移動できます。キャンプ以外で遊びに来ている人が近くを通ることもなく、気になることもなかったです。(出典:なっぷ)

詳細はこちら

温泉キャンプで夏の疲れをふっとばせ!

蔵迫温泉さくら コテージ&キャンプ
出典:なっぷ

場内や併設の温泉施設があるキャンプ場は、テントやコテージからタオル片手に温泉に行ける気楽さが魅力ですよね。宿泊中入り放題なら、テント設営で汗をかいた後、遊んだ後、寝る前、起床後など、お好みのタイミングで入れるのはなんともうれしいポイント。

自然に包まれながら露天風呂に浸かるのは、数あるキャンプのお楽しみのうちのひとつ。普段の疲れも吹っ飛びますね。温泉が魅力のキャンプ場で、キャンプしてみませんか?

2 / 2ページ