最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

【キャンプ靴の決定版?】あの名作ブーツが進化して、弱点ナシの「こんなのアリかよ……」的な一足に!(2ページ目)

AD for Outdoor

男心を刺激する、歴史あるブランドだった

ブランドストーンの創業は1870年。オーストラリアのタスマニア島で誕生しました。レザーブーツ専業ブランドとして、クラフトマンシップに溢れた堅牢なワークブーツを追求し続け、大戦中にはオーストラリア軍に正式採用されたことも。

そんな経験と実績を踏まえ、1960年代にはブランドを代表するシリーズ「オリジナルス」を発表。

サイドゴアブーツのフォーマルなイメージを一新するようなワイルドな一足は、アウトドアシーンでも話題となり、山靴とは異なるワーク系フィールドブーツとして定着していきます。

トラッドな佇まいだけど、機能的でタフ!

創業150周年を経た現在では、ベーシックな「オリジナルス」以外にも、オリジナルスをベースに履き心地を向上させた「クラシックス」や、防寒性にも優れた「サーマル」など、様々なモデルをラインナップ。

トラッドなルックスをキープしながらも、機能素材を貪欲に取り入れ、街からフィールドまで快適に履けるサイドゴアブーツを、幅広く提案しています。

どんな地形もグリップする「オールテレイン」登場

そして今春に、さらにアウトドアシーンに特化した新シリーズ「オールテレイン」がデビューしました。

一見すると、ルーツ的なモデルの「オリジナルス」と大差ないクラシックなルックスですが、実は歴史的な進化を遂げているんです!

ということでここからは、見た目だけでは伝わらないキャンプ向きのギミックを徹底紹介!  デビューから半年経った「オールテレイン」の機能性をチェックしてみましょう。

「オールテレイン」シリーズはこちら

「オリジナルス」シリーズはこちら

「オールテレイン」がキャンプに最適なワケ

最新シリーズ「オールテレイン」が、なぜ“キャンプ靴”として最適解なのか、フィールドで重宝する実用的なポイントを紹介していきます。

あの「ビブラムソール」を初搭載!

まずアウトソールには、ビブラム社と共同開発した、「オールテレイン」専用のビブラムソールが搭載されています。

ビブラムソールといえば、登山家やワークブーツ好きなら誰もが知る最強マテリアルのひとつ。圧倒的なグリップ力で、濡れた路面や岩場も安全かつ快適に歩くことができます。

ご覧の通り、両者のロゴが並んで配置されていますが、ブランドストーンとビブラムがタッグを組むのは、ブランドの長い歴史において初の試み。話題性も抜群なんです!

そしてカカト部分にはこれまでのシリーズ同様「XRD®」が内蔵されていて、従来の歩きやすさはそのままに、機能性が向上しています!

泥汚れに強い「セルフクリーニング機能」を採用!

面倒くさがり屋のキャンパー必見の機能性がこちら。両端の溝の太さに変化をもたせた独自のソールパターンにより、土や汚れが落ちやすい構造になっています。

「セルフクリーニング機能」と命名されていますが、ソールの溝を埋めてしまうほどの泥汚れは、グリップ力の低下に繋がる見逃せない問題。

しかし「オールテレイン」は、フィールドを歩くうちに自然と泥が溝から落ちていくため、メンテンナスが楽になるだけでなく、グリップ力も長時間キープしてくれます。

さらにハイレベルな撥水性を実現!

もちろん、ブランドストーンのストロングポイントも強化されています。それがアッパーに施された撥水加工。「オリオジナルス」や「クラシックス」も高い撥水性を誇っていますが、「オールテレイン」は、さらに耐水性を強化

さらに、アッパーとソールの縫い目がない「インジェクション製法」を採用しているため、水が浸み込みにくい作りになっています。そのため雨の中でも快適に設営や撤収作業を行うことができます

「オールテレイン」シリーズの購入はこちら

「どこへでも行けるブーツ」でキャンプにGO!

ブランドストーンのサイドゴアブーツが多くのワーカーやアウトドアマンから愛される理由は、質実剛健ともいえるベーシックなデザインと、フィールドでの使い勝手を考慮した機能性の融合にあります。

そんななか、堅牢性と撥水性を両立させたアッパーと、グリップ力に優れて泥汚れに強いビブラムソールを搭載した「オールテレイン」は、さらに行動範囲を広げてくれる一足になりそうです。

しかも、それをあまり感じさせないカジュアルなルックスなので、日常使いにも最適! ブランドストーンが掲げるスローガン“どこへでも行けるブーツ”を体現したモデルなんです。

キャンプ靴に「オールテレイン」はいかが?

ちなみに「オールテレイン」は29,700円(税込)で4色展開。男女問わずに履ける豊富なサイズが用意されています。

しかもソールやサイドゴア(ゴム部分)の交換などの修理にも、オフィシャルの専門スタッフに相談が可能なので、大切に扱えば“キャンプ靴”として長い付き合いになりそうです。

外遊びの相棒として選びたいキャンプ靴は、こんな一足が理想なのでは? まだリリースされたばかりの今が狙い目ですよ!

「オールテレイン」シリーズの購入はこちら

撮影協力:RECAMPおだわら
Sponsored by 株式会社シードコーポレーション

2 / 2ページ