実際のレビューを確認!ロゴスの売れ筋テント10選&気になる使用感

2019/08/20 更新

LOGOS(ロゴス) テントの魅力を徹底解剖。ワンタッチからナバホまで幅広いラインナップからおすすめロゴステント10選をまとめて解説!ロゴスのテントはファミリーキャンパーを中心に高い支持を得ています。今まで見たことがない方も、一度触れてみてはいかがでしょうか?


アイキャッチ画像出典:Instagram by @norixon7xx02xx5

初めてのテントは「ロゴス」がイイ!

日本のアウトドアシーンを牽引するビックブランドの一つ「ロゴス」。ユニークなアイディアで、他社にはないアイテムを数多くラインナップしています。
その中でも今回は初心者向けにぜひおすすめしたい「テント」に注目! 大型でも簡単設営のエアー式やワンタッチ式、独自の「筋交い構造」を採用し強度を高めたPANELシステムなど、10種のテント紹介していきますよ!

ロゴス「テント」の評判は?初心者に人気の3つの理由

まずは、ロゴステントに共通する人気の理由からチェックしていきましょう。


1:ロゴスならではの斬新&おしゃれなデザイン

oshare
出典:LOGOS
ポップなカラーとデザインが特徴のロゴスのテント。アウトドアが盛り上がる、ワクワクするデザインのテントが揃っています。

特にインディアンテイストの柄で人気のナバホシリーズは、キャンプ場での目立ち度大! まわりとなかなかかぶらないテントというのは、ポイント高いですね。

2:女性でも簡単に建てられるテントも!

jyosei
出典:LOGOS
女子キャンプに欠かせないのが、設営簡単なテント。ロゴスにはおしゃれなだけでなく、簡単に設営できるワンポールテントもラインアップ。

基本はポールを中心にテントを立ち上げるだけなので女性でも建てやすく、気軽にテント泊ができちゃいます。

3:初心者に嬉しい!手に入れやすい価格設定

family
出典:LOGOS
耐久性や居住性の高いしっかりとしたテントがリーズナブルに手に入るのも、ロゴスならでは。特にお値段の張るツールームも、他メーカーに比べると断然お手頃価格!

これからキャンプを始めたいというビギナーには、特にうれしいですね。

それでは、ロゴスのおすすめテントをご紹介していきますよ!

音楽フェスでもおなじみ!ロゴスのワンポール型テント「ナバホ ティピー」

onepall
出典:LOGOS
構造がシンプルで、設営・撤収が非常に簡単。部品が少なく、軽量で収納もコンパクト。キャンプだけでなく野外フェスでも活用されています。

アメリカに先住するインディアンの部族「ナバホ族」をモチーフにしたデザインは気分を盛り上げてくれますよ!

「設営が簡単!」の口コミ多数

ロゴス ナバホティピー 設営
出典:LOGOS
ネットの口コミをチェックしてみると、とにかく設営が簡単! という声が多数。

室内の広さが結構あって大人2人なら余裕です。このテントの良いところは片づけの速さ!!ポール1本なのでパッと片づけ完了!!(出典:Amazon

設営、撤収が非常に楽です。専用のグランドシート、インナーマット付きが良いと思います。大人2人と荷物で充分なスペースが取れます。(出典:Amazon

アイテムラインナップ

ロゴス ナバホティピーEX
出典:LOGOS 写真は19年新作ロゴスナバホEX Tepee
ナバホティピーはカップル・デュオ用と、ファミリー用にそれぞれ「300」と「400」の2サイズを展開しています。

さらに、「400」のサイズに靴や荷物を置くことができる前室がついた新作「ナバホEX Tepeeリビング400-AI」も登場。タープ不要でこれからの新定番になること間違いありません!

ITEM
ロゴス ナバホ Tepee 300 セット
●対応人数:1〜2人
●総重量:(約)5.8kg
●組立サイズ:(約)400×345×235cm
●収納サイズ:(約)56×21×21cm
ITEM
ロゴス ナバホ Tepee 400 セット
●対応人数:3〜4人
●総重量:(約)5.8kg
●組立サイズ:(約)400×345×235cm
●収納サイズ:(約)56×21×21cm
ITEM
ロゴス ナバホEX Tepeeリビング400-AI
●対応人数:3〜4人用
●総重量:(約)8.6kg
●組立サイズ:(約)465×400×235cm
●インナーサイズ:(約)400×345×235cm
●収納サイズ:(約)56×21×21cm

ロゴスの独自技術を導入した人気「ツールーム型」テントおすすめ4選

出典:LOGOS
ファミリーキャンパーの間で人気が高まっているのがこの「ツールーム」タイプ。就寝スペースとリビングスペースが確保出来るため、より広い空間で快適に過ごせます。

ロゴスのテントでツールームタイプを選ぶなら、おすすめしたいのが「PANEL SYSTEM」を採用しているモデルです。

ロゴス独自の技術!「PANEL SYSTEM」




出典:LOGOS
「PANEL SYSTEM」は、キャノピーと呼ばれるテントの入り口部分を張りだしたひさしに、本来は必要ないフレームを2本プラスしたロゴス独自の技術。この技術によって設営の手間を抑えながら、耐風性を強化! おまけにアーチ状のデザインで、雨の日も水が天井に溜まりづらいというメリットもあるんです。

ロゴスのテントを選ぶときには、この「PANEL SYSTEM」が採用されているかどうかを事前にチェックしておきましょう!

初めてのツールームテントに!「neos PANELスクリーンドゥーブル XL-AI」

ロゴスの定番ツールームテントがコレ! 必要十分なスペックで値段も10万円を切る高コスパ! 初めてのテントにおすすめです。
ITEM
ロゴス テント neos PANELドゥーブル
●対応人数:4~6人
●総重量:(約)16.9kg
●組立サイズ:(約)520×300×205cm
●インナーサイズ:(約)270×270×170cm
●収納サイズ:(約)63×23×54cm

大きさは3歳、1歳の4人家族だとXLは十分な広さです。寝る時はリビングスペースにテーブルやキッチン系、炭、グリルを適当に運び込んでも余裕あります。お陰でまだタープ買ってない。
骨組みを通すのが外側で強度、使い勝手、見た目と、考えられていて他のメーカーには無い良さだと思いました。(組み立て易い、ペグ打つ前に全体を動かしやすい、ロープを結んで固定や小物吊るす等)


スペック重視ならコレ! 「プレミアム PANELグレートドゥーブル XL-AF」

耐水圧・超撥水加工・計量かつ強靭なジュラルミンポール採用など、スペックに徹底的にこだわったプレミアムシリーズ。雨風にも負けず本格的なキャンプを楽しみたい方におすすめです!
ITEM
ロゴス プレミアム PANELグレートドゥーブル XL-AF
●対応人数:4~6人
●総重量:(約)17.3kg
●組立サイズ:(約)540×290×210cm
●インナーサイズ:(約)270×270×175cm
●収納サイズ:(約)72×32×32cm

フレームの超ジュラルミンや、幕の耐水圧、幕の屋根など、10万円以内で買えるのでコスパはかなり高いと思います。2年使ってますが丈夫ですし、あまり人とかぶりません


コンパクトサイズ!「neos AL PANELリビングプラス XL-AI」

少し小さめで軽量なタイプをお探しの方はこちら。10kgを切る重さで他のモデルと比べてかなり軽量になっています。サイズ感的に、リビングとしてのタープは別で用意したいところ。
ITEM
ロゴス neos AL PANELリビングプラス XL-AI
●対応人数:4〜6人
●総重量:(約)9.2kg
●組立サイズ:(約)495×290×155cm
●インナーサイズ:(約)270×270×145cm
●収納サイズ:(約)68×26×26cm

19年新作!「 neos ALストリームドゥーブル・PLR XL-AII」

2019年の新作「neos ALストリームドゥーブル」は風に強い、流線型の形が特徴的なテント! 高さは低いですが、リビングは他のテントと比べても広いのでロースタイル でのんびり過ごせます。
ITEM
ロゴス neos ALストリームドゥーブル・PLR XL-AI
●対応人数:4~6人
●総重量:(約)10.0kg
●組立サイズ:(約)590×295×160cm
●インナーサイズ:(約)270×270×140cm
●収納サイズ:(約)66×24×24cm

ロゴスには他にもこんなテントが!

撮影:秋葉 実
ロゴスには他にも個性的かつ初心者に優しいテントが盛りだくさん! おすすめのアイテムをチェックしていきましょう。


初心者も楽々!エアー式「グランベーシック エアマジック リビングハウス」

撮影:秋葉 実
ロゴスには初心者にも優しい「エアー(空気)」で設営するタイプのテントもラインナップされています。大型ツールームテントなのに、設営時間は脅威の8分……!

実際に設営してみた記事も合わせてチェックしてみてくださいね。
ITEM
ロゴス グランベーシック エアマジック リビングハウス
●対応人数:4〜6人
●総重量:(約)28.0kg
●組立サイズ:(約)630×380×215cm
●インナーサイズ:(約)320×210×195cm
●収納サイズ:(約)85×40×40cm

組み立て簡単!1万円代で買える「ROSY Q-TOP サンドーム M」

ロゴスのサンドームテントの画像 とにかく出費を抑えたい方には、ロゴスのROSYシリーズがおすすめ。「Q-TOP サンドーム」はワンタッチ操作でテントの設営が可能な仕組みになっていて、設営の時間は約3分!

ただしフライシートの耐水圧が他のテントと比べて低いことや、フライシートがテントの全面を覆っていないため、大雨には弱いという点に注意が必要です。
ITEM
ロゴス テント ROSY Q-TOP サンドーム M
●対応人数:3人
●重量:3.6kg
●使用時サイズ:幅210×奥行210×高さ140cm
●収納時サイズ:幅17×奥行17×高さ74cm

設営及び撤収の速さが予想以上に早かった。大変満足しています


玄人好みの超・ドデカテント「デカゴン」

23826229_1425888324172991_8891525455631333069_o ロゴスのテントを紹介する上で外せない存在「デカゴン」。こちらは、ファミリー用のテントではなく、超大型のドーム型シェルター。クイックシステムを採用し、設営時間を大幅に短縮。

区画サイトに入らない場合もありますので、フリーサイトでグループキャンプを楽しむ時におすすめですよ!
ITEM
ロゴス スペースベース デカゴンコスモス-N
●対応人数:約40人を収容できる大型ドーム
●総重量:(約)36.6kg
●組立サイズ:(約)610×570×295cm
●収納サイズ:(約)147×37×37cm

ロゴスのテントでアウトドアを楽しもう!

お気に入りのテントは見つかりましたか? 豊富なデザインもさることながら、細部にまでこだわり、機能面も充実したロゴスのテント。

お好みのデザイン、仲間やご家族の人数や用途に合わせて、ご自身に合ったテントを見つけてキャンプにフェスに繰り出しましょう!


関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!