CAMP HACK[キャンプハック]


ワークマン パラフィン帆布フィールドシート

あ〜売れるの納得です!ワークマンの“1500円シート”がどんぴしゃでした

1

キャンプでも使うことの多いレジャーシート。ワークマンのパラフィン帆布フィールドシートがかなり使えるという情報を入手! さっそく購入してみたので、その噂が本当なのかレビューしていきます!

國塩亜矢子

制作者

kunishioayaco

國塩亜矢子

神戸の自然豊かな山間で育ったくいしん坊のフリーライター/フードコーディネーター。東京在住。二人の子供を出産後、かぞくみんなでキャンプにドハマリ。夫とキャンプで子育て満喫中!焚火を囲んで、お酒片手においしいものをつまむのが至福の時間。手軽に作れるキャンプ料理、ファミキャンを楽しむアイデア、自宅でも使える便利ギアなどをご紹介します!

...続きを読む
國塩亜矢子のプロフィール

記事内画像:筆者

ワークマンで、タフな一枚見つけました

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート
何かと重宝するレジャーシート。デザインで選びがちですが、意外と大事なのがガツガツ使えるタフさ。

汚れを気にせず丈夫で、かつアウトドアテイストなアイテムを探していたら、またしてもワークマンで発見しちゃいました。

パラフィン帆布フィールドシート
それがこちら。ワークマン「パラフィン帆布フィールドシート」です。

“パラフィン帆布”と言えば、ビッグウイングのオリジナルブランド「asobito」が展開しているアイテムのメイン素材。アウトドア界では近年流行になっていて、頑丈かつ経年変化を楽しめる素材です。この素材の詳しい特徴については、のちほど説明しますね。

どうやら既にキャンパー界隈では愛用者が続出している代物らしく、筆者も使ってみたらすぐにその理由がわかりました!

こりゃ売れるわ!な納得ポイント

1,500円!安さは正義

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート
ワークマンといえば、お手頃価格。この「パラフィン帆布フィールドシート」も例外ではありません。

お値段は安心の1,500円。地面に直接ひくものなので、安ければ安いほど気兼ねなく使えますよね。

ギアっぽい!アウトドアなデザイン

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート
アイテム名に入っている「帆布」は帆船にも使われてきた丈夫な生地。しっとりとした風合いと立体感があります。

ビニール製のレジャーシートとはまた違った、アウトドア“ギアっぽさ”がキャンパー心にドンピシャです!

ワークマン パラフィン帆布フィールドシートでピクニック
デザインもいたってシンプル。布を広げたり、カラフルな食器やバスケットを並べても、色や柄が喧嘩することなくスッキリまとまります。

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート二つ折り
ただし、砂利の上に広げると、でこぼこが白く浮き出てます。これは一度つくと消えることはありません。これをやや残念……と思うか、むしろ風合いとして魅力と感じるかは使う人次第!

機能も十分!水弾きます

水を弾いてる写真 さらにこのシート、パラフィン加工(生地にロウを染み込ませる加工)を施すことで、撥水性を高めています。

雨にぬれても乾きやすく、泥などで汚れてもザーッとホースで水をかけて丸洗いでき、広げておけば短時間で乾きやすいのも魅力です。

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート ハトメ ペグ穴
シートの四隅にはハトメ(ひもやペグなどを通す穴)も。風が強い日はペグダウンしておくこともできます。

ジャストサイズ!荷物がマルっと収まる

シートの上にギアが展開されている 「パラフィン帆布フィールドシート」のサイズは100cm×140cm。絶妙にちょうど良い大きさで、ソロキャンプならシートの上でギアを展開するスペースがあります。

関連記事