CAMP HACK[キャンプハック]


SOTO ミニマルグリル

SOTOの名作バーナー専用鉄板!ズレない、コゲにくい「ミニマルグリルST-3100」の実力とは?

0

バーナーなどの調理器具に定評がある国内ブランドSOTO(ソト)から、長年にわたり不動の人気を誇る「レギュレーターストーブ ST-310」専用の鉄板が登場!

コンパクトな鉄板は、肉や旬の食材を焼くだけで食べられる手軽さもあり、とくにソロキャンパー界隈には人気のカテゴリーでそのラインナップも豊富。

そんななか、満を辞して登場した純正品の使い心地はどうなのか、実際に使って詳しくチェックしてみます。

AKT

制作者

AKT

アウトドアライフスタイルブランド「LOG」所属。自然の魅力を感じられる環境で、家族や仲間と共にのんびり過ごしたい、フィールド選び重視のくつろぎ系キャンプスタイル。のんびり過ごすはずが、いつしか撮影や執筆に追われてキャンプが忙しなくなってしまった本末転倒キャンパー。Life over ground!

...続きを読む
AKTのプロフィール

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

鉄板好きに朗報!SOTOからソロキャンパー向けの鉄板が!

ミニマルグリル
今回紹介するのは、2022年にSOTOからリリースされたこちらの鋳造鉄板「ミニマルグリル ST-3100」(税込6,600円)。

縦横いずれも13.5cmというサイズ感で、ソロキャンプでお肉などを焼くのに適したコンパクトサイズの鉄板です。

SOTO ミニマルグリル ST-3100

●鋳鉄プレートサイズ:幅135×奥行135×高さ8mm
●サイズ:(フレーム組み付け時)幅162×奥行135×高さ60mm
●重量:1.1kg


「ST-310」専用のオプション

ミニマルグリル
ちなみにこのプレート、同社のシングルバーナー「ST-310」(写真下)および「レギュレーターストーブRange ST-340」のオプションアイテムである「ミニマルワークトップ ST-3107」(写真上)の、さらにうえに乗せて使用するアイテム。

「ST-310」はキャンプでは王道のシングルバーナーのひとつなので、愛用しているキャンパーさんも多いはず。果たして純正オプション品がどのぐらい使いやすいのか、期待が膨らみますね!

SOTO レギュレーターストーブ ST-310

●サイズ:幅166X奥行142X高さ110mm
●収納サイズ:幅140X奥行70X高さ110mm
●重量:330g

SOTO ミニマルワークトップ ST-3107

●サイズ:幅376×奥行153×高さ95mm
●収納サイズ: 幅300×奥行153×高さ33mm  
●重量:600g


使う前にシーズニングをしよう

ミニマルグリル
鉄フライパンや鉄板などの鉄製品は、使用前に防サビ剤を落とし、焦げ付きにくくするために油を染み込ませるシーズニングという前処理が必要。

「ミニマルグリル」も同様で、使用前には必ずシーズニングをおこないましょう。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

まず、洗剤でしっかり洗ってからグリルの色が変わるまで火にかけていきます。開封時は銀色の状態ですが、熱が加わることで徐々に濃い色に。

ミニマルグリル
グリルが満遍なく青白い色になったら一旦冷まし、全面に食用油を塗ってから、また火にかけます。

ミニマルグリル
それを数回繰り返し、全体的に黒くなったら完了。筆者は鉄板をホルダーにセットした状態でおこなっていますが、シーズニングの際にはホルダーは使わなくていいようです。

詳しいシーズニング方法はSOTOの公式サイトに掲載されている動画をご覧ください!

「ミニマルグリル」の組み立て方法と特殊な表面加工をチェック!

ミニマルグリル
シーズニングが終わったら、ワークトップにグリルをセットしていきます。

まずはオイル受けをワークトップの中央にセット。動かないようにしっかりはめ込みます。

ミニマルグリル
続いて、グリルの両側にホルダーを取り付け。グリル表面にはカーボンを露出させて熱伝導率を高め、食材をくっつきにくくするための細かい筋状の凹凸があります。

肉から出る油はこの筋に沿ってオイル受けに落ちていくので、オイル受けに対して筋が縦になるようにセットしましょう。

ミニマルグリル
ホルダーを付けた状態で、グリルをワークトップに置きます。

このとき、ホルダーの脚をオイル受けの溝に差し込むことで、グリルがしっかりと固定されます。このあたりのフィット感の良さは、さすが純正オプション! という感じです。

ミニマルグリル
ホルダーの脚は左右で長さが異なっていて、セットするとグリルは若干斜めになります。この傾斜によって、肉の油がオイル受けに流れていくんですね。

以上で準備は完了、いよいよ調理していきます。


実際に食材を焼いてみた!

ミニマルグリル
さてそれではいよいよお楽しみの時間、実際に食材を焼いて、焼け具合をチェックしつつ美味しいお肉を味わっていきましょう! 今回は、オイル受けの効果を確かめるためにも、脂が多そうなハンバーグを用意してみました!

充分に熱したグリルにハンバーグを置きます。今回のハンバーグは牛100%なので、多少赤味を残した状態でサッと仕上げます。

ミニマルグリル
片面が焼けてからフライ返しを差し込むと、スッとお肉を持ち上げることができました。また、脚が固定されているためグリルがズレたりせずに安定しています

固定されていない鉄板だと、食材を動かした拍子に五徳からズレ落ちそうになりヒヤッとすることがあるんですが、そういった心配とは無縁ですね。

ミニマルグリル
両面共に火が通って、美味しそうに仕上がったハンバーグ。肉から出た脂は鉄板をつたって、しっかりオイル受けへ落ちています。余分な油を落とし、ヘルシーな仕上がりになっていることでしょう!

ミニマルグリル
調理後のグリルを見てみると多少のコゲが残っていましたが、フライ返しで軽く擦るだけできれいに剥がれ落ちてくれました。

コゲ付き防止の表面加工の効果は高く、メンテナンスもしやすい印象です。

こんなものも焼いてみた

ミニマルグリル
グリルの使い心地を詳しくチェックするために、ハンバーグ以外のものも焼いてみました。

コロコロ転がるウィンナーも

ミニマルグリル
まず最初に試したのはウィンナー。想像はしていましたが、グリルが傾斜しているため、横向きにウィンナーを置くとコロコロと転がってオイル受けに落ちてしまいました。

ミニマルグリル
縦に置く分には問題なく、しっかり美味しく焼けました。サイズ的に、一度に焼ける本数には限りがありそうです。

くっつきやすい豚スライス肉

ミニマルグリル
続いて試すのは、豚の薄切り肉。BBQ網などで焼くとすぐ焦げてくっついてしまい、なかなかうまく焼けないお肉の代表格ですが、「ミニマルグリル」ではどうでしょうか。

ミニマルグリル
片面に火が通り裏面を焼くために持ち上げようとしたところ、ほとんどこびりつくことなくペラっと簡単にはがれました。

このはがれの良さは、これまでに味わったことがない気持ち良さでした。

目玉焼きにも挑戦!

ミニマルグリル
そしてこれもなかなか難しそうですが、目玉焼きに挑戦。普段の調子でパカっと割って卵を落としてみたところ……。黄身が勢いよく斜面を滑って、オイル受けへまっしぐら! やはり傾いた鉄板で目玉焼きを作るのは難しいですね。

ミニマルグリル
悔しいので再挑戦ということで、今度は低い位置でそーっと慎重に殻をオープン! 2回目はなんとか滑り落ちることなく、無事に目玉焼きを作ることができました。

ミニマルグリル
ちなみに側面はホルダーが壁になり食材が落ちるのを防いでくれます。目玉焼きに限らず、やわらかい食材を焼く際はこの“防波堤”が活躍してくれることでしょう!

最後はトースターとして使えるか実験

ミニマルグリル
そして最後に焼くのはパン。小ぶりなコッペパンを半分に切って、グリルのうえへ。

ミニマルグリル
グリルをしっかり熱した状態だったこともあり、わずか数十秒で表面がカリッとなりました。

「ミニマルグリル」の総評!

傾斜のため転がりやすいと焼きにくいものもありましたが、固形物であれば全く問題なく、慎重にやれば大抵のものは焼くことができそうな印象でした。

純正らしいフィット感でSOTOユーザーにはおすすめなグリル

ミニマルグリル
シングルバーナーの五徳に乗せて使うタイプの鉄板の場合、食材を動かそうとした拍子に鉄板が脱落しそうになったり、サイズが小さくて食材そのものが鉄板から落ちそうになるシーンが多々あります。

その点、SOTOの「ミニマルグリル」は、ホルダーの脚がワークトップに固定されているのでかなり安心! 食材が焦げ付きにくく焼きやすいので、既に「ミニマルワークトップ」をお使いの方にはもちろん、安定感のあるソロ用鉄板をお探しの方にはおすすめしたい、調理しやすいソロ向けグリルでした。

SOTO ミニマルグリル ST-3100

●鋳鉄プレートサイズ:幅135×奥行135×高さ8mm
●サイズ:(フレーム組み付け時)幅162×奥行135×高さ60mm
●重量:1.1kg


こちらの記事もチェック

紹介されたアイテム

関連記事