最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
コールマン テント ツールーム ダークルーム エアー ファミリー

【最強の涼しいテント】コールマンの最新鋭テントが“極上の快適性”を実現する3つの進化とは?

AD for Outdoor

「めちゃくちゃ涼しい!」と各地で話題となっている、コールマンの最新テント「ダークルームエアーシリーズ」を、ファミリーキャンパーが初体験! 結果、あまりにも快適過ぎて、即買い決定?

目次

ついに電動ファン対応テントが出た!

日進月歩で向上しているテントの快適性。その進化の最前線を突き進んでいると言っても過言ではないメーカーが、コールマンです。

今までにも、耐水圧に優れ、紫外線にも強いフライシートや、広さと強度を両立する独自のフレーム構造、通気性が高く結露しにくいインナーなど、キャンパーの現場目線に立って、快適なテントを開発してきた実績があります。

その最高峰といえば、4シーズン対応のマスターシリーズですが、最近話題となっているのが、涼しさを追求したダークルームシリーズです。今夏、さらに進化した「ダークルームエアーシリーズ」が登場しました!

コールマン最新テント
ダークルームエアーシリーズはこちら

別売りの電動ファンをセット可能!

名前に“エアー”とある通り、高い空調性能を実現していますが、その秘訣のひとつが“電動ファン対応”という今までにないギミック。

別売りの専用ファン「リバーシブルファンベンチレーション」をセットすることで、常に新鮮な空気を循環させられるんです!

だけど、電動ファンをセットするだけなら、他のテントでもいいのでは……、なんて思った人もいるのでは? もちろん、それだけでコールマンが“エアー”を打ち出すわけがありません!

通気性を最大限に!
リバーシブルファンベンチレーションはこちら

3つの機能で、快適度が3倍アップ?

実は、その特性を存分に発揮するためのギミックが随所に施されているんです。なかでも特に注目すべき3つの進化をチェックしてみましょう。

1. 独自の空気循環システムで熱気を排出

電動ファンと直結する機能性が「サークルベンチレーションワイドエアシステム」。

独自の形状の通気口を搭載することで、テント下部から外気を取り込んで、上部から抜けていく、“空気の通り道”を作り上げます。

それにより、ファンを回すと効率よくテント内の空気が循環されます。不快なこもった熱気と湿気を素早く排出し、快適にしてくれます。

2. メッシュ窓が進化して、通気性も格段に向上!

同時にテント内の空気循環を促してくれるのが、インナーテントの窓に設置された「ワイドエアメッシュ」。

従来のモデル(ダークルームシリーズ)よりも窓のスペースが広くなり、メッシュの格子も大きくなりました。それにより、通気性が1.5倍にアップ!

左:従来のモデルに使われているスタンダードエアメッシュ 右:最新のダークルームエアーシリーズに設置されたワイドエアメッシュ

とはいえ、家庭用の網戸と同じ格子サイズなので小さな虫も入ってきません。心地よい風だけが室内にダイレクトに流れ込みます。

3. 99%以上のUVカット率で、日光もブロック!

さらに室内の快適性を高めてくれるのが、同シリーズと共に開発された「ダークルーム™テクノロジー」。

独自の3層シートにより、日光を90%、紫外線は99.99%遮蔽してくれます。これにより朝の急激な温度上昇を防ぐだけでなく、真夏の日中でも涼しく、昼寝だってできちゃいそうです。

以上、3つの進化が、これ以上にないくらい極上の快適性をもたらしてくれるんです。

これなら、夏に外遊びを満喫した後も涼めるし、熱中症が気になるママキャンパーも安心して使えそう!

4人家族のファミリーキャンパーが体感!

ということで、その圧倒的な快適性を、ファミリーキャンパーに体感してもらいましょう! 用意したのは、「ダークルームエアーシリーズ」のなかで、最大モデルとなる「タフスクリーン2ルームエアー/LDX+」。

体験してもらう笠巻さんファミリーは、キャンプ歴10年以上。お子さんの成長と共に、そろそろメインのテントを買い換えたいと思っているとか。

パパ
テントは機能性とコスパ重視で選びたいので、この最新モデルはすごく気になっています!

ママ
未就学児の子どもが2人いるので、本当に快適でゆっくり休めるなら欲しいです

タフスクリーン2ルームエアー/LDX+はこちら

最新機能満載なコールマン最新テントは笠巻ファミリーのお眼鏡にかなうのか? 次のページで徹底レビューしていきます!

1 / 2ページ