CAMP HACK[キャンプハック]


和歌山 絶景 キャンプアウトドア 海

【人気ショップOrange推薦】今夏イチオシ絶景キャンプ&海レジャーを満喫してきた!

0

みなさんはこの夏、どんなキャンプを計画していますか? 2022年の夏は人生で一度きりですから、とびっきりのキャンプとアクティビティを楽しみたいですよね。

そこで今回は、人気アウトドアショップ「Orange(オレンジ)」のスタッフがおすすめする、絶景のキャンプ場と海レジャーをご紹介します!

CAMP HACK 編集部

制作者

CAMP HACK 編集部

年間1,000本を超える記事を配信しているCAMP HACK編集部。毎日様々なキャンプ用品に触れ、多くの専門家と連携している。キャンプの楽しさをもっと広めるため、YouTubeチャンネルでも情報を発信中!

...続きを読む
CAMP HACK 編集部のプロフィール
logo ad for outdoor

この夏、どんなキャンプする?

夏のキャンプで思いつくものといえば、BBQ料理やキンキンに冷えたビール……あとはキャンプフェスで楽しむ音楽、といったところでしょうか。しかし今回提案したいのは、美しい自然を満喫できる外遊びと、心の底から「来てよかった」と思える絶景キャンプ

そこでアウトドアショップ「Orange」のスタッフさんに案内してもらって、実際に海レジャーとキャンプを体験してきました。Orangeということは、お察しの通り“あの県”が舞台です!

自然を満喫したいなら今年も和歌山がアツい!


Orangeが拠点を置くのは、「水の国」とも呼ばれる和歌山県。昨年もお伝えした通り自然が豊かで、アウトドア好きにはたまらない魅力に溢れています。

そんな和歌山を普段から満喫しているOrangeのスタッフに、今年おすすめの海レジャーや和歌山の見どころを教えてもらいました。

もちろん今年も、Orangeスタッフのこだわりギア&サイトコーデが登場しますよ!
「水の国、わかやま。」とは?
和歌山には、自然の恵みである雨が豊富に降り注ぎます。その雨が雄大な山林を育て、山林が澄んだ水を生み、その水が清流となって太平洋に流れ込む……こうした水のサイクルが他の地域に比べて短距離で行われるため、渓谷や滝がダイナミックで川の水がとてもキレイ。
必然的に海水浴場の水質も良くなり、和歌山のビーチは環境省が定める「快水浴場百選」に5か所も選ばれています。川だけでなく、海も含めて水の恩恵にあずかることができる……それが「水の国、わかやま。」なんです。
自然の魅力が詰まった「水の国、わかやま。」の魅力はこちら

今夏イチオシは「絶景キャンプ&海レジャー」

昨年に続いて和歌山の魅力を伝えてくれるのは、Orangeの名物スタッフである山本さんと堀西さん。

今年は水の国の海をテーマに案内してくれるとのことです。さらには和歌山の興味深い歴史まで紹介してくれるそう。

(左)山本さん、(右)堀西さん
山本さんはOrangeの店長。「キャンプ道具にはメリットだけでなく、必ずデメリットもあります。それを包み隠さず説明して、スタイルに合ったモノを選んでいただきます」と話す仕事人。3人の子を持つパパキャンパーです。
堀西さんは、言わずと知れたアウトドアスパイス「ほりにし」シリーズの生みの親。先ごろリリースした「ほりにしカレー」も大好評。海で遊びすぎた結果、最近興味があるのは渓流での釣りキャンプだとか
山本さん
今年も和歌山へようこそ! 一生心に残るようなアクティビティと、絶景のロケーションを用意しておきましたよ!

堀西さん
きっと「来てよかった」「体験してよかった」と言ってもらえると思います!

今回の一押しスポット3選!1. 有田市矢櫃で「緑の洞窟」SUP体験
2. 白崎海洋公園オートキャンプ場
3. 湯浅町の古い町並みで歴史散策

1. 「緑の洞窟」でSUP体験


まず到着したのは、有田市の矢櫃(やびつ)。和歌山には海と山に囲まれた隠れ家的な地域が多いのですが、矢櫃はその代表格です。爽やかな色の海と穏やかな波、そして海上から入れる洞窟の存在が、極上のSUP体験を可能に。

大阪から90分ほどで到着するアクセスのよさも見逃せません。

今回、SUP体験をサポートしてくれるのは「YABITSU VILLAGE」の代表、西村さんです。


もともと釣りが趣味で、頻繁に和歌山の海を訪れていた西村さん。ここ矢櫃の海に魅了され、夫婦で移住してYABITSU VILLAGEを開店しました。同店はSUP体験だけでなく、カフェで一休みすることや、オーシャンビューのプライベートサイトで1日1組限定のキャンプをすることもできます。

西村さん
SUP体験の目玉は「緑の洞窟」です。洞窟は2か所あるんですが、どちらも神秘的できっと感動しますよ!


それではSUPに乗って「緑の洞窟」に行ってみましょう!




この日はちょっと風がありましたが、波はいたって穏やか。西村さんのサポートもあり、海面を滑るように進んでいくOrangeの2人でした。




海に出て5分くらいですが、雄大な景色のお出迎え。対岸までしっかりと見ることができます。

ちなみに今回のSUP体験の様子は、CAMP HACKのカメラマンが撮影していますが、普段は西村さんをはじめYABITSU VILLAGEのスタッフが写真を撮ってくれるとのこと。

写真データは終了後にもらうことができるので、家族や仲間での思い出づくりにぴったり! ウェディングドレスで記念写真を撮るカップルも多いそうですよ。




いよいよ緑の洞窟が近づいてきました。矢櫃でのSUP体験、ここまでの感想は……?
山本さん
風が気持いいですね~。海もキレイだし、日差しが強いのであえて落ちたくなっちゃうくらいです!

堀西さん
いやいや、ナチュラルに落ちそうだったじゃないですか(笑)……お、そろそろ洞窟に到着ですよ!

西村さん
もう3年くらいSUPで案内してますけど、何度入っても感動ものなんです。期待してください!

山本さん
ワクワクしますね! 冒険心が止まらない〜!


さて緑の洞窟の中には、いったいどんな光景が……?

自然の芸術作品!エメラルド色がきらめく洞窟



洞窟に入ると、まず圧倒されるのが面前に反り立つ岩肌! そして透き通るようなエメラルドグリーン! 慣れないSUPをがんばって進めてきた甲斐がありました。

たくさんの魚をはっきりと見ることもでき、海も含めて「水の国、わかやま。」なのだと実感できます。
山本さん
……(これは、感無量だよ)

堀西さん
……(地球に生まれてよかった)

西村さん
言葉を失いますよね(笑)。大自然が作り上げた芸術だと思います。

さて緑の洞窟は、もう1つあり、ここよりも神秘的ですよ

ということで、もう1つの洞窟へと移動。今度はどんな光景が……!?




こちらが2つ目の緑の洞窟。入り口から差し込む光が海面をキラキラと輝かせ、そのせいか海水のエメラルド感が増して見えます。まさに神秘的!
山本さん
これは感動しますね! 西村さんが「何度入っても飽きない」のも納得です!

堀西さん
「緑の洞窟」というネーミングに偽りなしですね。めっちゃ最高ですよ!

西村さん
特にキレイに見えるのがお昼ごろなので、今日はちょうどよかったですね。お時間が合うようでしたら、ぜひお昼どきの体験をおすすめします


YABITSU VILLAGE(ヤビツビレッジ)の詳細はこちら
YABITSU VILLAGE(ヤビツビレッジ)
〒649-0316 和歌山県有田市宮崎町1534
TEL:090-6871-9332
WEBはこちら
営業日:金・土・日・月・火

2. 異次元の美しさ!?絶景キャンプ



SUPを楽しんだ一行は、キャンプ場へと移動。白い岩と海、そして空とのコントラストが眩しいキャンプ場に到着しました。こんなにも美しい場所でキャンプだなんて、なかなかできない体験です。

テントサイトは、Orangeの2人が普段から使っているギアで設営してもらうことに。はたしてどんなサイトになるのでしょうか?