今注目のグランピング体験レポート!そのチルアウト感がとにかくヤバかった!

先日、2月6日・7日に開催された グランピングイベント『CORONA ESCAPE VILLAGE』に参加してきました!コロナが考える最新のグランピングスタイルは、とにかくヤバい!まるで天国かのような極上空間を余るところ無くお届けします。


『CORONA ESCAPE VILLAGE』とは


雪山でコロナエキストラを飲む男女5人出典: Corona ESCAPE PRESENT CAMPAIGN


世界的に有名なビール「コロナエキストラ」。彼らの掲げた今季のテーマは「Escape with Friends」。その世界観を体現したのが今回のグランピングイベント『CORONA ESCAPE VILLAGE』です。
そう、ここは誰もが仲間と一緒に日常からエスケープできる、最高のチルアウト空間なのです。日々の激務から常にエスケープしたいと思っている私にぴったりじゃないですか!

ここからは私が実際に現地で感じた「あぁ、今すごく日常からエスケープしてる…!」と感じたエスケープポイント4つに注目していきたいと思います。

①心地良すぎて出たくない!トラベルトレーラー

グランピングの象徴と言えば、豪華な宿泊施設。今回のイベントの寝床となったのはこちら、「フォレストサンズ長瀞」のトラベルトレーラー。
フォレストサンズ長瀞のトラベルトレーラー
想像以上に大きい!本当にこんな車の中で心地良く過ごせるのかなと思っていましたが、全く心配無用!初めてグランピングの施設を訪れたのですが、普通のキャンプでは体験したことのない恐るべき快適さが待っていました。


フォレストサンズ長瀞のトラベルトレーラーの車内
なんと、車の中にはソファーやテーブルが!しかも全体的にウッド調で統一されており、まるで豪邸にお招きいただいたかような高級感に溢れていました。




トラベルトレーラーのキッチン
コロナエキストラのバケツに入った5本のコロナエキストラ
ダイニングとは別に寝室スペースやシャワールームがあったり、コロナが溢れんばかりに詰められた冷蔵庫もあったりと、生活に必要な設備がぎゅっと詰まった贅沢な空間。

あまりに心地良さに「もうこのまま都会に帰りたくない…!」と現地について早々、非日常へと誘われてしまいました。

②本格的な体験に心躍る!ワークショップ

今回のイベントにはいくつかワークショップが用意されていたのですが、そう簡単には作れない、大人の知的好奇心をそそる本格的なものばかり!

まず、こちらはカホンという楽器(上に乗ってポンポン叩くアレです)作り。
カホンを作る男女6人
一見大変そうに見えるのですが…実は本当に大変!木を切ったり、ネジで止めたりヤスリで削ったりなど、本格的な木工作業でした。

でも、時間をかけた甲斐があって、出来上がりはこんなに可愛くなります!
手作りカホン6台
フェス等に持って行くと人気者になりそう!ポンポコ叩いて集まってきた人たちと一緒に騒ぐだなんて、想像するだけでムフフとしちゃいます。


続いてはマクラメという、編み物で作るボトルハンガー作りです。コロナビールを入れると可愛い飾りに大変身!
マクラメと言う編み物で作るボトルハンガー
こちらも手作業で一から編むのですが、不器用な私にとってはこれまた非常に大変な作業でした…。でも大変だからこそ、出来上がったモノが愛おしくてたまりません!みなさん好みの色を選んで、世界に一つだけのマクラメ作りを満喫されていました。

マクラメを作る男女5人

他にもオリジナルキャンドル作りや釜焼きピザ体験などいろいろなワークショップに参加しましたが、普段の生活の中では体験できないことをするのは非常に気持ちが良く、時間を忘れて没頭するほど楽しい時間を過ごせました。(マクラメ作りは気付いたら1時間も経っていました。)これぞまさにチルアウトですね!!


③美味しすぎる!ワンランク上のアウトドア料理

ライトと旗でデコレーションされた夜の賑わったキャンプサイトキャンプに欠かせないのは、何と言っても料理!とは言ってもプロが手がけるキャンプ料理は、いつもとひと味違う非日常を私たちに提供してくれました。
最も驚いたのが、調理の豪快さ!これらの食材を丸ごと炭火でグリルします。アウトドアのメリットを最大限に生かした濃厚なアツアツ料理は、寒空にぴったりで心も身体もホカホカ!
串に刺さったバーベキューの食材

魚やカボチャと串に刺さったバーベキューの食材
料理が出来上がると、プロのシェフが自ら料理を提供してくれます。何もしなくてもこんなに美味しい料理が食べれるなんて、もしかしてここは天国…?



ピクルスやその他前菜

暖かなキャンドルの光に包まれたテーブルに置かれているコロナ

暖かなキャンドルの光に包まれたテーブルを囲ながら、食べたいものを食べたいだけ食べる。こんな贅沢な体験ができるなんて、グランピングにハマらない訳がないですよね!
沢山のサンドイッチとバナナとクッキーと男性2人

また、翌日の朝の料理も豪華な内容で、どこまでも至れり尽くせり!
クロワッサンにハムやチーズを挟んだサンドイッチ
大きい鍋で温めてあるクラムチャウダーとおでん

まるでカフェを訪れたかのようなオシャレなカウンターからは、クラムチャウダーやおでんなど、雪の積もった寒〜い朝にぴったりのメニュー。



黒板に可愛いく書かれたメニューと並ぶ人たち
キャンプで自炊をするのって、すごく楽しいですよね。でも、グランピングでこだわりたいのは「非日常」。たまには家事から解き放たれて何から何までやってもらう、そういった体験をしてみてはいかがでしょうか。これは「怠け」ではなく、「日頃の頑張りへのご褒美」なんだと思いました。

④大自然に囲まれた最高のロケーション

チルアウトに欠かせないのがロケーション!今回の会場である「フォレストサンズ長瀞」は、埼玉県の長瀞という自然豊かな場所にあるのですが、この時期は落ち葉がぎっしり敷き詰められており、自然を満喫するのにも最高のシチュエーション!これ以上ない非日常空間を演出してくれます。
落ち葉がぎっしり敷き詰められたサイト

また、一日目の夜に雪が降ったのですが、明け方に会場に行くと一面雪景色に!正直言うとこの景色は期待していなかったのですが、雪というサプライズを与えてくれるのも大自然の魅力ですね。
雪景色の上に落ち葉が敷かれているサイト

雪と落ち葉が混ざりあうサイトにあるコロナトレイラー

青空と雪と落ち葉とコロナトレイラー
日頃の仕事のストレスも、軽い二日酔いの気持ち悪さも、一瞬で吹き飛ばしてくれる景色。雪と青空のコントラストが美しすぎて、少しのあいだ時間を忘れてぼーっとしてしまいました。


このあと、「もう一生東京に帰りたくない…。」などと言いながら渋々帰路についたのですが、ここでの非日常体験は心と身体に心地良い刺激を与えてくれ、普段の生活がより豊かになるような気がしました。翌日の仕事もなんだか少しテキパキ動けたような気がします。もしかしたら、これがグランピングの真骨頂なのかもしれません!

あなたらしいグランピングスタイルを見つけよう!

雪で冷やされたコロナ

今回は、コロナの考えるグランピングスタイルをお届けしました。コロナの提唱する「Escape with Friends」は、非常にわかりやすく、誰でも実践しやすいコンセプトです。仲間と日常から抜け出した先に見える景色を、ぜひ体感してみてください。

Let’s escape with friends!!

関連する記事

IMG_3490
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
上山 健太

休日になると本領を発揮する、広告系サラリーマン。主に取材系の記事を書いています。フェスやキャンプ場に潜入して、キャンパーの皆さんと会話するのが大好き。若い人たちでキャンプを盛り上げていきたいです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!