CAMP HACK[キャンプハック]


ヘリノックスの新型「フィールドオフィス」を背負って山中へ。これが青空オフィスの理想系かも…

1

ヘリノックスが放つ異色ギア「フィールドオフィス」が倍のサイズにスケールアップして新登場。豊富なオプションパーツと合わせて、その実力をフィールドで検証してきました。

まつい ただゆき

制作者

まつい ただゆき

キャンプ歴30余年。雑誌で10年、webメディアで10年の編集キャリアを経て独立。現在フリーランスのエディター/ライター。元オールアバウト編集長。経済誌からファッション誌まで、さまざまな切り口でキャンプの魅力を執筆中。

...続きを読む
まつい ただゆきのプロフィール

アイキャッチ・記事中画像撮影:佐山順丸

「フィールドオフィス」がさらなる進化を遂げました

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
ヘリノックスの異色作として知られる「フィールドオフィス」シリーズ。バッグとテーブルがセットになった、“いつでもどこでもマイオフィス”を実現してくれるユニークなアイテムです。

第一弾が発売されてから早2年が経ちますが、2022年は待望の新モデルが登場。純正のオプションパーツも豊富に出揃い、もはや異色作とは呼べないほど、ヘリノックスの本気度が伺えます。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
新しく登場した「フィールドオフィス キューブ(39,380円)」は、その名の通りバッグ部分が立方体へとサイズアップしたモデル。「フィールドオフィスM(25,740円)」を2つ重ねたサイズ感で、「Mだと少し小さいなぁ」と購入を保留していた人も満足できる大きさです。

ヘリノックス タクティカルフィールドオフィスMサイズ

●サイズ:40cm×59cm×39cm
●テーブル:高さ:39cm 収納時:40cm×20cm×39cm
●重量:2120g(Bag(+Frame)
●耐荷重:50kg

ヘリノックス タクティカルフィールドオフィス キューブ

●サイズ:W41×D45×H41cm
●重量:2975g(BAG:1750g、FRAME:495g、TableTop:730g)
●素材:P600D



今回は、この「フィールドオフィス キューブ」に仕事道具を詰め込んでアウトドアフィールドへ。その使い勝手を確かめてきました。


まずは「フィールドオフィス キューブ」の基本スペックをチェック

約3kgとそこそこの重量感

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
本体のサイズはW41×D45×H41cm。バッグの素材は600デニールの太い糸を使用した生地で耐久性は抜群。3面にはウェビングテープが貼られ、ロゴのある面には書類などを収納できる大型のポケットを装備しています。

アルミフレームが全体を囲んだ構造は「フィールドオフィスM」と同様で、テーブルトップ1枚と脚4本が付属します。カラーは写真のコヨーテとブラックに加え、マルチカモ(49,500円)の全3種類。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
総重量は2975gなので、男性であれば片手でラクラクと持ち上げられる重さ。ですが、バッグ本体に厚みがあり四方をアルミフレームが囲っているため、歩くときにその大きさが少し気になります。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
ただ、ハンドル部分は厚手の生地で覆われているのでグリップ感は良好。「そこそこの荷物を持って移動する」ことを前提として作られているだけあって、ディテールにも抜かりはありません。

物欲をくすぐる多彩な収納ギミック

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
左右と上部のパネルはジッパーでオープンする形状。ジッパーには長めのプルトップが付いているので開閉作業は行いやすいです。テーブルとして使っているときでも、手前側を開くようにレイアウトしておけば荷物の出し入れもスムーズにできます。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
左右パネルの開き具合は内側についているドローコードで微調整が可能。伸縮させることで、好みの開き具合に設定することができます。こういった細かい機能も、しっかり作り込まれているのはさすがヘリノックス。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
ドローコードを緩ませるとフルオープンの状態に。使う人によって活用方法をアレンジできる幅の広さも、物欲をくすぐられるポイントですね。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
パネルの内側はベルクロテープになっているので、収納ケースを取り付けたり、ワッペンを貼ったりとアレンジも自由自在。デスクを彩るようにカスタムするのも楽しそうです。

一緒に揃えておきたいオプションパーツ4選

「フィールドオフィスキューブ」をより快適に使うためには多彩なオプションの存在も見逃せません。今回は、数ある中から4アイテムをピックアップしました。


その1:デスクスペースを拡張する天板

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
「フィールドオフィス用テーブルトップ(5,500円)」を追加すれば、写真のように天板を連結して使うことができます。

サブディスプレイなどを置くスペースも確保できるため、「デスクは広いほうがいい」という人は、セット買いがおすすめです。

ヘリノックス フィールドオフィス用テーブルトップ

●サイズ:41×41cm
●重量:730g
●素材:ABS樹脂


その2:重い荷物を楽に運ぶストラップ

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
フィールドオフィスシリーズには2種類の純正ストラップがあります。今回は「フィールドオフィス用バックパック(9,900円)」を導入しました。

フレームが身体に当たらないようにウエスト部分にクッション材がついているため、段差などでバッグが上下に揺られても快適です。多くの荷物を持って距離を移動する場合は必携のオプションと言えるでしょう。

ヘリノックス フィールドオフィス用バックパック

●重量:450g
●材質:ポリエステル


その3:小物の収納に便利なインナーポーチセット

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
先述した通り、バッグの内側にはベルクロテープが貼られています。「フィールドオフィス用インナーポーチセット(6,820円)」は、裏面がベルクロテープになった収納ポーチ7点セット。電源ケーブルやイヤホン、文房具など、細かいものを用途ごとに整理するにはうってつけのオプションです。

ヘリノックス フィールドオフィス用インナーポーチセット

●サイズ:
Type1:(約)幅15×奥行15×厚み2cm
Type2:(約)幅15×奥行30×厚み2cm
Type3:(約)幅30×奥行15×厚み2cm
バンド:(約)幅5×奥行15×厚み1cm
●重量
Type1:約75g
Type2:約137g
Type3:約156g
バンド:約9g
●素材:ポリエステルメッシュ
●セット内容:Type1×2、Type2×2、Type3×1、バンド×2


その4:単体でも使いたいヘリノックスのPCケース

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
「フィールドオフィス用Lap Topポーチ(3,300円)」は13インチのノートパソコンを収納するのにぴったりのケース。異素材のセンター部分を剥がすとベルクロテープが現れて、バッグの内側に貼り付けることができるものです。

単体でも使いたくなるシンプルなデザインなので、ヘリノックス好きなら必携ですね。

ヘリノックス フィールドオフィス用 Lap Top ポーチ13inch

●サイズ:厚み2.5×横24×奥行き33.5cm
●総重量:176g
●材質:75Dリップストップナイロン


いざ、仕事場を求めてフィールドへ

仕事道具の総量は約6kg

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
今回、フィールド検証に持ち込んだ仕事道具がこちら。左から時計回りに、ヘリノックスのタクティカルチェアL、ノートパソコン、ポータブル電源、小物ケース、水筒、ディスプレイスタンド、ポータブルディスプレイです。

これらの総重量は約6kgなので、バッグの約3kgと合計すると約9kg。なかなかの重さになりました。

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
でも、いざバッグに収納してみると、まだまだ余裕はあります。休憩時に使うハンモックや枕、日差しを遮る小さなタープなんかも持っていくと、より快適なフィールドオフィスが構築できそうだなと、後から気がついた次第。虫が多い時期は蚊取り線香などの虫よけも必携ですね。

ストラップのおかげで散策も快適

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
バックパックストラップがあるため、約9kgの重量でも移動は快適でした。直射日光が当たらず、視界がひらけていて、人目が少ないところを求めて、数分ほど山中を散策。ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
すると、小川のほとりに、ちょうどいい空きスペースを発見! 足場はガタガタなので小石などを使ってデスクの水平を確保しましたが、電源もあるし、ポケットWiFiを持参したのでネット環境もばっちり。

まさに理想のマイオフィスがものの5分で完成しました。

大自然の中で仕事をするという贅沢

ヘリノックス フィールドオフィスキューブ
職業柄、キャンプ場でPC作業をすることはよくありますが、自然の中の好きな場所で仕事場を作れるのは何よりも魅力です。緻密な作業には恐らく向きませんが、企画を練ったり、オンラインMTGをしたりといったタスクとは相性が良いと感じました。

少々値は張りますが、「フィールドオフィスキューブ」があれば最高の仕事場が手に入りますよ。

オンラインページはこちら

✔こちらの記事もおすすめ!

紹介されたアイテム

関連記事