最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

ダイソー、セリア、キャンドゥ「100均着火剤」5種を比較してみた(2ページ目)

2022/08/23 更新

「固形着火剤 約20g/5個入」(キャンドゥ・税込110円)

キャンドゥの100均着火剤

キャンドゥで購入した「固形着火剤 約20g/5個入」。パッケージに表記された燃焼時間は約10〜15分。税込110円で5個入なので、ひとつ当たりの価格は22円

キャンドゥの100均着火剤

主成分はメタノールで、メスティンなどで使用する固形アルコール燃料の“アルミホイルなしバージョン”といった外観です。

上の写真のように20gごとにパッケージされた固形着火剤が5つ入っています(実測は約19.2g)。

キャンドゥの100均着火剤

THE固形燃料、という親しみやすい見た目です。1つずつパッケージされているのでクッカー内にも直接収納しやすく、ポケットストーブなどのミニコンロに使いやすい丸い形状も◎。

キャンドゥの100均着火剤

ターボライターで火をつけると簡単に火がつき、固形アルコールが燃え尽きるまでの時間は約11分10秒。パッケージの表記通り、10分を越えるレベルで炎が維持されます。

燃え方については、アルコール燃料なので、明るい場所では青っぽい炎で見えにくかったのですがしっかり大きく燃えています(写真は暗めの場所で炎がわかりやすいように撮影)。気になるニオイもなく、全体的に使いやすい印象です。

「固形着火剤 個包装タイプ」(キャンドゥ・税込110円)

キャンドゥの100均着火剤

キャンドゥにて税込110円で購入した「固形着火剤 個包装タイプ」。ひとつ約10gで9個入り。ひとつ当たりの価格は約12円です。パッケージには燃焼時間は約10分と書かれています。

アルコール系の固形燃料かと思っていたのですが、主成分はヘキサメチレンテトラミン。ヘキサメチレンテトラミンは、膀胱炎などの治療に医薬品として使われ、日本以外の国々では食品用防腐保存剤として使用されることもあると言います。

キャンドゥの100均着火剤

紙箱を開けると、なかには飲み薬などのようにシート状にパッケージされた固形着火剤が現れます。とても100均の着火剤とは思えないしっかりとしたパッケージで安心感があります。

キャンドゥの100均着火剤

シート状にパッケージされ9つ入りの「固形着火剤 個包装タイプ」をひとつ取り出したところ。パッケージにもひとつ約10gと書いてありましたが、実測してみるとかなり正確に約10gでした。

筆者は何回か、この「固形着火剤 個包装タイプ」を使用したのですが、火がついてしまうとかなり燃え上がるのですが、最初に火を付けるときは普通のライターではやや時間がかかることがあります。ターボライターを使うのがおすすめです。

キャンドゥの100均着火剤

アルコール系の固形燃料のように、青白い炎が上がるかと思いましたが、かなりはっきりとした赤い炎が上がります。ニオイはほとんどありません。

燃えつきるまでにかかった時間は約12分39秒でした。パッケージには燃焼時間は約10分と書いてありましたが、それ以上の結果といえます。

改めて、検証結果はこちら

製品名ダイソー「バーベキュー用着火剤」ダイソー「着火剤」セリア「バーベキュー用着火剤」キャンドゥ「固形着火剤」キャンドゥ「固形着火剤 個包装タイプ」
画像
内容量12片×2枚=24片入4個入9片×2枚=18片入5個入9個入
1片あたりの価格約4.6円約28円約6円約22円約12円
ニオイするするするしないほぼしない
燃え方激しい激しい激しい青白い 普通
燃焼時間9分36秒7分1秒9分12秒11分10秒12分39秒
こんな人にオススメコスパ重視。大量に使いたいキャンプっぽさを大事にしたいコスパ重視。大量に使いたいニオイや汚れは避けたい。

安定した火力と時間がほしい

個包装で持ち運びや保管がしやすい。

安定した火力と時間がほしい

※右にスライドできます

普段使うならキャンドゥ「固形着火剤 個包装タイプ」がおすすめ

キャンドゥの100均着火剤

燃焼時間や火力、燃やしたときのニオイの発生、さらにコストパフォーマンスなども考慮すると、筆者はキャンドゥの「固形着火剤 個包装タイプ」(税込110円)をおすすめします。

パッケージもしっかりしており、保管も安心。すべてにおいてバランスのとれた100均着火剤といえるのではないでしょうか。

消費量が多いならダイソー&セリアの「バーキュー用着火材」も安くていい

ダイソーの100均着火剤

ただし、コストという点をクローズアップするならダイソーの「バーベキュー用着火剤 12片×2枚=24片」やセリアの「バーベキュー用着火剤 9片×2枚入」は1片あたりの価格がわずか5円前後と驚異的。日常的に使用して大量に使うという方は「バーベキュー用着火材」もよいでしょう。

キャンプ気分を上げるならダイソーの着火剤

ダイソーの100均着火剤

機能性やコストパフォーマンスだけでなく、気分が盛り上がるという意味ではダイソーの木くずをロウで固めた「着火剤 4個」は、キャンプの雰囲気を壊さないクラシックな情緒が好みの方におすすめです。

100均の着火剤なら毎回試して使い分けるのも◎

着火剤

キャンプを楽しむという意味では、着火剤ひとつで気分が変わることもあるので、いろいろと揃えておいてその日の気分で使いわけるのもいいですね。元々コストパフォーマンスの高い100均の着火剤ならかなり現実的です。

この記事を参考に、ぜひ色んな着火剤を試してみてはいかがでしょうか?

 

撮影協力:千歳翼の杜オートキャンプサイト/NEXT LIFE 新千歳レンタルキャンピングカーセンター

✔こちらの記事もおすすめ!

2 / 2ページ