CAMP HACK[キャンプハック]


【レインスーツ vs ポンチョ】キャンプで本当に使えるレインウエアはどっち? 徹底比較してみた

1

キャンプで本当に使えるレインウエアとは? そんなキャンパーにとっての永遠のテーマを、1万円前後で手に入る、お手軽だけど機能的なモデルで検証してみました! 結果はいかに……?

CAMP HACK 編集部

制作者

CAMP HACK 編集部

年間1,000本を超える記事を配信しているCAMP HACK編集部。毎日様々なキャンプ用品に触れ、多くの専門家と連携している。キャンプの楽しさをもっと広めるため、YouTubeチャンネルでも情報を発信中!

...続きを読む
CAMP HACK 編集部のプロフィール
logo ad for outdoor

キャンプのレインウエアと言えば……

キャンプ場 レインウェア
キャンパーにとって、常備しておきたい雨具といえばレインウエア。特に梅雨時期から集中豪雨がある夏にかけては、欠かせないアイテムのひとつですよね。

そんなレインウエアは、大きくわけて2種類のタイプが存在します。そう、セットアップの「レインスーツ」と、頭からざっくり被れる「ポンチョ」です。

それぞれ異なる着心地や機能性がありますが、みなさんは、どちら派ですか?

「レインスーツこそ至高!」

キャンプ場 レインスーツ
実は編集部でも、しっかりと派閥が分かれていました。

そこで、まずレインスーツ派の意見を聞いてみましょう。一体どんな部分に、魅力を感じているのでしょうか。

レイン
スーツ
けっそん
単純にセパレートのほうがポンチョより動きやすいし、セットアップの見た目もスタイリッシュじゃないですか? レインスーツこそ至高!


ちなみに着用しているのは、ダイワのレインマックス®レインスーツ「DR-3822」。キャンプシーンにマッチするルックスで、最新鋭の機能素材 “レインマックス®️2.5層”を採用した本格派です。
今回けっそんが着用するレインスーツの詳細はこちら!

「やっぱりポンチョでしょ!」

キャンプ場 ポンチョ
続いてポンチョ派の意見を聞いてみましょう。なぜレインスーツではなく、ポンチョを選ぶんですか?

ポンチョ
武田
1番の理由は手軽さっすね。ざっくり羽織れるし、コンパクトに収納できる。非日常感のあるマントのようなシルエットも最高。やっぱりポンチョでしょ!


着用しているのは、同じくダイワのバリアテック®ポンチョ「DJ-5222」。こちらは高機能マテリアルのバリアテック®️素材を全面に採用しています。レイン生地ではありませんが、キャンプ中の雨くらいなら問題ないとか。
今回 武田が着用するポンチョの詳細はこちら!

よろしい、ならばキャンプで勝負だ

対峙するおじさん
両者とも機能美レインウエアを着用して、どちらがいいのかという部分で、相手に一歩も譲る気がなさそうです。

それならば……と、キャンプの様々なシーンで勝負をしてもらい、実際にどっちが使いやすいかを決めることに。

レイン
スーツ
けっそん
(レインスーツ派が)天才の証明を見せてやる!

ポンチョ
武田
どあほうが……!

「レインスーツ派」と「ポンチョ派」を代表した、2人の戦いの火蓋が切って落とされた! 次のページへ急げ!