CAMP HACK[キャンプハック]


ニトリの折りたたみアウトドアラック

ニトリ「折りたたみアウトドアラック」をユニフレームの名品「フィールドラック」と比較してみた

3

世にアウトドアラックも数多あれど、品質は玉石混交。なかでも、光り輝く「玉」スペックを誇る、ニトリの「折りたたみアウトドアラック」が超絶オススメ。しかしてそのワケは?

キャンプや家で使ってみた模様、そして、よく似たロングセラーのユニフレーム「フィールドラック」との比較なども徹底レポートします!

関美奈子

制作者

関美奈子

1982年度ニュージーランド・ガールスカウト国際キャンプ大会日本代表、ガールスカウト日本連盟キャンプ指導者資格取得。アトリエばく代表。千葉県在住で、ガールスカウトの野営訓練でアウトドアに目覚め、子育てを終えた今は気ままな徒歩ソロキャンパー。

...続きを読む
関美奈子のプロフィール

ニトリの「折りたたみアウトドアラック」

ニトリのラック
キャンプで直接地面に直置きしたくないあれこれを載せるのに、あると便利なのがこの手のラック。食料品や食器のコンテナを置く棚として使えたりちょっとしたテーブル代わりにもなるなど、とても重宝な存在ですね。

ニトリの折りたたみアウトドアラック
家具販売大手のニトリからも、キャンプで便利に使える「折りたたみアウトドアラック」が発売されました。
漆黒のラックは、どんなライフスタイルにもフィットするシンプルさが売り! 外でも家でも重宝となれば、使ってみたくなるのが人情というもの。

早速手に入れ、使ってみました

ニトリのラック、正面
何の変哲もない姿ですが、素材は堅牢なスチール。艶消しのブラックがスタイリッシュです。

お値段は税込2,990円。ユニフレームの「フィールドラック」は4,500円なので約3分の2の価格です。細かい仕様やスペックは、この後しっかり比較してみます。

ニトリ 折りたたみアウトドアラック

●重量:約1.7kg
●素材:本体/スチール、収納袋/ポリエステル
●サイズ:幅56.5×奥行30×高さ28cm
●折りたたみ時:幅56.5×奥行30×高さ4.5cm
●耐荷重:単体使用時/15kg、積み重ね使用時(3段の場合)/各5kg
●付属品:収納袋 ×1


キャンプのキッチンシェルフとして


重ねて棚にすれば、使い勝手のいいキッチン収納に。

ニトリの「カラボサイズボックス」がジャストフィット!

ニトリのインボックスとフィット
同じくニトリの「積み重ねできるカラボサイズボックス(38×26×高さ24cm)」とモジュールの合った設計。このサイズの収納ボックスなら、ラックにピッタリ収納できる仕様です。

シックなブラックカラーだから、インテリアを邪魔することなく、家のリビング収納などにも活用できそうですね。

よく似たユニフレームの名品と比べてみた

ユニフレームのロングセラー「フィールドラック」とどう違う?

ユニフレームと比較
左がユニフレームの逸品「フィールドラック」、右はニトリの「折りたたみアウトドアラック」です。パッとみた感じ、ニトリの方が細面ですね。

天板のサイズ比較
実際のサイズを見てみましょう。フィールドラックは横35×縦60cm。折りたたみアウトドアラックは、横30×縦56.5cm。ニトリの方が横幅5cm細いため、だいぶスリムな印象です。重量は両方とも約1.7kgで、さほど変わりはありません。

高さはどうか?

ユニフレームと高さ比較
並べてみると、ニトリ「折りたたみアウトドアラック」の方が5cmほど背が高いのが分かります。「フィールドラック」は高さ23cm、耐荷重は約30kg、たっぷり飲み物を入れたクーラーボックスを置いてもびくともしない力持ちです。

対するニトリ「折りたたみアウトドアラック」は28cm、耐荷重は「フィールドラック」の半分の約15kg。比較すると耐荷重が少ないような気がしますが、15kgを超えるアウトドアギアはそうそうありませんから、ごく普通の用途としては、何の遜色もないといえます。

重ねてみるとさらに差が開く

3段重ね比較
この手のラックは、重ねて使うことが多いもの。限られたキャンプサイトで、物を縦に積むことでスペースの有効活用が叶います。それぞれ3段重ねにしてみると、約15cm近い差になりました。

「フィールドラック」は、丈が低いだけに物を載せても安定感があります。ニトリの「折りたたみアウトドアラック」の方は、各段の間が空いているため、高さのあるギアをまとめて置ける利点がありますね。


脚の組み立てやすさを比較してみる

ユニフレームの「フィールドラック」を組み立てる

ユニフレームの爪
両者とも組み立ては2本の脚を開き、フックで留める形。ユニフレーム「フィールドラック」の方は、脚に付いているフックを上面ネットのワイヤーに引っ掛ける形です。

ユニフレームの爪
ネットの一番外側のワイヤーに固定することにより、脚に強いテンションがかかり、ガッチリ固定される仕組みです。

ユニフレーム組み立て
それだけに、脚の組み立てにはやや力が必要です。ラックの枚数が多くなると手が疲れてきたり、指を挟みそうになることも。

ニトリの「折りたたみアウトドアラック」はどうか?

ニトリの爪
ニトリの「折りたたみアウトドアラック」は、上面ネットの裏側に設置されているフックに、脚の横棒を引っ掛ける形。「フィールドラック」と大きく違うのはここです。

ニトリの爪
フックがあるので、脚をどこに引っ掛ければいいのかが一目瞭然です。

ニトリ組み立て
「フィールドラック」に比べて脚が長いのと、大きくてわかりやすいフックのお陰か、さほど力を入れなくても脚のセッティングが可能。手も挟みにくいように思います。

力を入れて組み立てる必要があるものの、抜群の耐荷重性能を誇る「フィールドラック」。耐荷重は「フィールドラック」に及ばないものの、組み立てやすさに優る「折りたたみアウトドアラック」。主に何を載せて使うかによって選ぶといいかもしれません。

ニトリのラックは、ここが秀逸!

収納ケースが付属している

ニトリの収納ケース
ラック1個に1枚、ポリエステル製の収納ケースが付いてきます。専用だから、サイズもピッタリ。

収納ケースを持つ
モデル身長:161cm
試してみたところ、収納ケース1つにラックが3枚まで収まりました。積み重ねられるのは3段まで。一度に使う分がケースひとつにまるっと入って、運ぶのもラクラク。

高さを活かした収納が◎

3段重ねで使う
28cmの高さをうまく使って、キッチン収納に。お米やコーヒー豆を入れたボトル、ウェットティッシュ、調味料ケース、ケトルなど、やや背の高いグッズも、余裕があるのでさっと手に取りやすいですね。

ラック1個の耐荷重は約15kgですが、重ねて使う場合、全体で15kg、3段だと各5kgとなります。

天板面に爪が出っぱらない

爪が表に出ない
ビミョーに嬉しいのがこの仕様。脚を引っ掛ける金具がネットの下に設置されているため、上面に出っ張りがありません。DIYで天板を作ったりする場合、出ている部分を避けなくてもいいんです。

ニトリのトレーと組み合わせて

ニトリのトレーと組み合わせる
天板のDIYまで行かずとも、長さや幅の合うトレーを見つけたら、即席のテーブル化が叶います。前述のように、上面に凸凹がないから、ガタつかずに設置可能。こちらは、同じくニトリの「すべりにくい木製トレー(M)」を置いてみた例。

なんといっても、組み立てに力が要らない

ニトリのラック、組み立て テントやタープ、チェア、テーブルなど、たくさんのギアを組み立て・バラす設営・撤収作業。さして力をかけずとも簡単に展開できるのは時短にもつながります。

ニトリ 折りたたみアウトドアラック

●重量:約1.7kg
●素材:本体/スチール、収納袋/ポリエステル
●サイズ:幅56.5×奥行30×高さ28cm
●折りたたみ時:幅56.5×奥行30×高さ4.5cm
●耐荷重:単体使用時/15kg、積み重ね使用時(3段の場合)/各5kg
●付属品:収納袋 ×1

ラックにも色々あれど、コレを第一選択肢にしていいかも!

ニトリラック、おやつセット
大きすぎず、小さすぎない絶妙サイズ。背丈を活かし、インテリアボックスとペアで使えて、家の中でも外でも使い勝手良好。ピッタリサイズの収納ケース付きで別途買い足しの必要もなし。

税込2,990円でこの高スペック、アウトドア用のスチールラックを買うのなら、まずはニトリの「折りたたみアウトドアラック」の購入を検討してみるのもアリですね。

✔こちらの記事もおすすめ!



 

紹介されたアイテム

関連記事