最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

現場で頼れる堅牢さはキャンプにも使える。プロユースの男気ギア、新たな刺客が登場!(3ページ目)

AD for Outdoor

阿部さんのサイトではTAKENOWライトがこう活躍

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

セレクトしたTAKENOWのプロダクトをさっそく阿部さんのサイトで使用! 6箇所に設置してくれました。

それぞれの配置方法や使い方を訊いてみましょう。

高い光量のライトは虫除けに使える!

まず、ランタンハンガーに設置したのは、「WL6017」。

光量が強い(最大1400ルーメン)ので、虫除けに最適だと思いましたね。冬の時期でもサイトをメインに照らす光源としても良さそう。

もちろん、いつものランタンのように使える

WL6016」はタープに吊るして。

先程の「WL6017」で虫を集めてもらっているので、多少光量の少ないWL6016をメインのタープ下に設置しました。

テント内の足元を照らすのに「WL6011」を使用。

ポータブルなサイズなので、テント内のテーブル上においてサブライトとして使用。テント上部に吊るして、照明にする使い方もアリですよね。

WL3001」、「WL3006」はキッチン周りで重宝。

角度を変えられたり、調光できる機能は調理シーンに最適! 今回これが一番のお気に入りでした。

車での作業灯に「WL5018」

WL5018」は車での作業灯として使用。

夜は車の内部灯だけだとどうしても暗いので、サブでドアにくっつけておけば、作業や荷物を探すのも快適です。

両手を塞がずに足元を照らす「F102」

懐中電灯のようなスポット照射と、横から光を放つフラット照射の2WAYで使える「F102」は、胸に刺して使用。

やっぱりハンズフリーで手元を照らせるのが便利。サッと取ればすぐに手持ちのライトとしても使えるので、これはキャンプやアウトドアで重宝しそうです!

それぞれのアイテムの特性を生かしつつ、自らのサイトに上手く取り入れた阿部さん。実際にキャンプで使う想像もしやすくなりましたよね!

一生モノのギアに!?キャンプで頼れるTAKENOWのライト

現場のために生み出されたスペックを備えるTAKENOWのLEDライトシリーズ。キャンプシーンでガシガシ使っても壊れないタフな仕様はまさに一生モノ! 夜になっても困らずにアウトドアな時間を満喫したいなら、揃えておいて損はないですよ。

Fシリーズの詳細はこちら!WLシリーズの詳細はこちら!

撮影協力:リキャンプしょうなん

Sponsored by ケービーエル

3 / 3ページ