最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード

現場で頼れる堅牢さはキャンプにも使える。プロユースの男気ギア、新たな刺客が登場!(2ページ目)

AD for Outdoor

パワフルな光でサイトを照らすWLシリーズ

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
写真1枚目:WL6016WL6017 2枚目:WL5018 3枚目:PL012、WL6011 4枚目:WL3020WL3001

WLシリーズ」は、デザインや機能も個性豊かで、タフに使えるプロユースなアイテム。現場で使用している人がキャンプにも応用しているというので、サイトでは実際にどう使えるのか、見ていきましょう。

特徴その1:マグネット付きで車にも装着可能

今回ピックアップした「WLシリーズ」のアイテムには底面にマグネットが装着されています。

車のバッグドアなどに取り付ければ、ラゲッジスペースでの作業や荷物の積み下ろしの際にも活躍してくれます。

特徴その2:角度が自在に変えられて、調理シーンや手元の作業にも最適

あたりが暗くなってからも何かと作業が多いキャンプシーンにおいて、的確に手元を照らすアイテムは必須!

WL3006」はスリムなボディでもしっかり自立してくれるので、テーブルのスペースもしっかり確保できます。

また、ライト部分は180度もの角度調整が可能! 照らしたい場所にしっかり光を当てることができるので、細かい作業にも最適ですよ。

特徴その3:頑丈だから蹴ってしまっても安心。地面置きで視野をキープ!

真っ暗闇の中では、ガイロープの引っかかりも心配ですよね。足元を照らすなら「WL6016」を地面に直置きすれば解決!

万が一蹴飛ばしたりしても、タフな作りなら安心ですよね。

特徴その4:明るさを無段階で調整できる

写真の「WL5018」や先ほど登場した「WL3006」は、明るさの無段階調整が可能!

スイッチを回すことで、明るさの微妙な調節が細かくできます。操作性がシンプルで簡単なのも使いやすくて便利なポイントです。
WLシリーズの詳細はこちら!

現場をよく知る大工キャンパー・阿部さんに試してもらいました!

阿部優樹さん
現場監督から大工仕事までこなす内装大工。CLUTCH所属。大手メゾンの旗艦店や商業施設の内装施工を多く手がける。休日にはフィールドに繰り出すアウトドアマン。

大工として現場を知る阿部さんは、なんとキャンプも達人級! 現場と外遊びの両方を知るゆえ、TAKENOWのアイテムを使いこなしてくれるはず!

プロユースのライト、阿部さんならどう使う?

「見た目はまんま工業製品だなと思いましたが、男の人なら好きな人は絶対好きなフォルムですよね!」と慣れた手つきでアイテムを物色。

意外な活用方法も教えてくれました。それは……。

2 / 3ページ