アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!

虫対策の新兵器が登場!OD缶を使った虫除けギア、その使い勝手を徹底検証(2ページ目)

AD for Outdoor

使用方法はとっても簡単!

使い方を見ていきましょう。まずは本体にマットをセットし、OD缶に取り付けます。

そしてスイッチをONにし、2~3秒待ってから、横のスタートタブをカチッカチッと何度か引き上げます。

OD缶を使うだけあって、なんだかシングルバーナーの扱いに似ていますね。

使用中に横の穴から覗き込むと、オレンジの光があることが確認できます。ここで注意してほしいのが、使用中は本体が熱くなるということ。やけどの恐れがあります。

また設置場所には注意が必要です。「うっかり触らない」「燃えやすいものの近くには置かない」「水平で安定した場所に置く」……等々、燃焼中のシングルバーナーと同等のケアを心がけましょう。ウッド天板のテーブル上に置く程度なら問題ありません。

専用の収納バッグも付属

付属の専用トラベルバッグで本体とマットをひとまとめにして持ち運べます。小型ギアはコンテナやバックパックの中で散らばりがちなので、これは嬉しい心遣いですね。

一泊のキャンプならマット3枚でOK

マット1枚あたりの使用可能時間は、最大で4時間です。最初に付属する3枚で合計12時間も使用できますから、1泊のキャンプなら十分でしょう。もちろん別売りマットも用意されていて、そちらは12枚入り。たっぷり48時間分で価格はオープンプライス(参考価格:2,640円/税込)です。

「屋内用なら60日とか保つのに……」と感じる人もいるかもしれませんが、バックパッカーを使うのは壁も天井もないアウトドア空間。虫除けの成分はその場に留まらないので、十分な量を継続して揮散させる必要があるんです。

マットの使用時間がリミットに近づくと、白っぽく変色してきます。マットを交換するときは、本体のスイッチをいったんOFFに。本体が十分に冷めていることを確認した後、新しいマットを差し込んでください。使用済みのマットが押し出され、新旧のマットを交換できます。ちなみに使用済みのマットは燃えるゴミとして処分OKです。

2 / 3ページ