CAMP HACK[キャンプハック]


パーツは?ショップは?費用は?超イケてる「タウンエースカスタム」8選! | 2ページ目

1


@e.na.oさんのカスタム事例

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@e.na.o,Instagram by@e.na.o
カスタム情報
●車体型式等:グレード/GL 4WD、型式/ABF-S412M
●カラー:アーバンカーキマッド塗装
●カスタム:サファリガード装着、フロントリアバンパー、タフトライドX塗装、マッドタイヤ、3インチリフトアップ、ルーフキャリア板張り
●費用:120万円(車両価格込み:走行距離11万キロ)
ご夫婦2人+お子さん3人の5人家族で、2021年だけで年間31泊と実に精力的にキャンプを楽しむ@e.na.oさんのカスタム事例。

こちら、本記事後半のカスタム業者編でもご紹介する愛知県のBro-Sisにて展示されていたのを見て、なんと一目惚れで即購入されたそう!

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@e.na.o,Instagram by@e.na.o
男前なアーバンカーキのマット塗装ボディに、カタカナの「トヨタ」ロゴがユニークなワンポイントに。さらに、ラダーやグリルガードなどはゴツゴツと凹凸のあるテクスチャでワイルド感増し増しの仕上がりです。

こちら、よく似たラバーチッピング塗装よりも高耐久で凹凸の際立つ、「タフトライドX」という塗装によるもの。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@e.na.o,Instagram by@e.na.o,Instagram by@e.na.o
ショップスタッフの提案で板張りにしたルーフラックは、ここでごはんを食べたり景色を眺めてのんびり過ごしたりと大活躍。

サイドにはDODの「クルマッチ」を取り付けてタープを接続したり、エアマットを入れて車中泊したりとさまざまなスタイルでキャンプを楽しんでいます。今後はもっと内装DIYを充実させてもっとワクワクする空間にしていきたいそう。楽しみですね!

@_miki_0801さんのカスタム事例

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801
カスタム情報
●車体型式等:2021年 2WD AT
●カラー:ホワイト、ベージュのツートンカラー
●カスタム:ルーフラック、サイドオーニング(ARB)内装、リアラダー、リアステップ(O.GBaseオリジナル)シート(シート屋へオーダー)サブバッテリーリチウムイオンバッテリー(ムービングベース)走行充電装置
●費用:120万円
お次は、息子さんと一緒に親子でキャンプを楽しみつつ、毎日の通勤にも乗りやすいサイズ感がお気に入りという@_miki_0801さんのカスタム事例。

こちらのカスタム、静岡県でジムニーやランクルなどの四駆を中心にオフロード系カスタムを手がけるO.GBase by CDPシズオカのオーナーであるお父様と弟さんによる施工だそう。なんともうらやましい環境です。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801
自身もキャンパーであるお父様が、@_miki_0801さんのスタイルに合わせ、低コストかつ使いやすく最低限必要な装備にフォーカスしてカスタム。

水が使えるシンクは、子ども連れキャンプでは手洗いなど重宝しているそう。天板のホワイトは息子さんが塗装をお手伝い。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801
また、リアシートの脚を切って短くしたことで、テーブル展開モードでもベッドモードでも、より圧迫感のない広々とした空間を実現。

シートにもこだわり、一見ナチュラルな布地風な合皮素材をチョイス。汚れに強く表面に若干凹凸もあり、汗をかきやすい夏でもベタ付きにくいのが魅力です。

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

出典:Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801,Instagram by@_miki_0801
キャンプのときには、ARBのサイドオーニング+ファスナーで接続できるDARCHEのテント、ARBのDXオーニングテント+薪ストーブなど、幅広いスタイルを満喫中。どれも真似してみたいスタイル、素敵です!

タウンエースのカスタム事例紹介(カスタム業者編)

ここからはカスタム専門業車の事例をご紹介。各社どんなカスタムを得意としているのかなど、サービス面もぜひ参考にしてくださいね。

関連記事