CAMP HACK[キャンプハック]


行動範囲がぐ〜んと広がる!クルマを自由にシェアできる『わりかんKINTO』を使ってみた

1

帰宅時間を気にしないで、自由かつリーズナブルにクルマが借りられる、個人間カーシェアアプリ『わりかんKINTO』が話題になっています。“クルマのサブスク”KINTOから派生した、この斬新なサービスを早速使ってみました!

CAMP HACK 編集部

制作者

CAMP HACK 編集部

年間1,000本を超える記事を配信しているCAMP HACK編集部。毎日様々なキャンプ用品に触れ、多くの専門家と連携している。キャンプの楽しさをもっと広めるため、YouTubeチャンネルでも情報を発信中!

...続きを読む
CAMP HACK 編集部のプロフィール
logo ad for outdoor

電車キャンプに慣れてきた、でも……


CAMP HACK編集部の本田は一昨年にキャンプにハマったばかり。免許はあるけどマイカーがないため、電車で行くキャンプを楽しんでいるけど、最近新たな悩みもあるとか。

電車キャンプは運べるギアや食料に限りがあるから、どうしてもコンパクトなサイトになりがち。でも、そろそろクルマを使ったキャンプもやってみたいなって。大きなサイトでノンビリ過ごしてみたいんです

どうやら、クルマを使った積載力と自由度の高いキャンプに憧れがある様子。しかし今のライフスタイル的に、マイカーはオーバースペック。実際に乗りたいのは週末だけらしい。

レンタカーやカーシェアもいいけど、乗らない時間もお金がかかるし、時間の制約やルールも面倒だなって……

趣味友からクルマを借りてキャンプへ!


そんな本田にピッタリのサービスが、“クルマのサクブスク”でお馴染みのKINTO が展開している『わりかんKINTO』。今、キャンパーの間でも話題になっているカーシェアアプリです。


早速、『わりかんKINTO』を利用して、趣味友でKINTOを愛用しているアンドウさんからクルマを借りてみることに。そして友人を誘って、一泊二日のキャンプに挑戦してみます。

アンドウさんとはアプリで事前にやりとりできるので、当日はカギを借りるだけ。

これでクルマが自由に使えるなんて! めちゃくちゃ簡単ですね。しかもアンドウさんが契約しているKINTOの保険が適用されるから、安心して運転できそうです

いつもと違うギアを積載!ワクワクが止まらないッ!


クルマを借りたら、自宅に戻って荷物を搬入。今回借りたクルマはトヨタのヤリス。コンパクトだけどデュオキャンプの荷物くらいなら余裕で収納可能です。

今日はクルマが使えるから、大きなコンテナやハードクーラーを持ち込んでみました。大きな荷物や重たいギアも気軽に持ち込めるのは最高!

友人からのギアも含めた2人分のチェアや荷物を積んで、いつもと違うキャンプに出発!

キャンプは目的地に向かう道中も楽しい時間。ドライブ中の車内はリラックスした様子で、快適に進んでいきます。