CAMP HACK[キャンプハック]


【1万円以下のギア紹介】大満足な焚き火スタイルはあのブランドで実現!さらに豪華にする方法も!?

0

キャンプではマストと言っても過言ではない焚き火。焚き火台だけでは物足りなく感じている方も多いのでは?

そこで焚き火をより楽しむための「こだわりの焚き火スタイル」が作れるギアを探してきました! “1万円で手に入るギア”の数々、今季のキャンプから取り入れてみてはいかがでしょうか?

CAMP HACK 編集部

制作者

CAMP HACK 編集部

年間1,000本を超える記事を配信しているCAMP HACK編集部。毎日様々なキャンプ用品に触れ、多くの専門家と連携している。キャンプの楽しさをもっと広めるため、YouTubeチャンネルでも情報を発信中!

...続きを読む
CAMP HACK 編集部のプロフィール
logo ad for outdoor

焚き火台だけでは物足りない…


焚き火台といえば、キャンプには欠かせないギアのひとつ。暖を取ったり、ただ眺めたり、キャンプならではの特別なアイテムと言っても過言ではありません。

でも、焚き火台だけでは物足りない、さらには調理をしようと思うと少々不便なことも……。でも大丈夫! 今回は焚き火をより満足するための焚き火スタイルとおすすめの焚き火ギアを紹介しちゃいます!

焚き火の満足度をアップしてくれるギアブランド”ONOE”とは?



CAMP HACK読者のみなさんはご存知、真っ黒なアイアンギアが特徴的な尾上製作所のブランド”ONOE”。鉄製のギアは頑丈で、コスパが良く焚き火好きなキャンパーに支持されています。

また、ONOEのギアは無骨な雰囲気のものが多く、サイトをグッと引き締めてくれます。シンプルな構造なので組み立てが簡単で扱いやすく、初心者にもおすすめです。
CAMP HACKで人気のブランド
「ONOE」の商品はこちら

【1万円以下】幸福度をアップするこだわり焚き火ギア4選!

1. 組み立ては超簡単!サマになる焚き火スタイルといえばコレ


はじめに紹介するのは「ハンディトライポッドブラック」。組み立ては簡単で、脚のパーツを連結するだけで完成。焚き火の上に設置するだけでサマになります。

脚の長さが変えられるのもうれしいポイント。焚き火台のサイズに合わせてちょうどいい高さで使用できます。


脚の長さだけでなく、ケトルやダッチオーブンをかけるフックの高さ調節が可能なので、焚き火料理で失敗しがちな火力のコントロールもお手のもの。これさえあれば、ダッチオーブンの煮込み料理なんかも上手くできそうです。
ハンディトライポッドブラック
サイズ:800×1380(高さ)mm
収納サイズ:505×90×90mm
重さ:2.5kg
価格:4,980円

ハンディトライポッドブラックはこちら続いて、使い勝手抜群の焚き火調理台を紹介します!