CAMP HACK[キャンプハック]


MAAGZ 焚き火陣幕 HUBER900

【業界初!のび〜る陣幕!?】気鋭ブランドMAAGZからキャンプを充実させるアイテム続々

0

焚き火と調理を同時に楽しめる焚き火台「RAPCA」で話題となったアウトドアブランドMAAGZ(マーグズ)。

そんな気鋭のブランドから、よりキャンプを充実させる新作シリーズのなかから気になる3型をピックアップ!

MAAGZらしい斬新なアイデアで、使う以上に楽しめる注目アイテムをご紹介していきます。

yamayama

制作者

yamayama

ショールームでのアウトドアブランドPRを中心に、制作においてはディレクションから編集ライティング、スタイリングまでマルチにこなす気鋭の会社。社員構成はキャンパー、アングラー、サウナー、フェス女子まで揃える外遊びのプロ集団。

...続きを読む
yamayamaのプロフィール

横幅が拡張可能な「焚き火陣幕 HUBER900」

HOBER900 まずご紹介するのは、焚き火をより楽しみたいキャンパーにおすすめの陣幕「HUBER900」

強風から炎を保護するウインドスクリーンとして活躍してくれるほか、サイトの目隠しとしても使えるので、より焚き火に集中できる環境を整えてくれます。

本体のサイズは縦90cm×横230cmと、大きめの焚き火台でもしっかりカバー。もちろんMAAGZの人気焚き火台「RAPCA」とも相性は抜群です。

オプションパーツで拡張可能!

HOBER900 拡張そして、「HUBER900」最大の特徴は、別売の「拡張パネル」を追加することでサイズを横に拡張できるという点。ソロキャンプだけでなく焚き火を2〜3個使用した大人数のキャンプまで、幅広く活躍してくれます!

HOBER900 ファスナー 扱いも簡単で、本体と「拡張パネル」それぞれのファスナーを繋ぐだけで簡単に連結が可能! 設営・撤収もスピーディーに終わらせることができるので、焚き火を楽しむ時間をしっかり確保できますね。

利便性を向上させるハンギングチェーン&サイドポケット

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
本体の端から中央まで、ポールにそってハンギングチェーンを配置。カラビナやフックなどを使えば焚き火周りのギアや、調理道具まで引っ掛けて収納することができます。

また、下部には収納力のある大きめのポケットも。グローブやトングなど、かさばりがちなアイテムもきっちり収まりますよ。

タフで火の粉にも強いメインファブリック

HOBER 生地 焚き火の火の粉にも耐える素材として、ボディには綿100%帆布(8号)を使用。引き裂きにも強いタフな素材なので、長く使えて安心ですよね。

「HOBER900」の詳細はこちら

オリジナリティーを楽しめる「バックソーDIYキット」

バックソー 続いては、欧米のアウトドアシーンで長く使われているアイテム「バックソー」をオリジナルに加工できるDIYキットが登場。使うだけでなく、作るところから楽しめてより愛着が湧きそうですよね!

ラインナップは、ハンディで手軽に使える10インチと、太い丸太も切れそうな24インチの2サイズ展開。いずれも持ち運び時はコンパクトになるので、幅広いシーンで使えるのもメリットです。

世界に一つだけのギアを作れる

バックソー フレームは硬質でありながら弾力性も含んでいるブナの木を使用。ナイフや荒目の金属ヤスリで自分の持ちやすいような形にしたり、風合いが出るオイルを塗布することで、世界に一つだけのオリジナルデザインに仕上げることができます。

既製品と違い、自分で作ったギアをキャンプで使う楽しみを体感できますよ!

「バックソーDIYキット」の詳細はこちら

ギアをまとめられる「マルチツールバッグ S」

マルチツールバック どうしても細々したギアや小物が増えてしまうキャンプにおいて、それらをまとめて管理できる収納アイテムは欲しいところ。MAAGZの「マルチツールバッグS」は、調理グッズや焚き火まわりの道具など、なんでも入れてOK!

収納が煩雑になりがちなアイテムたちをまとめてくれて、持ち運びも楽にしてくれる気が利いた収納バッグになってます。

中身も取り出しやすいウォールポケット風としても◎

マルチツールバッグ イメージ フラップを開いた状態でテーブルやラックに吊り下げれば、物が取り出しやすいウォールポケット風な使い方も可能! ベルトの長さも調節できるので、使いやすい場所にセットできるのもうれしいポイントですね。

「マルチツールバッグ S」の詳細はこちら

斬新なMAAGZ新作アイテムでよりキャンプを楽しもう

まとめ アウトドアで活躍する実用性と、長く使いたくなるデザインを兼ね備えたアイテムが充実しているMAAGZの新作シリーズはいかがでしたでしょうか?

気鋭のブランドゆえの斬新なアイデアは、幅広いキャンパーに響きそうですね。人気で手に入らなくなる前に、早めのチェックをおすすめします!

MAAGZ公式オンラインストアはこちら

関連記事