CAMP HACK[キャンプハック]


【2022年2月ランキング】CAMP HACK読者が、最も購入したキャンプ道具 TOP10

0

CAMP HACK読者が日々購入しているキャンプ道具のランキングを調査!

2022年2月は何が人気だった? もしかしたら自分が買ったアイテムもあるかも……? 今回も売れ筋TOP10をご紹介します。

内舘 綾子

制作者

内舘 綾子

“キャンプのある暮らし”をコンセプトに活動するクリエイターズユニット、CAMMOC(キャンモック)メンバー。ライター/キャンプコーディネーター/防災士として活動する傍ら、二児の母としてファミリーキャンプの楽しさや過ごし方をインスタグラムにて発信中。そしてとにかくビールが好き。

...続きを読む
内舘 綾子のプロフィール

アイキャッチ画像作成:編集部

2022年2月にCAMP HACK読者が最も購入したキャンプ道具は?

川岸 キャンプ
出典:Instagram by@shirocamp
少しずつ暖かい陽気に包まれ、春到来が待ち遠しいこの頃。すでに週末や1〜2ヵ月先のキャンプ場を予約したという方も多いのでは? 筆者もその一人です!

そんな次回キャンプに向けての装備は万端ですか? 春ですし、心機一転ニューギアを迎え入れてみはいかがでしょうか?

2021年2月に配信した記事から、とくに売れたアイテムをランキングで紹介

バンドック ソロベース
出典:Instagram by@tomobei_no_heya
毎月恒例のランキング記事は、月内に配信したCAMP HACKの記事から読者が購入したアイテムをランキング形式で発表しています(実際に購入された金額や個数などの数値を複合的に集計)。

今月はビギナーはもちろん、ちょっとキャンプにマンネリしてきたかも? という方におすすめなギアが勢揃い。

それでは早速、2022年2月にCAMP HACK読者が記事を見て購入したキャンプ道具TOP10を紹介します!

【みんなが買ってる】読者が購入したキャンプ道具TOP10

10位:THE TORCH ミニスウェーデントーチ

ザ・トーチ ミニスウェーデントーチ
撮影:AKT
誰でも気軽に丸太で焚き火が楽しめる、THE TORCHのミニスウェーデントーチ。500ml缶より一回り大きく、重量はたったの350gと手軽なサイズ感が特徴。

もともと十字の切り込みが施され、付属の着火剤に火をつけるだけでスウェーデントーチが堪能できます。焚き火を楽しむのはもちろん、そのまま飾っておくもよし、プレゼントにもおすすめです。
ザ・トーチ ミニスウェーデントーチ
撮影:AKT
さらにミニスウェーデントーチにぴったりの焚き火台とスキレットセットは、同時にチェックしておきたいアイテム。気になった方はぜひ関連記事をチェックしておきましょう。

THE TORCH ミニスウェーデントーチ

●サイズ:約直径9.0cm×高さ13.5cm
●重さ:350g前後
●燃焼時間:30-60分
●付属品:着火剤2本付き


▼紹介している記事はこちら

9位:バンドック ソロベース

バンドック ソロベース
撮影:秋葉実
ソロキャンパーから圧倒的な支持を得ている、バンドックのソロベース。火の粉に強いポリコットン素材でキャノピー用のサブポールも付いて、お値段なんと2万円台という高コスパ。

ジッパー式でフルクローズの使い勝手も良好。無骨な軍幕のフォルムやカラーを再現し、幅広い層から一目置かれる存在です。
バンドック ソロベース
撮影:秋葉実
キャンプスタイルの決め手となるテント選びは、結構悩む人も多いのではないでしょうか。そんなときこそCAMP HACKが実施したアンケート結果を参考にしてみてください。

バンドック ソロベース

●フライサイズ:W360xD190xH110cm
●インナーサイズ:約1900×850×1000mm
●収納時サイズ:約400×200×200mm
●重量:約4.48kg
●素材:フライ/コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%)、インナー/ポリエステルメッシュ、フロア/ポリエステル、ポール/アルミ合金


▼紹介している記事はこちら

8位:ミニマルワークス シェルターG

ミニマルワークスの「シェルターG」
撮影:秋元 祐輝
シーンに合わせて様々なスタイルが楽しめる、ミニマルワークスのシェルターG。韓国で絶大な人気を誇るテントメーカーで、クオリティとコスパの高さが特徴。

風に強いドーム形状で、2本のメインポールを入れただけで自立可能。そのため1人でも設営しやすく、前後を大きく開けてタープのようにも使えます。
ミニマルワークスの「シェルターG」
撮影:秋元 祐輝
実際のサイズ感や使用風景、どんな人にオススメなのかいろいろと気になるところ……。そこで実際に購入したベテランキャンパーのリアルなレビューをチェックしておきましょう。

ミニマルワークス シェルターG

●サイズ:
使用時 350×300×170(h)cm
収納時 65×25cm
●重量:6.4kg


▼紹介している記事はこちら

7位:ランバージャックスチェア

ランバージャックスチェア
出典:楽天
架空の森の男“ランバージャック”が愛用しているフォールディングチェア。天然ウッドのフレームにポリエステル製のヒモを編み込んだシンプルなアイテム。

コンパクトに折りたたむことができ、積載も収納も楽チン。座るのはもちろん、ジャグスタンドやちょっとしたテーブル代わりにも使い込むほどに愛着が湧く1脚です。

ランバージャックスチェア

●サイズ : W31×D25×H31cm 
●収納サイズ:W31×D6×H38cm
●重量 : 1.2kg



ちなみにランバージャックスチェアは2,640円と見た目以上にお手頃! そんなファッション性と実用性を兼ね揃えた3,000円以下のアイテムを紹介します。
▼紹介している記事はこちら



6位:マタドール フラットパックソープバーケース

マタドール「フラットパック ソープバーケース」中に何もない状態でウッドテーブルに置いて
出典:Instagram by@tomo3family
濡れたものを入れると乾く不思議な袋、マタドールのフラットパックソープバーケース。防水素材に特殊なコーティングを施すことで、濡れた石鹸を入れると24時間後には乾いているという画期的アイテム。

外からの水の侵入を防ぎ、内側の蒸気を逃がすも水分が漏れ出ることはありません。石鹸と泡だてネットを入れたり、キャンプや旅行時に大変便利です。

マタドールフラットパック ソープバーケース

●サイズ:最大4×2.4 x 1.3インチ


@tomo3familyさんインスタ画像_薪スト調理中
出典:Instagram by@tomo3family
このアイテムを教えてくれたのは、おしゃれママキャンパー@tomo3family さん。ファミリーキャンプならではの悩みと、その解決策について熱弁してくれました!

▼紹介している記事はこちら

5位:コラプズ コラプシブル2in1ウォーターキャリア&バケツ

ウォータージャグ
出典:Instagram by@shirocamp
使い勝手三つ星評価のウォータージャグ、コラプシブル2in1ウォーターキャリア&バケツ。8Lの容量がありながら、折りたたむと厚みはたったの6cmとコンパクトに収納可能。

環境や人体に悪いとされるBPAが含まれていない素材を使用し、コップなどが注ぎやすいようスタンド付き。バケツとしても使用でき、キャンプや車中泊、災害時の備えとして万能なアイテムです。

コラプズ コラプシブル2in1ウォーターキャリア&バケツ

●展開サイズ:約直径22cm×高さ25cm
●収納サイズ:約直径22cm×高さ6c,
●重量:約600g
●容量:8L


「すべてがお気に入りです!」とこのジャグを紹介してくれたのはキャンプ歴7年の@shirocampさん。インスタグラムでギア探しをすることもあるようで、他にもお気に入りの愛用ギアを教えてくれましたよ。

▼紹介している記事はこちら

4位:ロビーボン Aurora A1x

RovyVon「Aurora A1x」のミリタリーグリーン使用例3例
出典:Instagram by@rovyvon.ig
小指ほどのサイズなのに最大650ルーメンという驚異の明るさを放つ、ロビーボンのAurora A1x。小型なのにIPX-65の防水性を備え、キャンプや災害時の強い味方となるタフな存在。

付属のクリップは着脱可能で、バックパックや帽子などさまざまな場所に装着できるのも便利。男前なデザインとカラーにも注目です。

ロビーボン Aurora A1x

●サイズ:60.5×15.6mm
●重量:16.8g
●最大出力:650ルーメン/CREE XP-G3(最大66時間持続)
●電池:330mAh充電式リチウムポリマー電池
●充電時間:90分
●材質:ポリアミド樹脂、PVDコーティング
●付属品:ユーザーマニュアル、SS キーリング、USB ケーブル、ポケットクリップ


▼紹介している記事はこちら

3位:新コスモス電機 快適ウォッチ SC-725T

新コスモス電機 快適ウォッチ SC-725T
撮影:TOMOKO YAMADA
第3位は、日本製という信頼と安心を兼ね揃えた、新コスモス電気の快適ウォッチ。一酸化炭素を検出し、煙センサーも搭載。住宅用防災警報器検定や一般財団法人日本ガス機器検査協会検査にも合格した火災警報器。

海外製の安価なものより値がはる分、日本の気候に対応し日本基準を満たしている快適ウォッチは安心度も高まります。
石油ストーブ
撮影:TOMOKO YAMADA
冬キャンプでは自己責任のうえで幕内にストーブを設置するキャンパーが多く、一酸化炭素チェッカーはマストアイテムの一つ。記事では快適ウォッチのレビューの他、幕内でストーブを使用する際のポイントも紹介しています。

新コスモス電機 快適ウォッチ SC-725T

●サイズ:W85×H100×D30mm(突起部を除く)
●重量:約145g(電池含む)
●電源:専用リチウム電池
●電池寿命:約10年 ※ご使用の環境・条件などによって短くなる場合があります。
●定格:DC3V,300mA
●使用温度範囲:0℃〜+40℃(結露しないこと)
●付属品:専用リチウム電池、石膏ボード用取付フック(1個)、ピン(3本)、取付ねじ(1本)、取扱説明書(保証書付)


▼紹介している記事はこちら

2位:カーリ LOIMU X2

カーリ「LOIMU X2」3色の蓋を開けて伸ばしたところ
出典:Instagram by@kaarijapan,@trunk_six
フィンランド発のクールなライター、カーリのLOIMU X2。燃料不要な充電式で、1回の充電で80回点火できる超エコなプラズマ式ライター。

伸縮式の先端から1100℃のアーク放電で点火し、IPX7の防水性でアウトドアにぴったり。底部には100ルーメンのLEDライトも搭載し、スマートな男前アイテムです。

カーリ LOIMU X2

●サイズ:14×3×3cm
●バッテリー:リチウムイオンポリマーバッテリー
●バッテリー容量:300mmAh
●フル充電で80回の着電が可能
●材質:ポリカーボネート
●付属品:ベルトホルスター、ミニカラビナ、ストラップ、USBケーブル


見たら思わず手に入れたくなってしまうほど、キャンパー心を掴んで離さない小物ギアたち。なかでも感度の高いCAMP HACK読者のために厳選したアイテムは必見です。

▼紹介している記事はこちら

1位:ワークタフストーブ WTS500

ワークタフストーブ WTS500
出典:plywood
第1位は、二次燃焼でパワフルに燃やしきる、ワークタフストーブ。初めての薪ストーブにもぴったりといえるほど使い勝手が良く、収納時もコンパクトで持ち運びやすいアイテムです。

薪ストーブのなかでも軽量でパワフル燃焼が特徴。暖をとるのはもちろん、調理器具としても活用できます。広めの窓から中の炎が眺められる作りもポイントで、薪ストーブの楽しみをギュッと詰め込んだ1台。

ワークタフストーブ WTS500

●組立て時サイズ:約幅40×奥行54.5×高さ266cm(煙突、パーツ含む)
●収納時サイズ:約幅26×奥行50×高さ30cm
●脚の高さ:約24cm
●重さ:約10kg
●素材 本体:ステンレススチール、ガラス部位:耐熱ガラス(正面ドア窓、サイド窓)、収納バッグ:ナイロン
●煙突直径:約7.62cm
●セット内容:本体(500)×1、煙突×4、ダンパー付き煙突×1、煙突蓋×1、灰落とし用スクレーパー×1、火格子×1、シェルフ×1、収納バッグ×1、ハンドル×1


先月のランキングでは10位だったワークタフストーブ。他にはどんなアイテムがラインナップしていたのか、先月のランキングも振り返っておきましょう!

▼紹介している記事はこちら

3月のランキングもお楽しみに!

薪ストーブ
撮影:AKT
今月はデザイン性の高い小物ギアが勢揃い! ベテランキャンパーが愛用するというお墨付きもあり、早速春キャンプから活用できそうです。ぜひ3月のランキングもお楽しみに!

✔️こちらの記事もチェック

紹介されたアイテム

関連記事