CAMP HACK[キャンプハック]


これからバズるかも?バイヤー御用達の展示会で見つけた、最新キャンプグッズ10選 | 3ページ目

5


7. コスパに優れた防虫機能付きシェード

シナノワークス「マッフル」
後半は、「東京インターナショナル・ギフト・ショー」出展ブランドから紹介します。

こちらは、「ファイヤーブラスター」シリーズや「スナイプハンガー」などのヒットアイテムを生み出してきた、シナノワークスの新商品「マッフル」。ゴールゼロ社のLEDランタン「ライトハウスマイクロ」シリーズ用の樹脂製シェードです。

ミルクガラスを思わせるレトロな見た目で、ヴィンテージ系のサイトにもハマりそうなデザインの「マッフル」。かぶせるだけで、ライトの光を優しく和らげます。

シナノワークス「マッフル」
素材には、再生可能な植物由来原料が主原料のバイオエンプラ『デュラビオ™』を使用。さらに樹脂には虫が嫌がる成分が配合おり、虫の集まりを減らせます。税込価格は1,650円で、3月〜5月発売予定です。

「マッフル」についての問い合わせはこちら


8. 縦でも横でも使えて、サイズも変わる「マルチミニポーチ」


続いては、アウトドアシーンに最適なバッグやポーチを展開するブランド、HOLD TUBE(ホールドチューブ)から「マルチミニポーチ」を紹介。

こちらはコーデュラナイロンでできた、小銭やキーが入るカードサイズのミニポーチで、ネックストラップが付属し、縦でも横でも使える自由度の高い作りが特徴です。


さらに印象的だったディテールが、裏面に設けられたポケット。展開することで、スマホを収納できる大きさのポケットが現れます。

キャンプはもちろん、ちょっと近所のコンビニに行くときや、野外フェス、登山などさまざまなシーンで活躍しそうなアイテムですね。税込価格は2,970円、5月発売予定。

「マルチミニポーチ」についての問い合わせはこちら

9. これ、全部同じランタンです!


優しい暖色の灯りに癒されるこちらのランタンは、新しいLEDランタンブランドjavalantern(ジャバランタン)のもの。

キャンプや家など、さまざまなシーンで使いたくなる高級感のあるデザインに惹きつけられます。複数並んでいますが、実はこちら全部同じランタンなんです。


収納時は、こんな外観。じゃばら状のシェードを引き出すことで、さまざまなスタイルを楽しめるようになっています。

シェードの素材には防水性と耐久性に優れたデュポン社のタイベック素材を使用し、ウッド部分はバンブーと、ウォールナットの2種類が選べます。ハンドルが付いているので持ち運びにも適しており、屋内だけでなくちょっとした野外使いも可能。

点灯時間は1回の充電で5〜7時間。税込価格8,580円で、発売日は2月末予定。

「ジャバランタン」についての問い合わせはこちら

10. あの人気ボックスにシンデレラフィットな水切りかご


最後は、今年スタートの新ブランドPastool(パスツール)のアイテム「メッシュ付きはっ水ソフトコンテナ」です。

こちらはフタがメッシュ素材になっているソフトコンテナで、キャンプの食器洗いに便利なアイテム。シンクとして使用し、食器をじゃぶじゃぶ洗って、メッシュの利点を活かしてざばっと水切りができ、面倒な洗い物の効率がアップします。

こういったアイテムでここまで大きなものは無かったので、洗い物が多くなりがちなファミリーキャンパーの方はより恩恵が得られそうですね。


さらに特筆すべきは、愛用者の多い、トラスコ中山の永久定番収納コンテナ「トランクカーゴ」にジャストフィットな寸法になっていること(50リットルサイズのみに適合)。

洗った食器をソフトボックスからコンテナに詰め替えることなく収納できます。フタがメッシュなので多少乾燥があまくても乾きやすいのもうれしいところ。ソフトボックスなので、不使用時は潰してコンパクトに収納可能です。税込価格2,750円、4月末発売予定。

「メッシュ付きはっ水ソフトコンテナ」の問い合わせはこちら


今年も続々ヒットアイテム登場の予感…….

今回足を運んだ展示会では、まだまだ記事では紹介しきれないほど、魅力的な新商品があふれていました。新しいブランドも続々登場するので、今年のアウトドア市場はさらに盛り上がりそうな予感です!

▼こちらの記事もおすすめ!


 

関連記事