最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
コールマンのフォールディングチェア

コールマンのフォールディングチェア特集【限定カラーやカスタムも】

コールマンのフォールディングチェアが人気な理由がわかる!実際の使用感レビューから限定カラーやカスタムまで紹介しています。新しいローチェアの選択肢にフォールディングチェアを検討されてみてはいかがでしょう?

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by @coleman_japan

コールマンのフォールディングチェアが人気のヒミツって?

コールマンフォールディングチェア(レッド)

出典:Amazon

シンプルながら幅広いカラー展開で、多くのキャンパーの心を射止めているチェア、コールマンのフォールディングチェア。なぜ人気で愛用者が多いのか、その秘密に迫ります!

①お手頃価格で手に取りやすい!

お値段は定価で6,980円。「これからキャンプを始めようとする方」であっても手に取りやすい価格帯です。なんとAmazonでは、定価より安く4,000円程度で購入できることも。コストパフォーマンスの良さが人気の理由の一つになっています。

②折りたたみで持ち運びも◎!

コールマンフォールディングチェア 収納状態

その名のとおり、折りたたみ可能であるのがこのチェアの最大の特徴。たたむと薄くなるため、クルマへの積載に頭を悩ませる心配が少ないです。

自宅での保管も場所を選ばず収納できる点は、大きな魅力になりますね。

③キャンプでも家でも使える!

コールマンのフォールディングチェア 家での使用イメージ

出典:Instagram by @coleman_japan

カラー展開は、他アウトドアメーカーのチェアと比較にならないほど豊富。それゆえ、落ち着いた色味を選べば自宅でも十分使えます。薄くコンパクトに折りたたみできるので、急な来客用チェアとして用意しておいても◎。

2022年現在、選び放題なカラーは8種存在

コールマンのフォールディングチェア(コラボモデル)

出典:Instagram by @coleman_japan

コールマンのフォールディングチェアは限定色含めて、数多くのカラーが展開されています。カラーは定期的に入れ変わりがあるようですので、お気に入りを見つけたときが買いです!2022年現在、確認できたのは以下のカラー。どんな色味があるのか、みていきましょう。

・レッド(公式)
・オリーブ(公式)
・グレー(公式)
・へリンボーン
・デニム
・ネイビー
・コヨーテ(UR別注)
・BEAMSコラボ「FLASHパターン」

レッド(公式)

コールマンのブランドカラー、レッド。キャンプサイトに鮮やかなカラーを取り入れたいときには間違いなくコレ。

コールマン アウトドアチェア コンパクトフォールディングチェア オリーブ

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

オリーブ(公式)

ややくすみのあるオリーブカラー。ミリタリーテイストのキャンプサイトによく合う定番色です。

コールマン フォールディングチェア オリーブ

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

グレー(公式)

薄めのグレーカラー。落ち着いたシンプルな色味で、どんなキャンプサイトにも合わせやすい一脚。

コールマン フォールディングチェア グレー

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

へリンボーン

ファッショナブルなギアを展開するモンロと、コールマンが手を組んだインディゴレーベルのラインナップからは、ベージュ色が販売されています。フレームとアームレストが上品な色合いに変わっている点に注目。

コールマン IL コンパクトフォールディングチェア ヘリンボーン

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.2kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

デニム

色鮮やかな青が映えるデニム色は、スポーツオーソリティの限定カラーです。ワンポイントのロゴマークがより際立つ一脚です。

コールマン フォールディングチェア デニム

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

ネイビー

デニムよりも深い青がお好みならネイビー色はいかがでしょう。過去には背面がネイビー、座面がレッドのタイプも存在していましたが、現在は廃盤品となっています。

コールマン チェア コンパクトフォールディングチェア ネイビー

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

コヨーテ(UR別注)

コヨーテカラーはアーバンリサーチとコールマンのコラボラインから。アームレストが質感の良いブラック仕様になり、バックにはコントラクトナンバーをイメージしたプリントあり。所有欲を満たしてくれる一脚に仕上がっています。

コールマン 別注コンパクトフォールディングチェア コヨーテ

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

BEAMSコラボ「FLASHパターン」

第12弾となるビームスとのコラボは、世界的に有名なデザイナー、イーリーキシモトさんの「FLASH」パターンを取り入れたもの。知る人ぞ知る近大的なデザインチェアが、あなたのキャンプサイトをワンランク上に引き上げてくれそうです。

ELEY KISHIMOTO × Coleman × BEAMS / 別注 「FLASH」パターン コンパクト フォールディング チェア

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

実際に使ってみたら想像以上の座り心地だった

コールマンフォールディングチェア
カラー展開豊富で、多くのキャンパーが口をそろえておすすめするチェア。これは私自身も使ってみるしかないということで、実際の使用感を確かめてきました。

コールマンが座り心地にこだわったというフォールディングチェアの実力やいかに……! 良かった点、少し気になった点も含めて紹介します。

安定感◎!

コールマンフォールディングチェアのフレームパーツ
注目したいのは、体重を支える脚部。点で支えるタイプではないため、座り心地はよくとても安定します。持参したヘリノックスのチェアワンは転倒してしまうほどの強風でしたが、フォールディングチェアは倒れることなく安心感がありました。

座面の張り感は、硬すぎず、やわらかすぎず絶妙な感じ。長時間座っても疲れ知れずなのは、実証済みです。

秒で組み立てられる

コンパクトフォールディングチェア組み立て
背もたれの取手と、座面の取手を広げるだけでチェアが展開します。展開時にも引っかかりや固さもなくスムーズです。

コンパクトフォールディングチェア
収納時にはマジックテープでとめて、不意にチェアが展開しないように折りたためます。

いままでヘリノックスの組み立てに、ほんの少しわずらわしさを感じていた私。オートキャンプならコールマンのフォールディングチェアを使うと心に決めました。

思ったより軽い

コールマンフォールディングチェア 持ち運び
チェアの重量は2.1kg。持ち手のナイロン素材がバランス良く真ん中に配置されています。チェアの中央で支えているからか、スペック表記ほど重さは感じなかったというのが正直な感想でした。この重さなら苦労なくクルマへ積み込めるはずです。

座面の高さは絶妙

コンパクトフォールディングチェアの高さ
座面の高さは28cm。ローチェアに分類されるフォールディングチェアですが、立ち上がりは苦もなくスムーズ。

チェアと地面の接地面が広く安定しているので、身長170cmの私でもスッと立ち上がれます。焚き火まわりのツールを扱うにもほどよい高さがGoodです。

折りたたみやすいギミック

コンパクトフォールディングチェアフレーム折りたたむ際に2点のフレームを持って折りたたみますが、このアルミフレームに注目。これ、動くんです。チェアを折りたたむ際にはくるんと回ってくれるので、余計な力を入れずとも簡単に折りたためます。

少し気になったところ

持ち運びに難あり

コンパクトフォールディングチェアの収納サイズ
チェアの構造上仕方のないことですが、折りたたんだとしても収納サイズは大きくなってしまいます。徒歩キャンプやツーリングキャンプだとチェアの選択肢からはずれてくるかも。

火の粉に弱い

コールマンフォールディングチェアの背面生地
座面の素材はポリエステルを使用しているため、火の粉に弱いのが難点。しかしコールマンにはファイヤープレイス フォールディングチェアという防炎生地を使用したローチェアもあります。

燃えないわけではありませんが、通常タイプと比較して火には強いタイプがこちらのチェア。焚き火のそばでチェアを使うことが多い方は合わせてチェック必須です。

コールマン ファイヤープレイス フォールディングチェア

●使用サイズ:約54cm×55cm×61(h)cm
●収納サイズ:約54cm×8.5cm×56.5(h)cm
●重量:約2.1kg
●座面高:約47cm
●座面幅:約28cm
●耐荷重:約80kg

耐荷重と座面幅

コンパクトフォールディングチェアとヘリノックスチェアワンの比較
体格の良い方だと耐荷重量(80kgまで)と座面幅(47cm)に心もとなさ、窮屈さを感じるかもしれません。

そんなあなたには2022年モデル、フォールディングチェアワイドをおすすめします!収納サイズは通常モデルより大きくなってしまうものの、座面幅は大きくゆったりサイズに。ハイバックタイプで、重量も100kgまでとグレードアップ。キャンプ場でのひとときをより快適にしてくれる一脚です。

コールマン フォールディングチェアワイド

●使用サイズ:約67×62×101(h)cm
●収納サイズ:約67×8×96(h)cm
●重量:約2.2kg
●座面高:約57cm
●座面幅:27.5cm
●耐荷重:約100kg

座面のカバー張り替えは可能?

チェアのカラーが人とかぶりたくない、もしくは座面の素材を変更したい方もいらっしゃるのでは。実はコールマンのフォールディングチェアの座面のカバー張り替え・改造は可能です。

オンライン上で張り替えキットが多数販売されていますので、好みの素材やカラーに仕上げたい方はぜひ探してみてください。(ただし張り替えは自己責任で!)
Hampty Deco:張り替えキット詳細はこちら

コールマンのフォールディングチェアは納得の座り心地!

コールマンのフォールディングチェアに座る男性
キャンプチェアのなかでは、定番中の定番であるコールマンのフォールディングチェア。多くのキャンパーが愛用していることもあって、その実力は確かなものを感じました。

これからキャンプチェアの購入検討されている方はもちろん、ローチェアの買い替えを考えている方には有用な選択肢になるはず。キャンプ用品にフォールディングチェアのお出迎えを新たに検討してみてはいかが?

こちらの記事もおすすめ