CAMP HACK[キャンプハック]


【2021年12月ランキング】CAMP HACK読者が、最も購入したキャンプ道具 TOP10

1

CAMP HACK読者が日々購入しているキャンプ道具のランキングを調査!2021年12月は何が人気だった?もしかしたら自分が買ったアイテムもあるかも…?今回も売れ筋TOP10をご紹介します。

内舘 綾子

制作者

内舘 綾子

“キャンプのある暮らし”をコンセプトに活動するクリエイターズユニット、CAMMOC(キャンモック)メンバー。ライター/キャンプコーディネーター/防災士として幅広い分野で活動する傍ら、二児の母としてファミリーキャンプの楽しさや過ごし方をインスタグラムにて発信中。

...続きを読む
内舘 綾子のプロフィール

アイキャッチ画像作成:編集部

2021年12月にCAMP HACK読者が最も購入したキャンプ道具は?

PASECO ストーブ
撮影:AKT
2022年がスタートしました! 年越しや雪中キャンプを楽しむキャンパーがいる一方で、「寒い時期のキャンプって、みんなどんなアイテムを使って工夫してるの?」と気になっている方もいるのでは?

そこで、冬のアウトドアに備えてCAMP HACK読者が購入したアイテムをチェックしておきましょう!

2021年12月に配信した記事から、とくに売れたアイテムをランキングで紹介

焚き火で焼肉
撮影:秋葉 実
毎月恒例のランキング記事は、月内に配信したCAMP HACKの記事から読者が購入したアイテムをランキング形式で発表しています(実際に購入された金額や個数などの数値を複合的に集計)。

今月は冬キャンプに欠かせない防寒グッズはもちろん、意外にもオールシーズン使えそうなヘビロテアイテムやオシャレギアまで! 今回も、見逃せないラインナップになっていますよ。

それでは早速、2021年12月にCAMP HACK読者が記事を見て購入したキャンプ道具TOP10を紹介します!

【みんなが買ってる】読者が購入したキャンプ道具TOP10

10位:Soomloom チタンペグ 30cm 4本セット

Soomloom チタンペグ
撮影:秋葉 実
第10位は、激安ギアで有名かつAmazonで高評価の多いブランド「スームルーム」のチタンペグ。「軽い!」「高強度!」「錆びない!」という三拍子が揃った最強ペグで、定番の鉄製の鍛造ペグと比べると、軽さはおよそ1/3。砂利混じりの地面でも問題なく打ち込めて、安定感があります。
撮影:秋葉 実
実際にどれほどの強度があるのか、このチタンペグを定番人気の鍛造ペグと徹底比較。果たしてこれは買って良かったのか……? 特集記事で購入者の本音をチェック!

Soomloom チタンペグ 30cm 4本セット

●サイズ:30cm
●直径:8mm
●重量:約70g(1本)



9位:エクスペド メガマット ルビーレッド

出典:Instagram by @campsails
ハイレベルな断熱性で地面からの底冷えをシャットアウトしてくれる、エクスペドのメガマット10。世界一快適なマットと言われるほどの実力から、多くのキャンパーに支持されています。

インフレータブル式で10cmの厚みがあり、寝心地は極上。ミニポンプや簡単に収納可能なバッグが付いて、使い勝手もバッチリです。
提供:CAMPSAILS
大阪府豊中市にあるアウトドアショップ「CAMPSAILS」でも、この時期大変売れているそう。他にはどんなギアが売れているのか? 記事では現場のホットな情報をお届けしていますよ。

エクスペド メガマット

●使用サイズ:長さ183×幅65×厚さ10cm
●収納サイズ:直径20×長さ67cm
●重量:本体/2070g、ポンプ/45g、スタッフバック/160g
●材質:[トップ]50Dポリエステル・TPUポリエーテルフィルムラミネート・耐加水分解・ハニカムエンボス・Oeko−Tex認証、[ボトム]75Dポリエステル・TPUポリエーテルフィルムラミネート・耐加水分解・ハニカムエンボス・Oeko−Tex認証[中綿]16 kg/平方メートル opencell PUフォーム・Oeko−Tex認証
●付属品:マット、収納袋、ミニポンプ、リペアキット
●カラー:グリーン、ルビーレッド
●対応温度:−40 度
●R値 (ASTM F3340):8.1
●保証:5年



8位:ナイトコア LEDキーライト


出典:Instagram by @masa.prado
8位はちょっとユニークなギア、ナイトコアのLEDキーライト。「これはリップスティックじゃないの?」と見事に周りを騙せそうなデザインですが、電球部の露出を調整してON/OFFやモードの切り替えができるライトなんです。

しかもテール部分がマグネットになっているため、ポールや車に装着できて便利! さらに防水性能もIPX6と雨の中でも問題なく使えて、ルックス以上にハイスペックな小型ライトです。
出典:snowpeak
オシャレなギアはキャンプ気分を一層盛り上げてくれて、アウトドア好きな相手へのプレゼントにもぴったり。ギフト選びに迷ったら、手軽な3,000円台で購入できるセンス溢れるキャンプギアを集めたこちらの記事をどうぞ!

ナイトコア LEDキーライト

●サイズ:78.5mm×22.6mm
●重量:42.7g (電池抜き)
●材質:ボディ/アルミ合金、拡散チューブ/樹脂
●付属品:予備Oリング、ストラップ
●明るさ(XP-G2):Hi/135ルーメン、Mid/40ルーメン、Low/10ルーメン
●明るさ(高演色CRI):Hi/85ルーメン、Mid/30ルーメン、Low/9ルーメン
●照射時間:Hi/1時間30分、Mid/6時間、Low/23時間
●防水性:IPX6
●使用電池:単三乾電池、ニッケル水素充電池




7位:カロッツェリア 車載用Wi-Fiルーター

パイオニア車載wifiルーター_使用例いろいろ
出典:Instagram by @carrozzeria_jp
昨年話題となった車載用Wi-Fiルーターが7位にランク入り。安定したWi-Fi環境があれば、車中泊やお子様連れのロングドライブなどで、仕事やYouTubeなどスムーズに進めることができます。

取り付け方法はシガーソケットにケーブルを差し込むだけと超簡単! 1日から契約プランが選べて、LTEデータ通信が無制限で使い放題という画期的なアイテムなんです。
出典:Instagram by @juri8007
キャンプへ向かう道中をより快適にしてくれる車内グッズは他にもたくさん! 特集記事では、日々進化する最新かつ便利なアイテムを厳選して紹介していますよ。

カロッツェリア 車載用Wi-Fiルーター

●サイズ:91.5×16×44.5mm
●重量:50g(電源ケーブルなどを除く)
●電源電圧:DC12 V/24 V(専用シガーライター電源ケーブル付属)
●消費電力:1.2 W(typ)(12 V 入力時)
●動作温度:10 ℃〜+60 ℃
●動作時湿度:90%以下
●UIM カード:nanoUIM
●取付推奨角度:0°〜 20°
●最大同時接続台数:5台
●付属品: ケーブル(1.5m)



6位:ミニマルワークス パプリカ

出典:Instagram by @1611_hiro_r
ここで韓国発のブランド「ミニマルワークス」の人気テント、パプリカが登場! 冬キャンプに気になる結露を最小限に抑える3層構造生地と、重量2.2kgという軽さがポイント。

クロスポール+リッジポールで簡単に設営撤収が可能と構造もシンプルで、ULキャンパーはもちろん初心者にもハマるテントです。
出典:Instagram by @side_mountain_studio
12月は1年の最終月ということで、自分へのご褒美にと高額ギアを手に入れた方もいたのでは? そんなキャンパーたちの“お買い上げギア最前線”を徹底リサーチした記事も、お買い物の参考にチェックしてみてくださいね!

ミニマルワークス パプリカ

●使用時サイズ:W230×D140×H120cm
●収納時サイズ:W40×D15×H15cm
●重量:2.2kg
●材質:Nylon 40D, Water Proof 3,000mm, Aluminium
●カラー:オレンジ, レッド, サンド, ブラック



5位:ゴードンミラー コーデュラシートバックポケット

第5位は、オートバックスが展開するガレージライフスタイルブランド「ゴードンミラー」のコーデュラシートバックポケット。ティッシュケースとカップホルダーに大小ポケットつきと、大容量な収納アイテムです。

ティッシュケースは取り外し可能で、モールテープでつり下げることもでき非常に便利! 男前なデザインで生活感あるアイテムをオシャレに隠してくれて、車内はもちろんキャンプシーンにも映えるアイテムです。

購入のきっかけとなったのは、CAMP HACK編集部員が「マジで買って良かったモノ」を発表する恒例企画記事。キャンプスタイルも年齢も異なるメンバーが選んだギアはさまざま! ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ゴードンミラー コーデュラシートバックポケット

●サイズ:約D1×W42×H60cm
●素材:本体/ポリエステル100%(裏面加工)PVCコーティング、裏面・調整紐・面ファスナー・メッシュ部/ポリエステル100%、モールテープ/ナイロン、フック・アジャスター・Dカン/ポリアセタール
●カラー:オリーブドラブ、コヨーテ、ダークグレー、ブラック



4位:ユニフレーム ソロ鉄250

目玉焼き
撮影:秋葉 実
国内有数のアウトドアブランド・ユニフレームから発売された2階建てのソロ鉄板。焼いた食材を網に載せることで保温ができるという、ちょっと攻めた個性派ギアです。

ソロ用とはいえゆったりしたサイズ感で、大きめの肉も焼ける鉄板が特徴。お肉が焼けたら火を止め保温用の網へ移動すると、鉄板の余熱で温かさをキープすることができます。
ユニフレーム ソロ鉄250
撮影:秋葉 実
レビュー記事では温度を測ったり、燻製はできるのか試してみたりとかなり参考になる内容ばかり。「実際どうなの?」と少しでも気になった方は、購入前にチェックしておきましょう!

ユニフレーム ソロ鉄250

●使用時サイズ:約25×14.7×6(高さ)cm
●収納時サイズ:約25×14.7×3(高さ)cm
●材質:鉄板/黒皮鉄板4.5mm厚加工、焼網/ステンレス鋼
●重量:約1.45kg



3位:アークテリクス サーミパーカ

撮影:なじまり
第3位は、アークテリクスの保温性抜群のジャケット・サーミパーカ。表地はポリエステルにDWR(耐久撥水)加工を施しており、コットンのような柔らかさが特徴。ゴアテックスを採用することで蒸れにくく、いつでも快適に着用できます。

ミドル丈のため、タウンユースはもちろんビジネスやフォーマルにも合わせやすく、オンオフ兼用できる万能な1着。首回りもすっぽり覆うことができ、極寒地でも問題ない最高峰のダウンパーカです。
撮影:なじまり
他にもこだわりの機能を兼ね揃えているのですが、ここから先はファッション系YouTuberなじまりさんに余すことなく紹介していただきましょう!

アークテリクス サーミパーカ

●サイズ:XS〜XXL
●重量:1.035g
●性能:DWR(耐久撥水)仕上げ、ゴアテックス ファブリック、Coreloft™ 100 g/m² インシュレーション、750フィルパワー ヨーロッパ製グースダウン





2位:イワタニ FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ

撮影:秋葉実
第2位は、イワタニのフォールディングキャンプストーブ! コンパクトながらパワフルな火力で家庭用コンロに引けを取らない性能はもちろん、スタイリッシュな見た目も好評な1台です。

本体重量は約1.6kg、使用できる鍋のサイズは直径11〜24cmと、ソロからファミリーやグループ分まで賄えます。アウトドアシーンに限らずお家でも使えて、収納場所にも困らないという超優秀ギア!
11月読者購入ランキング
画像作成:編集部
発売当初から売れ続けているフォールディングキャンプストーブは、11月の読者購入ランキングでは堂々の第1位でした! この機会にその他売れ筋アイテムも振り返っておきましょう。

イワタニ FORE WINDS フォールディングキャンプストーブ

●サイズ:幅317×奥行288×高120mm
●収納サイズ:幅111×奥行285×高114mm
●最大発熱量:2.2kW(1900kcal/h)



1位:PASECO WKH-3100G

PASECO ストーブ
撮影:AKT
第1位は、PASECOの石油ストーブ! キッチンからアウトドア用品まで幅広く取り扱っている韓国発のPASECOは、信頼性の高い暖房器具メーカーでもあります。

軽くて運搬もしやすく、広めの天板で料理を保温できるところがポイント。燃焼時間も高くキャンプ用のストーブとして申し分ない1台です。
撮影:AKT
ただ少し気になることもあり……同じ韓国メーカーの「アルパカストーブ」と激似! 値段ではアルパカのほぼ半額であるPASECOですが、果たしてどちらが良いものか? こちらの記事でありのままを比較レビューしていますよ。

PASECO WKH-3100G

●サイズ:Φ317 x 466mm
●重量:5.3kg
●出力:3kW
●点火方式:手動
●タンク容量:5.3L
●燃料消費量:0.295L/h 
●燃焼時間:約18時間
●付属品:取扱説明書(日本語)
●使用場所:屋外専用



1月のランキングもお楽しみに!

PASECO ストーブ
撮影:AKT
12月のランキングはいかがでしたか? 気になるアイテムがあったら、購入のきっかけとなった記事をぜひ読んでみてくださいね。実際のレビューや他ギアと比較・検討すると、本当に欲しいものが見つかるかも? それでは、1月のランキングもお楽しみに!

関連記事