CAMP HACK[キャンプハック]


Ducknot ハンティングヘキサ T/C SW

天窓から星空を眺められる!前代未聞の「ダックノット」新作シェルターに話題沸騰の予感です

3

野営スタイルのキャンプギアを提案しているブランド・DUCKNOT(ダックノット)から、新作の可変式2ポールシェルター「ハンティングヘキサ T/C SW」が登場! これまでに無い発想の変形ギミックで、隠れ家のようなプライベート空間を作り上げてくれます。

AKT


拡張できるダックノットの新作2ポールシェルター

DUCKNOT
出典:SPLASH FLASH
野営スタイルのキャンプギアを提案する国内ブランドDUCKNOT(ダックノット)から、可変式2ポールシェルターが新たに登場! これまでに無い発想の変形ギミックで、隠れ家のようなプライベート空間を作り上げてくれます。

その名も「ハンティングヘキサ T/C SW」

Ducknot ハンティングヘキサ T/C SW その新作シェルターというのが、こちらの「ハンティングヘキサ T/C SW」。野営感漂うパップテントのようなスタイルですが、高さが210cmあるため出入りしやすく、チェアを使ってラクな姿勢で過ごすことができる2ポールシェルターです。
Ducknotハンティングヘキサ サイズは幅400cm×奥行346cmと、1〜2人までのキャンプに対応可能なサイズ感。価格は税込93,500円です。

火の粉に強いT/C素材に加えて撥水加工も

Ducknotハンティングヘキサ 幕の素材には、火の粉に強いT/C素材を採用。火の粉に怯えることなく焚き火を楽しめます。

また、T/C素材というと心配なのが雨ですが、本テントに使用する生地は糸の状態で一度撥水加工を施し、さらに生地になった状態で再度撥水加工をするという二重の撥水加工が。雨でも安心して過ごせる防水仕様となっています。

煙突ポート標準装備で冬キャンプもOK

そして、煙突ポートを標準装備しているため寒い季節に薪ストーブをインストールするのもスムーズ。季節を問わず活躍してくれる、オールシーズン幕といえそうです。

トレンドを抑えたミリタリーテイストのカラー展開

Ducknotハンティングヘキサ 生地のカラーには、コヨーテとオリーブドラブの2色を用意。トレンドのカラーがしっかり抑えられているのもうれしいところ。

要注目の変形ギミックを詳しくチェック!

Ducknotハンティングヘキサ それではいよいよ、注目の変形ギミックを紹介していきます。

変形その1:フラップを跳ね上げて開放的に

Ducknotハンティングヘキサ まずは基本の跳ね上げから。フロントのフラップは付属のポールで跳ね上げ可能。フロントフラップにはサイドパネルも付いているため、閉じて目隠しにしたり雨を防いだり、開いて開放的にしたり、様々な状況に柔軟に対応してくれます。

さらに両脇のパネルも開けることができるので、タープのように使うことも可能。

変形その2:シェルターウォールで広々プライベート空間

Ducknotハンティングヘキサ そしてフラップを跳ね上げた状態に、シェルターウォールを装着。フロントにも壁ができ全面が幕で覆われるので、プライベート感が格段にアップ。幕内の空間は、倍ぐらいの広さになっていますね!
Ducknotハンティングヘキサ 幕内の様子がこちら。ソロであれば、ギアを全て室内に収納して、プライベートスペースを確保しながら周囲の目を気にすることなく過ごすことができます。

変形その3:スタービューで星空を独り占め

Ducknotハンティングヘキサ そしてこの「ハンティングヘキサ」の最大の特徴でもあるのが「スタービュー」と名付けられたこちらのスタイル! 周囲のシェルターウォールを張ったまま、天井部分の幕を開放することができるんです。

晴れた日には、幕内にいながらプライベート空間は確保しつつ、夜は満点の星空を楽しめるという、なんとも贅沢な仕様になっています。

気になる方は再販情報を待て!

Ducknot ハンティングヘキサ T/C SW なおこちらのハンティングヘキサ T/C SWは、現在は在庫切れになっていますが、2022年4月頃に再販が予定されているとのこと。気になる方はよくチェックしておいてくださいね。

ダックノットの公式ホームページはこちら

AKT

AKT

アウトドアライフスタイルブランド「LOG」所属。自然の魅力を感じられる環境で、家族や仲間と共にのんびり過ごしたい、フィールド選び重視のくつろぎ系キャンプスタイル。のんびり過ごすはずが、いつしか撮影や執筆に追われてキャンプが忙しなくなってしまった本末転倒キャンパー。Life over ground!

関連記事