CAMP HACK[キャンプハック]


Group-Spatz 6/8/10

コットンだけど重くない!?スイス老舗ブランド「スパッツ」のアイコン的テントが日本初上陸!

0

スイス発の老舗アウトドアブランドSPATZ(スパッツ)からブランドのアイコンともいえるテントが日本に初上陸! 親子3世代にわたり愛用されるテントを抱える大人気ブランドを要チェック。

RINKA

制作者

RINKA

(株)ヒャクマンボルト所属のコンテンツディレクター兼ライター。アウトドア専用コーヒー「LOCATION COFFEE」を担当。お洒落で可愛いキャンパーを目指し邁進中!マイブームは最近買ったククサを育てること。

...続きを読む
RINKAのプロフィール

スイス発の老舗アウトドアブランド「スパッツ」

1935年にスイスで誕生したテントブランドSPATZ(スパッツ)。近年、日本でも注目を集めるようになった同ブランドは、創業者のハンス・ベールマンがボーイスカウト時代に自ら制作したテントからスタートした老舗のアウトドアメーカーです。

赤いタペストリー型のスパッツロゴは、キャンプシーンに欠かせない象徴として愛されており、スイスでは誰もが知るほどの有名ブランド!

▼SPATZのアイテム紹介記事はこちら


そんなスパッツからこの度、ブランドのアイコンともいえるテントが日本に初上陸。注目の新作テント2型をご紹介していきます!

スパッツのアイコン的モデル「Group-Spatz6」

Group-Spatz 6/8/10 まず紹介するこの「Group-Spatz6(グループ・スパッツ6)」は、6人用のテントとして人気の高いスパッツのアイコン的モデル。ポイントは、インナーテント、アウターテントともに100%コットン製という点です。

一般的にコットン生地のテントは重さがネックになりますが、こちらは比較的に軽量で薄手のコットン生地を採用。薄手の生地は軽量性だけでなく通気性にも優れ、テント内を快適な環境に保ってくれます。
また天頂部には、テントの形状を保持する「梁」の役目を果たすポールも。風を受けても天井がたわみにくく、広々とした室内空間をしっかりと支えてくれます。

スパッツテント 室内の構造としては、2つの独立したエントランスを配置。出入り口が片側だけでなく両面にあるので、いつでもラクに出入りすることができるほか通気性も確保。大人数でも出入りがしやすいうれしい仕様ですね!
フラッグ スパッツの象徴でもある赤いタペストリー型のフラッグも付属。スパッツのロゴをテントに掲げて、周りのキャンパーにアピールしちゃいましょう。

今作「グループ・スパッツ」には、ご紹介した6人用の他、8人用と10人用のサイズ展開も。気になるサイズと重量は「6人用」が全長3m・重量約17kg、「8人用」が全長4m・重量約21.1kg、「10人用」が全長5.4m・重量約24.2kg。

使用するシーンや家族の人数に合わせてチョイスしてみてください!

家族向け3ポールテント「Stork 4 BTC(ストーク4 BTC)」

ストークテント 続いては、通気性に優れたポリコットン生地「BTC(Breathable Technical Coton)」を採用したトンネル型テント「ストーク4BTC」。アウターテントとグランドシートが一体化されており、素早いテント設営が可能なファミリー向けテントです。

トンネル型テントは数多くあれど、全面をカバーするグランドシートが一体化しているタイプのものは珍しいですね。
ストークテント 正面
インナーテントの頂点部は高さ190cmあり、身長180cm台の方も腰を曲げずに立つことができる広々空間を確保。「テントの中で着替えたい」「立ったまま移動したい」という“わがまま”も叶えてくれます。
Stork 4 BTC 側面にある2つの大きな窓は、十分な採光とアウトドアビューを確保。テントの中にいても外の景色を楽しむことができちゃいます!

日本初上陸のテントから目が離せない!

いかがでしたか? 広々としたスペース、コットンによる通気性、シンプルで頑丈な構造と、うれしい機能が盛りだくさんでしたね。

スイス発の老舗ブランドスパッツから日本初上陸となるテントをお見逃しなく!

SPATZの公式ホームページはこちら

関連記事