CAMP HACK[キャンプハック]


【スノーピーク2022年新作速報】圧巻の大パノラマを楽しめるテントが登場!新作21アイテムを一挙公開 | 2ページ目

1


スーパーワイドな開口部から景色を堪能できるテント「ゼッカ」

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
今期の注目作! 製品名である「ゼッカ」は、目の前の素晴らしい景色を表す言葉“眺望絶佳”から名付けられています。その名の通り、室内から眺めた景色は……

圧巻の大パノラマ! フルクローズ・メッシュと天候に合わせてアレンジできる大型フロントパネルを装備。さらにクリアパネルの天窓付きと開放感抜群です。

一般的な2ルームテントだと、室内中央にテーブルを置き家族で向き合って過ごすことがほとんど。しかし、このテントは家族横並びで景色を楽しめむことができ、より自然を身近に感じられる仕様です。

雨の日も景色を楽しめるサイドウォール付き


それだけではなく、他のテントにはない緩やかなカーブを描いた独自構造も注目ポイント。

正面玄関となるフロントパネルには、跳ね上げ設営した際に便利なサイドウォール付き! 雨が横から吹き込みづらく、室内高220cmという高さも相まり、天候の悪い日のお篭りキャンプでも快適に過ごすことができます。

バックパネルの外側は、家族や仲間と集いたくなるような焚き火スペースとしておすすめです。

別売りのインナーテントも合わせれば、最大6名分の寝室に


別途インナーテントの単品販売もあり、付属品にもう一つプラスすることで両サイドに寝室を構え、最大6名分の寝室に! 2家族でのキャンプもコレ一つで完結できそうですね。
ゼッカ
●価格:¥297,000
●セット内容:本体、インナールーム、シールドルーフ、グランド シート、クロスフレーム(×2)、Cフレーム(×2)、テントフレーム(× 2)、リッジフレーム(×1)、ジュラルミンペグ、自在付きロープ、 セーフティーベルト(×4)、キャリーバッグ、インナールームケス、フレームケース、ペグケース
●材質:本体ルーフ部/150D ポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング・耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工 ・ UVカット加工本体ウォール部/150Dポリエステルオックス耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工 、シールドルーフ / 75Dポリエステルタフタ・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧 3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナールーム(ウォール)/68Dポリエステルタフタ、インナールーム(ボトム)/210Dポリエステルオックス・PUコー ティング、耐水圧1,800mmミニマム、グランドシート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、耐水圧1,800mmミニマム
●対応人数:3~6名 ※インナールーム1つにつき対応人数3名
ゼッカ インナールーム
●価格:¥49,500
●セット内容:インナールーム、グランドシート(渡り廊下付き)
●材質:インナールーム(ウォール)/68Dポリエステルタフタ、インナールーム(ボトム)/210Dポリエステルオックス・ PUコーティング 耐水圧1,800mmミニマム、グランドシート/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
ゼッカ インナーマット
●価格:¥27,500
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:材質:表生地/68Dポリエステルタフタ・PUコーティング、裏生地/PVC、中芯/ウレタン

近場の公園で気軽にアウトドアを!サンシェード「トヤ2」


キャンプと言わずとも、もっと身近に自然を楽しめる場所と言えば公園。そんな公園でも快適にアウトドアを楽しめるよう作られたのが、所謂サンシェードのように使える「トヤ2」。

フライシート、フレーム、フロアシートの3点だけで構成され、インナーテントは付いていません。

悩むところなし!?とにかく簡単な設営方法


コチラは設営がとにかく簡単! フレームはショックコードで繋がっており1本だけ。フロアシートに付いているグロメットにフレームを差し込み、長さ調整できるベルトをギュッと引っ張ることで自立する仕組みです。

フレームを差し込む前後もありませんし、力を必要とするシーンもなし。これならビギナーで“設営”に抵抗がある方でも問題ないのではないでしょうか。

この仕組み画期的!コードストッパーを引っ張るだけで巻き上げ完了


出入り口のドアパネルは、ぐるぐるっと巻き上げてボタンのついた紐でまとめるのが一般的。これって結構一手間なんですよね。

なんと「トヤ2」には、ドアパネルに紐が通っていて、コードストッパーを引っ張るだけでドレープのように絞り上げられる新しい仕組みを採用!

クッション性のある中綿入りのグランドシート


とにかく細部にまで気が利いており、重量も3kgと持ち運びにも抵抗を感じさせない軽さ。

グランドシートには中綿が入りクッション性もあり、底面はPU加工で湿った地面でも水が染み込む心配もありません。

「キャンプを始めたいけど、まだ勇気がでない……」という方は、ここからアウトドアを楽しんでみては?

 
トヤ2
●価格:¥36,300
●セット内容:フライシート、フロアシート、フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×6)、自 在付ロープ(1.5m×2)、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
● 材質:フライシート /63Dポリエステルタフタ・PUコーティング・撥水加工・UVカット加工、フロアシート表生地/ポリエステル・コットン混紡リップストップ、フロアシート裏生地/210Dポリエステル オックス・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、フロアシート中綿/ポリエステル、フレーム/A6061(φ9.5mm)
●重量:3.0kg
●対応人数:2名

外での食事がもっと楽しくなる「タクバコ」&「トバチ」

“手軽に外での食事を楽しむ”というコンセプトから生まれたのが「タクバコ」と「トバチ」。

テーブルとしても使えるキャリングボックス「タクバコ」

タクバコ グレー
「タクバコ」は、持ち運ぶときは体にフィットする丸みを帯びた形状のキャリングボックス。本体はフェルト素材で温もりある見た目ですが、しっかり自立する硬さがあります。


そのおかげで横に倒せば、フラットなテーブルとして使えるというメリットに!

食事やレジャーシートなど必要なものをまるっと収納し携行。休憩する際はテーブルに、と無駄のない作りのため活躍するシーンも多くなるでしょう。

 
タクバコ グレー/ブラウン
●価格:¥18,700
●セット内容:本体、巾着袋
●サイズ:394×177×310(h)mm
●材質:本体/フェルト、肩パット/フェルト、巾着袋/ポリエステル、アジャスター/POM、ベルト/ナイロン

「トバチ」シリーズ

トバチ3 グレー
「タクバコ」とあわせて使いたいのが、コチラの「トバチ」シリーズ。家で作った料理をそのまま持ち運べる真空断熱ケースです。

上記写真の「トバチ3」は、本体の中に入れるMサイズの容器3つがセット。この他Mサイズの容器が2つ付属する「トバチ2」もラインナップしています。

 
トバチ2 グレー/ホワイト
●価格:¥14,278
●セット内容:ケース本体 、ケース用蓋 、トバチM×2 、食器用蓋×2、取扱説明書
●サイズ:φ118×202mm
●材質:ケース本体/ステンレス、ケース用蓋/ポリプロピレン、食器/強化磁器、食器用蓋/シリコン
●重量:1.1kg
トバチ3 グレー/ホワイト
●価格:¥17,578
●セット内容:ケース本体 、ケース用蓋 、トバチM×3 、食器用蓋×3 、取扱説明書
●サイズ:φ118×278mm
●材質:ケース本体/ステンレス、ケース用蓋/ポリプロピレン、食器/強化磁器、食器用蓋/シリコン
●重量:1.6kg

容器は単品発売も!小さいSサイズもあります

トバチS  グレー
また、もっと食品を小分けし持ち運びたい方には、別売りでS・Mサイズの容器も単品販売されますよ。

Sサイズは、Mサイズのちょうど半分のサイズ。つまり先ほどの「トバチ3」には、Sサイズの容器が6つ入るということに!

容器サイズの組み合わせを変えることで、ソロでのランチからグループのおつまみセットまで、その日の人数に合わせてコーディネートを楽しめます。アウトドアのみならず普段使いの料理の保存容器としても大活躍してくれそうですね。

 
トバチS グレー/ホワイト
●価格:¥1,969
●セット内容:本体、食器用蓋、取扱説明書
●サイズ:φ100×44mm
●材質:食器 本体/強化磁器、食器用蓋/シリコン
●容量:200ml
●重量:0.2kg
トバチM グレー/ホワイト
●価格:¥2,178
●セット内容:本体、食器用蓋、取扱説明書
●サイズ:φ100×84mm
●材質:食器 本体/強化磁器、食器用蓋/シリコン
●容量:450ml
●重量:0.3kg

IGTテーブルの拡張に!「マルチファンクションテーブル オープンL/R 竹」


スノーピークの名品「IGTテーブル」のスタイルをさらに多様化できる台形の天板セットも登場します。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}
既存のIGTテーブルに接続すれば、コックピットのような形状に早変わり。仲間や家族と横並びで座り、自然と向き合う開放的なスタイルが実現します。

 
マルチファンクションテーブル オープンL/R 竹
●価格:¥17,600
●サイズ:990×496×25mm
●材質:竹集成材、アルミ、ステンレス
●重量:4.3kg
※レールジョイント2個付属

卓上の快適性が格段に向上する新しい機能的システム「TTA」


今や主流となったロースタイル。ただ作業をしていると立ったり座ったりの動作も多く、動くのが億劫になる人も。そこで自席周辺の機能性を向上させる新システムが、TTA(テーブルトップアーキテクト)です。

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

テーブルトップアーキテクトセット例(1枚目):クランプ(2枚目)+ユニットフレーム(3枚目)+メッシュトレーハーフユニット深型(4枚目)+浅型(5枚目)
専用のクランプをベースに、ランタンハンガーなど5種のオプションを組み合わせて自分好みにカスタマイズできます。今後さらにアイテム数を増やす予定とのことです。

 
テーブルトップアーキテクト クランプ
●価格:¥4,378
●セット内容:本体
●材質:ステンレス、シリコンゴム
●本体サイズ:54×36×96(h)mm
●重量:300g
テーブルトップアーキテクト ユニットフレーム
●価格:¥3,278|
●セット内容:本体
●材質:ステンレス
●設置サイズ:330x9x470(h)mm
●重量:550g
メッシュトレー ハーフユニット 深型
●価格:¥4,950
●セット内容:本体 、ブラケット
●材質:本体/ステンレス、POM、ブラケット/ポリプロピレン
●本体サイズ:354×120×138(h)mm
●重量:600g
メッシュトレー ハーフユニット 浅型
●価格:¥4,180
●セット内容:本体 、ブラケット
●材質:本体/ステンレス、POM、ブラケット/ポリプロピレン
●本体サイズ:354×120×48(h)mm
●重量:380g
テーブルトップアーキテクト ランタンハンガー
●価格:¥3,278
●材質:ステンレス
●設置サイズ:106×24×670(h)mm
●重量:300g
テーブルトップアーキテクト ウィンドスクリーン
●価格:¥3,278
●セット内容:本体、ポール、ポールキャップ
●材質:本体/スチール(ガルバリウム鋼板)、ステン レス、ポール/ステンレス、ポールキャップ/シリコンゴム
●設置サイズ:760×30×230(h)mm
●重量:850g
 
 

気持ちいい独創性と心地よい優しさが詰まった逸品づくし!


「キャンパーとして自らが欲しいものをつくる」という信念のもとリリースされる2022年のスノーピークアイテムは独創性に富み、やっぱりどれもスタイリッシュ。それぞれに明確なスタイルコンセプトがあって、見事にそれを体現しています。

そしてビギナー向けアイテムやパークキャンピングといった「手軽さ」に注力したアイデアなども素晴らしく、アウトドアでの新しい過ごし方の提案にも注目が集まりそうですね!

2022年新製品特設ページはこちら

関連記事