CAMP HACK[キャンプハック]


【ボーナスシーズン到来】キャンパーたちが最近買った”ご褒美系ギア”12選!

8

巷ではそろそろボーナスシーズンの到来! ボーナス抜きにしても、今年1年頑張った自分へのご褒美として、この時期、ギア購買欲が高まっている人が多いのでは? そこで今回は、最近キャンパーがお買い上げした魅力的なギアを徹底リサーチ! あなたもご褒美ギア購入の参考にしてみませんか?

TOMOKO YAMADA

制作者

TOMOKO YAMADA

四国の秘境出身フリーライター。キャンプ歴数十年。3人子連れのファミキャンからデュオ・ソロキャンへと移行中につき、ギアのUL化を絶賛推進中!Clubhouseにて「キャンパーさんよってらっしゃい!」モデレーターやってます。よってらっしゃい〜! Instagram:@tomokoyamada76

...続きを読む
TOMOKO YAMADAのプロフィール

アイキャッチ画像出典:Instagram by@sora_kan

キャンパーたちの“お買い上げギア最前線”をリサーチ!

出典:photoAC
巷では、そろそろボーナスシーズンの到来! キャンパーにとっては、兼ねてより欲しかった高額ギアにも手が出せる、千載一遇のチャンスですよね。

ボーナス抜きにしても、今年1年頑張った自分へのご褒美として、この時期ギア購買欲が高まっている人も多いのではないでしょうか。

出典:Instagram by@camp_noru
そこで今回は、そんな自分へのご褒美にふさわしいギア選びの参考に、キャンパーが最近リアルに買ったギアを、「#camphack取材」タグのあるインスタグラム投稿から徹底リサーチ!

「冬の寒さ対策グッズ編」「テント編」「話題の新作編」の3つのカテゴリに分けて、じっくりご紹介していきますよ!

キャンパーが最近買ったギア「冬の寒さ対策グッズ編」

@side_mountain_studioさん 「ポモリー  T1 mini 3」

出典:Instagram by@side_mountain_studio
トップバッターは、今年、UL派キャンパーを中心に人気急上昇中の「POMOLY(ポモリー)」の薪ストーブを購入された方。こちらの「T1 mini 3」は、30.6×19.5×5cmのサイズに折り畳めるから驚きです!

重さもわずか2.65kgながら三面窓つき、燃焼効率もよく、今のところマイナス要素が見つからないそう。価格も5万円台と、まさに“ご褒美”感高めのアイテムですね。

POMOLY公式オンラインストアはこちら

@yuuta3955さん「パセコWKH-3100G」

出典:Instagram by@yuuta3955
お次は石油ストーブの購入事例。これまで使っていた「トヨトミ KS-67」が、サイズ的に愛車ハイラックスの荷台に積めず悩んでいたそう。

そこでこの冬大人気の「パセコ WKH-3100」をチョイス! カラーも冒険してベージュで心機一転 。

価格も約1万6千円と同規模石油ストーブの中ではかなりの高コスパ。2台目ストーブに悩んでいた人の背中を押してくれるご褒美ギアですね。

PASECO WKH-3100

●サイズ:Φ317 x 466mm
●重量:5.3kg
●出力:3kW
●点火方式:手動
●タンク容量:5.3L
●燃料消費量:0.295L/h 
●燃焼時間:約18時間
●付属品:取扱説明書(日本語)
●使用場所:屋外専用

✔️パセコWKH-300の使用感はこちらも参考に!

@gori_gori.campさん 「Newアルパカストーブコンパクト オリーブドラブ」

出典:Instagram by@gori_gori.camp
続いても、2台目石油ストーブの購入事例。既にアルパカストーブのブラックを愛用中でしたが、スカイパイロットの広さと寒がりな奥さまのことを考え、今年の新色「オリーブドラブ」をGET!

同じデザインのカラー違いだから、サイトインテリアにも違和感なく馴染みます。万全の2台体制で、真冬の寒さもキャンプの楽しみへと昇華するセレクト、お見事です!

Newアルパカストーブ コンパクト オリーブドラブ

●サイズ:405×350×350mm
●暖房出力:3.0kW  
●重量:本体6.6㎏ 
●暖房の目安:13~17㎡
●タンク容量:3.7L  
●燃焼継続時間:約10時間
●カラー:オリーブドラブ


@ __aicam__12さん 「エコフロー ポータブル電源 PRO」

出典:Instagram by@__aicam__12
こちらはグッと高額アイテムの着弾! ちょっとイレギュラーパターンですが、キャンプ好きのお父様が購入されたご褒美ギアだそう。実にうらやましい!

しかも、RIVERシリーズの中でも720whを誇る「PRO」。わずか1.6時間でフル充電が完了し、専用エクストラバッテリーの追加で最大1440whに増量が可能。電源無しサイトでの冬キャンも余裕のスペックは流石です!

ECOFLOW RIVER PRO

●サイズ:28.9×18.0×23.5 cm
●重量:7.6kg
●容量:720Wh (28.8V)
●定格出力:600W (サージ1200W)

✔️エコフロー含む人気ポータブル電源についてはこちらも参考に!

@kujira_shimaさん「RAKIN 電気ダウンブランケット」

出典:Instagram by@kujira_shima
ハイスペックシュラフへの買い替えではなく、手持ちシュラフのグレードアップに成功した買い足しケース。こちら、USB給電式の電気ブランケットなんです。

しかも中綿はダウンだから収納時はとてもコンパクト! 10000mAhのモバイルバッテリーで、中温時7時間使えるので電源ナシサイトでもぬくぬくで寝られます。

MとLの2サイズ展開で約1万〜1万3,000円で販売されており、娘さんと自分用に一気に2個買いできた価格も魅力です。

RAKIN 電気ブランケット Mサイズ

● サイズ:95×140cm
●重量:約355g、ポーチ:約10g
●カラー:ブラック、ブルー、ワイン
●消費電力:11W(DC 5V 2.2A)
●給電:USB
●素材:生地/20Dリップポリエステル、羽毛/プレミアムグースダウン
●実使用温度:38〜45℃
●遠赤外線浸透距離:約3〜5m
●使用時間:高温/4時間30分、中温/7時間、低温/9時間※容量10,000mAhバッテリー使用の場合

RAKIN 電気ブランケット Lサイズ

●サイズ:125×175cm
●重量:本体/約590g ポーチ/約13g
●素材:生地/20Dリップポリエステル、羽毛/プレミアムグースダウン
●遠赤外線浸透距離:約3〜5m
●消費電力:11W(DC 5V 2.2A)
●実使用温度:38〜45℃/5V USBモバイルバッテリー専用
●カラー:ブラック、ブルー、ワイン


キャンパーが最近買ったギア「テント編」

@1611_hiro_rさん「ミニマルワークス パプリカ」

出典:Instagram by@1611_hiro_r
ここからはいよいよ大物、テント編の購入事例をご紹介! こちらの方は、ミニマルワークスの人気テント「パプリカ」を購入してキャンプのUL化を実現。

結露を最小限に抑える3層構造生地は、冬キャンプにうってつけ。2.2kgと軽量で、クロスポール+リッジポールのシンプル構造だから設営&撤収も簡単。

UL化によりサクッと楽しめるようになったデイキャンプのひとときは、何ものにも変え難い“ご褒美”ですよね。

MINIMAL WORKS パプリカ

●使用時サイズ:W230×D140×H120cm
●収納時サイズ:W40×D15×H15cm
●重量:2.2kg
●材質:Nylon 40D, Water Proof 3,000mm, Aluminium
●カラー:オレンジ, レッド, サンド, ブラック

✔️ミニマルワークスの最新ラインナップはこちらも参考に!

@anncamp0321さん「グリップスワニー ファイヤープルーフ GSテント」

出典:Instagram by@anncamp0321
テント編2例目は、かねてより憧れていたバップテント1幕目に、グリップスワニー渾身作のテントをチョイスした方。

ブッシュクラフト・ソロ用に開発されたこちらは、コットン地に難燃・撥水加工が施され、思い切り焚き火を楽しめます。グリップスワニーのロゴが映える無骨なデザインもお気に入りのよう。ソロテントとしてはややお高めな価格も、自分へのご褒美ならアリですね!

グリップスワニー ファイアープルーフGSテント

●使用時サイズ:巾330×奥行190×高さ130㎝
●重量:5.6㎏(テント本体約3.72kg)
●材質:幕体/綿100%(難燃加工、撥水加工)、収納袋/綿100%(難燃加工、撥水加工)、ポール/アルミ製、ペグ/スチール製
●耐水圧:約300㎜
●カラー:オリーブ


@hkkw_campさん「ダックノット ハンティングヘキサT/C SW」

出典:Instagram by@hkkw_camp
話題の新ブランド「ダックノット」のテントをいち早く購入された方、既にいらっしゃいましたよ! 「SPLASH FLASH(スプラッシュフラッシュ)」などを手掛ける「ランケット」と、「ハイランダー」などでお馴染みのナチュラムの共同企画で誕生したブランドです。

「ハンティングヘキサT/C SW」は、前室部分の天井部分のみをオープンできるので、陣幕に囲まれたバップテントのような使い方ができる個性派テント。TC素材で火の粉にも強く、薪ストーブインストールもできるので、これからのシーズン活躍間違いナシの注目アイテムです!

ダックノット公式オンラインストアはこちら

@erika.khkj_campさん「ogawa アポロン」

出典:Instagram by@erika.khkj_camp
こちらはトンネル型テントの中でも最高峰のお値段を誇る「ogawa アポロン」を、思い切って購入された事例!

4本のアーチポールに縦3本のリッジポールが追加された堅牢な構造、前後・両サイド全てのドアパネルにメッシュ付きの開放感でオールシーズン使え、夫婦+3人のお子さんも余裕の高い居住性など、やっぱり憧れの名テント。

お子さんたちとの楽しい思い出作りへの投資と考えれば、もはやプライスレスなご褒美と言えますね!

ogawa アポロン

●使用時サイズ: 外寸/320×205×435cm、インナーサイズ/300×188×210cm
●収納時サイズ: 80×45×35cm
●重量:23kg
●材質: フライ/ポリエステル210d、フロア/ポリエステル210d、メインポール/アルミφ19mm×2・アルミφ17.5mm×2、リッジポール/アルミφ14.5mm×3
●最大収容人数: 5人
●フライ耐水圧: 1800mm
●フロア耐水圧: 1800mm

✔️ogawa アポロンについての詳細はこちらも参考に!

キャンパーが最近買ったギア「話題の新作編」

@pedachicuさん ゼインアーツ「モビボックス」

出典:Instagram by@pedachicu
最後は、今がまさに旬、話題の新作編! まずはこちら、ゼインアーツの「モビボックス」を購入された方から。

こちらゴミ箱なんですが、4本のポールでしっかり自立して形状を保つので、この方のように薪入れとしても使うのもオススメです。内側はPVC素材で汚れも落としやすく、ゴミ袋が外側に見えないようセットできるクリップも付属。

メインギアで欲しいものがない……という人は、あると便利かつサイトがセンスアップする、こんな小物アイテムのご褒美はいかがでしょうか?

A&F公式オンラインストアはこちら

✔️ゼインアーツ最新ラインナップはこちらも参考に!

@sora_kanさん「スノーピーク フローガ L」

出典:Instagram by@sora_kan
そしてさらにご注目! こちらは、“キャンプ沼は抜けたハズ”だった方のギア購入事例!

冬は積載物が増えてソロストーブレンジャーが入らない・炭火で料理したいときもアリ・思いっきり薪を燃やしたいけど煙は減らしたい…という理由から、今回「フローガ L」の購入に至ったそう。

同じくスノーピークの「焚き火台 L」の専用オプションとなりますが、コンパクトに携行できて、煙の少ない二次燃焼が楽しめる秀逸なアイテム。沼を抜けたと思っている人も、一考の価値ありです! 

スノーピーク フローガ L

●使用時サイズ:475×475×90(h)mm
●収納時サイズ:195×395×180(h)mm
●重量:4.8kg
●材質:本体/ステンレス、収納ケース/ポリエステル
●付属品:本体、収納ケース

✔️スノーピーク新作ラインナップはこちらも参考に! 

@camp_noruさん「BROOKLYN OUTDOOR COMPANY フォールディングコット 2way」

出典:Instagram by@camp_noru
ご褒美系ギアの最後を締めくくるのは、NY発、ハイブランドOEMも手掛けるブルックリンアウトドアコットを購入した方。

楽天市場のコットランキングで1位を獲得したこちらは、17cmと37cmの2段階に高さ調節が可能な2way。さらにリップストップナイロン生地の耐久性や風合いもお気に入りだそう。

新開発のフレームにより、少ない力で簡単設営OKなのも魅力です。このスペックで15,000円という価格も、ご褒美買いの決め手となりそうですね!

BROOKLYN OUTDOOR COMPANY公式オンラインストアはこちら

何を買う?悩む時間もまた楽しい!自分へのご褒美ギア探し

出典:Instagram by@side_mountain_studio
1年の最後を締めくくる自分へのご褒美ギア、何を買うか悩む時間もまた楽しいひとときですよね!

値段もサイズも実にバリエーションに富んだ、今回のみなさんのギア購入事情をぜひ参考にして、とびっきりのご褒美ギアを見つけてみて下さいね!

こちらの記事もおすすめ!

関連記事