CAMP HACK[キャンプハック]


kozara12

地味だけどあると便利な「キャンプの食卓」で役立つ、マル秘アイテムを発見!

0

一般的なシェラカップにジャストフィットする便利な小皿「kozara12」をレビュー。neru design worksが別注をかけ作られた琺瑯食器は、直火OKで汚れも落ちやすいとキャンプ向きなメリットが盛り沢山! その魅力を深堀します。

AKT

制作者

AKT

アウトドアライフスタイルブランド「LOG」所属。自然の魅力を感じられる環境で、家族や仲間と共にのんびり過ごしたい、フィールド選び重視のくつろぎ系キャンプスタイル。のんびり過ごすはずが、いつしか撮影や執筆に追われてキャンプが忙しなくなってしまった本末転倒キャンパー。Life over ground!

...続きを読む
AKTのプロフィール

キャンプ食器の新定番「小皿」


キャンプで使う定番の食器と言えば、まず頭に思い浮かぶのはシェラカップですよね。

今回紹介するギアは主にキャンプの食事シーンで使うものなのですが、シェラカップと同じくらいの定番になるであろう、一度使うと手放せなくなる小技が効いた優れものなんです!

kozara12
それがこちらの「kozara12」というアイテム。

ガレージブランドの『neru design works(ネルデザインワークス)』が、純日本製琺瑯食器ブランド「Platchamp(プラットチャンプ)」に型から別注して作られた、見た目通りの“小皿”です。

kozara12
キャンプ用の食器はたくさんの製品がありますが、これまで「小皿」というカテゴリーのものは、そう多く見かけません。

ただこの小皿、予約販売待ちができるほど人気なのだとか。果たしてどうキャンプで役立つのでしょうか!

考案者である「neru design works」主宰のneruさんに作るに至った経緯などをインタビューしつつ、その魅力をお伝えします。

キャンパー心を鷲掴み?!kozara12のおすすめポイント4つ

kozara12
それでは、neruさんのお話を聞きながら、kozara12の特徴を紹介していきます。

1. 取り分け用の小皿として

kozara

普通ならお皿を使いたい場面でも、キャンプではシェラカップを使っている人も多いと思います。かといって普通のお皿をキャンプで使うには、テーブルのスペースも考えると厳しい。

「だったらキャンプ用の小皿があれば、便利なんじゃないの?」と思ったのが、制作に至ったきっかけです。

kozara12のサイズは、直径約12cm。キャンプ用テーブルは自宅のものと比べるとスペースに限りがあるため、小さい食器の方が置きやすいですよね。

またグループキャンプの食事のときなど、各々食器を持ち寄るのにもコンパクトで扱いやすいサイズ感が魅力的です。

出典:Instagram by @route.106
こんな風にキャンプでの一人飲みにも最適! ツマミを盛り付けても、上品な琺瑯の質感が活きて食卓の雰囲気を演出してくれます。

2. シェラカップの蓋になる

kozara

小皿としての使用はもちろんですが、シェラカップの蓋にもなるようオリジナルで設計しています。

食べ残した食材をシェラカップに入れて蓋をしておくこともできますし、シェラカップで炊飯する際の蓋代わりにもなりますよ。

写真の通り、kozara12は一般的な直径約12cmのシェラカップにピッタリ重なるように設計されています。

また海外の琺瑯食器は、一般的に厚み0.4mm程度が一般的。このkozara12は、0.8mmと2倍もの厚みで作られており重厚感もあります

重さがありしっかり抑えられるので、炊飯時に水が沸騰しても外れにくく、フタとしてもしっかり機能してくれるというメリットにも繋がりますね!

3. 直接火にかけることができる

素材である琺瑯は、直接火にかけ温めることもできますよ。

直火にかけてもいいですが、写真のようにシェラカップと活用するのも面白いアイデア!

例えば、シェラカップで炊飯、もしくは即席スープ用のお湯を沸かし、上に載せたkozara12部分で目玉焼きを作る……なんて同時調理もできるわけです。

4. 汚れ落ちが良い

kozara12

琺瑯は汚れ落ちもいいので、アウトドアと抜群に相性が良いですね。

琺瑯はにおいが付きにくく汚れ落ちが良いため、キッチンペーパーなどでサッと拭き取るだけでそれなりに綺麗になり、小さいので拭くのもラクラク。汚れ物をなるべく増やしたくないキャンプの食器として使い勝手がいいです。

つい複数買いしちゃう!オプションアイテムも

ただの小皿かと思いきや、小技の効いた使い道ができるkozara12。1枚手に入れると、もう1枚……と手に取りたくなる秘密が。

コラボ小皿が多数ラインナップ!

kozara12
ちなみにこのkozara12、neru design worksオリジナルのものに加え、様々なブランドとのコラボモデルもあります。

グループキャンプでシェラカップを持ち寄ると、同じ見た目のものばかりで自分のシェラカップが迷子になることも……!

カラーやロゴデザインで差別化されているので、家族で違うデザインのものを集めるのもいいですね。

専用ケースに収納可能

kozara12
またneru design worksからは、シェラカップとkozara12をまとめて収納できる「kozara no case」という専用ケースも販売されています。ソロキャンプならこのケースに入る食器だけで一人分の食卓が完成しそうです。

「kozara no case」の詳細はこちら

キャンプ=シェラカップという図式がキャンプ=シェラカップ+小皿になることが、僕の小さな野望です。

小回りの効くデザインに「使ってみたい」と思った方も多いのではないでしょうか。neruさんインタビューのご協力ありがとうございました!

kozara12使用時の注意点

kozara12
小皿を火にかけた時は当然熱くなるので、グローブなどで持って火傷にはご注意を!

また、琺瑯のため表面に強い衝撃を与えると欠けてしまいます。落としたりしないように気をつけてください。

シェラカップのお供に欠かせないkozara12

kozara12
ちょっとお酒のツマミを置きたいときや、グループキャンプでお裾分けをもらうときなど、これまでは当たり前のようにシェラカップや大きいお皿を使っていましたが、実はこのぐらいの小皿で事足りるんですよね。

そんなちょっとしたときに、脇役として活躍してくれる便利なアイテムでした。

kozara12取り扱いオンラインストアはこちら

こちらの記事もおすすめ!

関連記事