CAMP HACK[キャンプハック]


カップル キャンプ

キャンプでデートを楽しもう!成功させるための準備とおすすめキャンプ場

1

自然の中でゆったりと過ごせるキャンプデートに憧れる。でも何から準備したらいいか分からない。そんな人のために、キャンプデートを成功させるための手順やおすすめのキャンプ場をご紹介します。

タカマツミキ

制作者

タカマツミキ

北海道小樽市在住のアウトドアライター。約11年のキャンプ歴を元に、Webや紙媒体でアウトドアコラムを連載。愛猫を連れてのソロキャンプを楽しんでいる。

...続きを読む
タカマツミキのプロフィール

アイキャッチ出典:PIXTA

キャンプデート、何から始める?

カップル キャンプ
出典:PIXTA
相手のいつもとは違う一面が見られたり、共同作業することで心の距離がグッと近づくキャンプデート。

でも「どこから始めたらいいかわからない」という人も多いはず。今回は、キャンプデートを成功させる手順をステップごとに解説していきます! 大まかな流れは下記。
①日程を決める
②キャンプスタイルを決める
③キャンプ場を決める
④持ち物を決める
⑤キャンプで何をするか決める

順を追って計画を立てていきましょう!

ステップ1:日程を決める

スケジュール
出典:PIXTA
キャンプデートでは日程を選びが意外と大事。お互いが楽しめるスケジュールを立てる必要があります。
日程の決める際のポイント
  • ●デイキャンプor泊まり
  • ●休日or平日
  • ●季節

デイキャンプor泊まり

出典:PIXTA
●デイキャンプ:日帰りのキャンプ。荷物が少なく、始めやすい
●1泊2日キャンプ:泊まりがけのキャンプ。持ち物は多いが、その分濃い体験ができる

一緒に行く相手がキャンプ初心者の場合、準備する荷物の少ないデイキャンプから始めるのがベター。

デイキャンプに慣れてきたら、泊まりのキャンプデートにチャレンジしてみましょう。

休日or平日

出典:PIXTA
●休日:混み合う可能性がある
●平日:人が少なく、まったりキャンプが楽しめる

休日・平日、どちらに行くかによって、キャンプ場の混雑さが異なります。

平日は比較的空いているキャンプ場が多く、休日は混み合うことが予想されます。人混みが苦手な人やまったりとしたキャンプデートをしたい人は、平日に行くのがいいでしょう。

季節

出典:PIXTA
●春夏:防寒対策の必要はないが、虫や熱中症対策が必要
●秋冬:空気が澄んで景色が美しい。防寒対策は必須

キャンプをする季節にも注目しましょう。

春や夏といった防寒対策が必要のない季節のキャンプデートは、過ごしやすく大自然を満喫しやすいのがメリットですが、蚊やブヨなど虫の発生が気になるところ。

逆に秋や冬のキャンプデートは、春や夏に比べて空気が澄んでいるので、星空や景色が最も美しく見えるのが魅力。ただし、防寒対策しっかりとする必要があります!

ステップ2:キャンプスタイルを決める

グランピング
出典:PIXTA
●グランピング:ホテルに泊まるような感覚で宿泊可能
●手ぶらキャンプ:キャンプ場のレンタル品を使用しキャンプをする
●キャンプ用品を揃える:テントやチェア、テーブルなどキャンプ必需品を揃えていく

初心者のパートナーと一緒にキャンプデートへ行く場合は、ホテルのようなサービスが受けられるグランピングがおすすめ。

キャンプに対するハードルがグッと下がることで、ステップアップしやすくなり、長続きしやすい趣味になります。

ステップ3:キャンプ場を決める

炊事場
出典:PIXTA
キャンプ場を選ぶ際のポイント
  • ●トイレや洗い場が清潔:気持ちよく利用できる。
    ●お湯が出る:洗い物をするときに手が冷たくならない。
    ●売店がある:足りなくなったものなど買い足しがすぐできる。
    ●近くに温泉施設がある:キャンプで汚れたり、汗をかいたりしてもスッキリと洗い流せる。
キャンプデートへ行くのであれば、最低限トイレや洗い場が清潔なキャンプ場を選ぶのが◎!

炊事場はお湯が出ると手が冷たくなる心配もありません。その他にも、売店や温泉などの情報をピックアップしておくと、キャンプ場選びが捗ります。

ステップ4:必要な持ち物をリストアップする

キャンプ用品
出典:PIXTA
キャンプ用品の忘れ物が原因で喧嘩に繋がることも少なくありません。

忘れ物をしないようにするには、必要なキャンプ用品の持ち物をリストアップすることが大事!

しっかり準備して、現地でのトラブルを避けるようにしましょう。
✔︎詳しくはこちらをチェック

ステップ5:キャンプで何をするか決める

カップル キャンプ
出典:PIXTA
キャンプ場で何をするか決めることも大切です。そうすれば準備もスムーズに進み、忘れ物防止にもなります。
キャンプでなにする?
  • 焚き火
  • 料理
  • アクティビティ

ロマンチックな雰囲気になる“焚き火”

キャンプ デート 焚き火
出典:PIXTA
日が暮れてからの焚き火は、とってもロマンチック。いつもはいえないような言葉もサラッと伝えることができ、二人の距離がグッと縮まることも。

焚き火をすると決めたら、薪や焚き付け、火ばさみ、グローブなど忘れ物がないよう、入念な準備を行いましょう!

✔︎詳しくはこちらをチェック

“キャンプ料理”にチャレンジ!

キャンプ デート キャンプ料理
出典:PIXTA
自然のなかで食べるキャンプ料理は格別。特別な食材を使っていなくても、おいしく感じるのがキャンプ料理の不思議なところなんです。

ダッチオーブン料理や燻製など、家ではできないような料理にチャレンジしてもいいかもしれません!

✔︎キャンプ料理のアイデアがいっぱい!こちら

“アクティビティ”を楽しんでリフレッシュ!

キャンプ デート カヤック
出典:PIXTA
ハイキングや釣りはもちろん、カヤックなどアクティビティを用意しているキャンプ場もあります。いつもとは違うデートになり刺激にもなるでしょう。

何をするか決めたら、アクティビティの予約や服装を用意など、万全な準備をしましょう。

✔︎詳しくはこちらをチェック

ここには気をつけて!キャンプデートの注意点

カップル キャンプ
出典:PIXTA
ここではキャンプデートをする際の注意点についてご紹介します。しっかり読んで、キャンプデートを成功させてくださいね。

アウトドアにあった服装を

カップル キャンプ
出典:PIXTA
キャンプの服装
  • ●動きやすい
  • ●重ね着で防寒対策
  • ●燃えにくい素材
  • ●紫外線対策
焚き火を楽しんでいるとき、火の粉が飛んでくることがあります。

服に火の粉がつくと穴が空いてしまうので、燃えにくい素材の服やキャンプエプロンで服をガード、穴が空いても問題のない服を選ぶといいでしょう。
✔︎詳しくはこちらをチェック

見栄を張って無理をしすぎない

カップル キャンプ
出典:PIXTA
キャンプデートでは、見栄を張らずに素の自分を出すのが正解。見栄を張り続けると、自分自身が疲れてしまいます。

肩肘張らずに自然を楽しむことが、キャンプの醍醐味です。

関連記事