CAMP HACK[キャンプハック]


【ダウンジャケット2021年完全版】価格別でみる「アウトドアな最新ダウン」10選 | 2ページ目

1


機能性にあふれるアイテムを手の届きやすいプラスで提供【2〜4万円】

チャムス「エアトレイルストレッチダウンパーカ」

出典:CHUMS
4方向に伸縮するストレッチ性の高いリップストップ生地を採用。ダウンパックと表地が独立構造になっているため、ゴワ付くことなく快適な着用感をキープしてくれます。

軽やかな着心地が楽しめるうえ、撥水性にも優れているのでアウトドアのフィールドでも大活躍。

着丈がやや短めのスッキリとしたシルエットで、ダウンジャケット特有の野暮ったさを解消。胸元にはアイコンのブービーフェイスがワンポイントでプリントされています。

チャムス エアトレイルストレッチダウンパーカ

●素材:ボディ/ナイロン86%、ポリウレタン14%、裏地/ナイロン100%、中綿/ダウン88% フェザー12%
●サイズ展開:women's M、women's L、S、M、L、XL、XXL


ベン・デイビス「ダウンパーカ」

ワークウエアの老舗が放つダウンジャケットは、表地に最新の機能素材であるSOLOTEXを採用。ソフトな風合いでありながらもシワになりにくく、高い撥水性を兼ね備えています。水を弾くことで濡れると保温力が低下するダウンの弱点をカバーしました。

裾にはゴリラをモチーフとしたベン・デイビスのロゴラベルを配置。シンプルなデザインのアクセントになっています。

ベン・デイビス ダウンパーカ

●サイズ展開:M、L、XL
●素材:表地/ポリエステル100%、裏地/ポリエステル100%(ストレッチ)、中綿:ダウン70% フェザー30%


パタゴニア「メンズ・ダウン・セーター」

出典:patagonia
優れた温かさを約束しつつ軽量に仕上げたパタゴニアの定番モデル。お馴染みのロゴを胸元にさり気なくレイアウトしたシンプルなデザインで、やや高めのネックが風の侵入を防いでくれます。

表地にリサイクル仕様のリップストップポリエステル、羽毛にトレーサブルダウンを用いた、パタゴニアらしい地球環境に配慮した素材使いも注目です。

製品の詳細はこちら

グリップスワニー「ファイヤープルーフダウンジャケット3.0」

出典:GRIP SWANY
軍でも採用されている難燃ミリタリーファブリック、ブレイズ シールドを用いた焚き火仕様のダウンジャケット。例え接炎しても溶融することなく炭化し、身体を火の粉から守ってくれます。

大小あらゆるポケットが装着されているのも特徴で、グリップスワニーを代表するレザーグローブだけでなく、スマホやサイフといった身の回りのものもスマートに持ち運べます。

グリップスワニー ファイヤープルーフダウンジャケット3.0

●素材:表地/コットン100%、裏地/ポリエステル100%、詰め物/ダウン80%、フェザー20%、中綿/ポリエステル100%、リブ部分/ポリエステル97%、ポリウレタン3%
●サイズ展開:M、L、XL


服好きも舌を巻くハイエンドなデザインを搭載【4〜5万円】

ナンガ「オーロラ ダウンジャケット」

出典:NANGA
日本が世界に誇るシュラフメーカーらしく、封入した羽毛は上質な760フィルパワーのスパニッシュホワイトダックタウン。ふっくらとしたダウンが暖かい空気を取り込むことで、ウエア内を常に快適な状態に保ってくれます。

羽毛だけでなく表地に用いたナンガのオリジナルナイロンも注目。オーロラテックスと呼ばれる素材で、防水コーティングによって撥水性を高めています。水濡れを防ぐとともに、透湿性にも優れているので蒸れずに着用できるのも魅力的。

ナンガ オーロラ ダウンジャケット

●素材:表生地/40dn オーロラテックス®、裏生地/40dn ナイロンタフタ、ダウンDX:スペイン産ダックダウン 90-10% (760FP)
●ダウン量:150g
●総重量:650g



軽量な防水透湿素材オーロラライト採用のハイスペックモデルもチェックを!

ナンガ オーロラライトダウンジャケット

●素材:表生地/15dn オーロラライト、裏生地/10dnリサイクルナイロン、ダウン/SPDX(ポーランド産グースダウン 93-7% 860FP)
●ダウン量:180g
●総重量:約634g
●サイズ展開:S、M、L、XL


ザ・ノース・フェイス パープルレーベル「コーデュロイシャツジャケット」

出典:Instagram by @thenorthface.purplelabel
代官山のセレクトショップ・ナナミカとザ・ノース・フェイスとのコラボラインからは、身幅がゆったりとしたシャツ型のダウンジャケットが到着。光電子®︎ダウンは人の体温を効率的に輻射することで、自然の温かさをキープしてくれます。

細畝のコーデュロイはやや硬めの質感に。袖を通すとハリが感じられ、ナチュラルなドレープ感が演出されます。

ザ・ノース・フェイス パープルレーベル コーデュロイシャツジャケット

●素材:コットン35%、ポリエステル 65%


f/ce.「リサイクルフィールドダウンジャケット」

出典:ROOT
機能美あふれる洋服をモダンなデザインで表現するエフシーイー。同ブランドならではのダウンジャケットはミリタリーのフィールドジャケットをミニマルに表現。240gものホワイトグースダウンをたっぷりと詰め込むことで、ハイレベルな保温性を発揮します。

生地とドローコードが一体となったCohaesive®︎と呼ばれるシステムを襟元に搭載。グローブを装着したままでフードのフィット感が調整できます。手の出し入れでよく擦れてしまうポケットのフラップには、耐久性に優れるコーデュラナイロンを配置。

製品の詳細はこちら

ダウンジャケットに袖を通せば、憂鬱な冬の寒さも何のその!

出典:Instagram by @nanga_tokyo
ダウンアウターといってもデザイン・機能・プライスと、多彩なモデルが各ブランドから続々とラインナップ。それだけに自分だけのお気に入りが見つかるはず。もちろん、どのモデルも防寒性は申し分なし。憂鬱な冬の寒さを楽しむことで、都会でもアウトドアでもアクティブに行動できます!

ダウンアイテムをお探しの方はこちらも参考に!


紹介されたアイテム

黒田祥平

黒田祥平

東京と大阪を行き来しながら取材を行うアラフォーライター。主にアウトドアファッションのアイテム紹介について執筆。キャンプギアの設営は苦手でありながら、キャンプ飯を平らげるのは得意。趣味は日本各地で仕入れた地酒を夜な夜なちびちびと嗜むこと。

関連記事